八月の夜釣り2

前記事の翌日。すこしは海藻も減っていたが、濁りはあいかわらず。また無人の港です。当日ふらっと仕入れたガルプじゃないほうのパルス白がとても反応良く、20~25cmのソイが飽きない程度に釣れる。一匹、寄せた後にぐいぐい刺さるのが居て、35cmでした。こんなのが釣れるなら来てもいいかなと思わせる魚、ヒラメもうっすいとはいえ0%ではないし。結局20~30尾中、30cm超えはこの一尾だけでした。土曜は大中漁港の港まつ...

続きを読む

八月の夜釣り1

釣り新聞を見てたら、今年上半期の釣り事故の集計が載ってました。あいかわらずテトラからの転落が非常に多いですね。ライフジャケット着用推奨、と、もちろんそうですが、インフレータブル型では、開くまでクッション性が無いこと、擦れに弱いことから、きれいに(?)落水した場合以外、意味をなさないケースも多いと思います。 わたしはよくテトラから魚かけてる前提で話されることがあるのですが、もう数年ほどテトラ上で釣り...

続きを読む

ソイもなかなか

海の日の前の日の話。地獄の暑さの直射日光をあびるのを嫌って、時間帯を遅めにし、港でライトタックルで釣行してみる。飛距離は出ないが、ヒラメにおいても軽いリグでのアクションのみ反応が出るケースがあることは経験済。 しかしご承知の通りわかりやすい欠点というか特性があって、根魚に猛烈にアピールすることにもなる。習性から30cm前後のソイはつい撮りたくなる。なぜかこの日はソイが元気。このくらいのがぽんぽん...

続きを読む

ソゲ以下の

今年まったくアタリすらもらえていないヒラメ釣り。どの釣りでも、こういう時期の試行や開拓を重ねることが、そのうち結実するんだと思う。思うが、毎年、どうせ何回かしか行かないし、と、結局変化しないのがパターンだ。 今年は諦念を前向きに使うべく、出発から極力短時間で1キャスト目を開始でき、かつ、混まないポイントの開拓を考えていた。(わたしの噴火湾釣行は、基本、対実家決戦兵器「マゴ」の携行により実現する。釣...

続きを読む