幌別駐屯地創立記念行事

道内のこの時期の自衛隊イベントといえば、いわずとしれた千歳基地航空祭。同日の7/23に開催された、登別は幌別駐屯地の創立記念行事に行ってまいりました。 といっても予定していたわけではなく、実家にいたら天候にも恵まれ、ササッと出向いただけです。やや風もあり気持ち良い快晴、乳児連れなので順番待ちになる展示は並ばず。説明のおにいさんが随所に展開しております。プラモ映えしそう。こういうナチュラルな迷彩塗装をし...

続きを読む

冒険心くすぐられる番組「陸海空こんな時間に地球制服するなんて」

テレビ見なくなってしまって久しい、楽しみにするような番組がほとんどない、、でしたが、春からやっている、「陸海空こんな時間に地球制服するなんて」毎週火曜夜11:15~は久々の期待番組となっています。いくつかのコーナーで成り立っているのですが、最近のメインはアマゾン流域の現地レポ「部族アース」で、開高健の「オーパ!」シリーズが好きな本ベスト3にはいるわたしにはドストライクです。加えて、怪魚ハンターの釣りが...

続きを読む

シマノのサンダル

ヨメと子が家に戻ってきて数日、聞いていたとおりの寝れない日々が続いております。おまけにこの暑い秋、窓も全開にしたいけどオンギャーと元気に泣くもんで、ままなりません。釣り友によると台風後もナマズは釣れているようで、カラフトも当たりと釣りものは枯渇していない模様。わたしはまずは譲られたチャイルドシート付けたりルーフボックスの見積もりを取ったり、新生活対応中の日々です。もう秋になりますが、シマノのサンダ...

続きを読む

「鯰―魚と文化の多様性」

近所の公園でもお祭りがありました、北海道の短い夏も佳境の8月一周目ですね。さて。ナマズに関する書籍って、けっこうあるんですよね。釣り人的にはトップウォーターのルアーフィッシングに関するものを目にしますが、研究面での本もなかなかの数が出版されておりやす。というわけでざっくりと書評回です。 「鯰―魚と文化の多様性」は滋賀県立琵琶湖博物館編著ということで、琵琶湖周辺の話題がメインでしたが、興味を引かれる部...

続きを読む