FC2ブログ

ボガグリップの真価を垣間見る

-
遊漁船ラブーンでの超巨大ヒラメとの格闘。確保後、新調した自前グリップを使ったんですが、ひとつ惜しく思った要素がありました。・・・さてさて、2015年に書いていた過去記事「魚つかみ」ですでに壊れかけていたフィッシュキャッチャーミニ、確か昨秋のボートロックで完全に挟めなくなり終焉を迎えていました。んで、併用していたスミスのやっとこみたいな(ミニのほう)のがメインに。保持力は単純なだけによい一方、左利きのせ...

エアブラシでウレタンコート

-
もうず~~っと前に鮭ルアーでやって以来、長らくやっていなかったウレタンコーティング。釣り人的には日常的であろうこの作業、仮一人暮らし中にジグに施した。なんせ独りの平日夜はヒマをもて余してしまう。 ディッピングは厚塗りが気になるのでやめる。これは間違いなくプラモ塗装の感覚だ。塗装があまりに厚いと思い描く曲線が損なわれたりモールドが埋まるというプラモでは当然の話が、ルアーでも気になる。てことで無駄なく...

四代目タモを新調す

-
ハイシーズンにタモが逝くという、グレートでクリティカル的シリアルプログレムな事案(重複)が発生!ネット注文も受け取り日が確実にわからなかったので、釣具屋へ・・。タモというのはある意味で消耗品な部分があって、先代は約4年を経て、タモジョイントのゴムの劣化や、ホルダー部分がガバガバになったのを主因として逝ってしまわれた。タモはいわばドリームキャッチャーであるがゆえ、それにまつわる釣り人のエピソードには...

ナマズ用トップに電気ウキミライトをつける

0
どうにも休みとなると条件のよろしくない日が続く6月、太平洋でマズメ短時間ヒラメ狙いも当然のように撃沈。マンベ嫁宅に孫を連れていくという錦の御旗をかざしつつ、これから1か月くらいは毎週往復かな。といっても血眼になってやるようなことはせず、当たればラッキーくらいの心構えです。隙を見てナマズもいくことになろうかと、ルアーをいじってました。釣具は模型製作に流用できるものが多い、けどその逆はこれまであまりなか...