FC2ブログ

留萌沖堤偵察

気分はもうお盆まっしぐらの8月。
数年来、北方面に出向いていなかったのですが、今後の計画の糧に、留萌沖堤にいってきました。



混むのと、マナーあまりよくないと聞いていて敬遠していたのですが、時季も外れているし、
いっちょいってみるかとバケ釣り便乗形式で初上陸。





未明に着いてみると、降りるエリアの喫水が低いことに面喰らいます。

小樽も低かったか・・。

ベタ凪無風なのでラクでしたが、ちょっと荒れると渡れないんでしょうね。

また、昨秋灯台が折れたことも気になってましたが、仮設のミニ灯台が。



夜からの先行組と、同船組で、この時期でも10人はおりました。

到着時すでに先行組がグダッていたのがすぐわかり、こりゃ釣れてないなとすぐ察せてしまいます。





とはいえ開始まもないのでビュンビュンと投げ歩いていると、レギュラーなクロソイ。



805DSC_0046 (1)

ついで、底をしつこく攻めていると、ソゲサイズではあるもののヒラメが。
インチクタイプのジグでした。



いったんワームに切り替えると、数キャストでボロボロにされます。

鳴き声はかわいいあいつが大量に釣れてきました。





気温があがりはじめ、次第になにも起きないのをみな確信しだし、まったりとした時間がすぎていきます。

まぁ予想はしていた展開で、同行氏は穴釣りでお持ち帰り30UPクロソイを確保してます。



わたしは穴釣りはせず、広い防波堤を端から端まで写真撮りつつ、踏破してみます。

今回はまったくどこも潮が効いてなかったですが、北側先端も意外によさそうでした。



もともと我々は早上がり予定で、昼まで予定の他の同行組も早上がりしたい、
と話していたのですが、明らかに釣り人ではない小舟が沖堤にやってきます。


805DSC_0046 (2)

灯台の調査か工事の人たちで、先端で測地や潜水がはじまったりしてます。

うーむ、灯台が折れた影響はまだ続いているんですね。







というわけで、たいした釣りにもなってないのですが、バケの人は、これがけっこうな枚数のヒラメを釣っているんですよね。
ごく一部、船が流していたエリアにキャストで到達しそうでしたが、メインの外海沖には届かない。
バケは水深20mくらいでやっているとのこと。

小樽周辺でバケをやる同行氏によると、ここは数釣りに強い場のようだ、との所感でした。



これで、道内の、確立されている沖堤防船渡しは、函館以外は一度は上陸したことになりました。
ん?
ふと思ったのですが、知らないだけで道東にも渡れる沖堤あるのかもしれないですね。
函館はいまの状況だと企画することはないのですが、
今後釣れる魚種が変わってきたりすれば、行くこともあるかもしれません。
スポンサーサイト

テーマ : ルアーフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

今年初戦

5月中に再開しようと思っていたらもう6月、9月以来の釣りに行ってきました。
子どもは日々成長してかわいいし、残業けっこうして、と、アッという間に釣りを忘れていた。




で、いきなり瀬棚沖堤。
アブラコ挟んで今年2尾目が立派なクロソイに。





1528103405026.jpg
アブラコ、ホッケ、ガヤなど釣りつつも、ウネリで釣りにならん時間帯が長かった。

1528103409216.jpg



帰宅途中、初訪問のピリカ温泉は失礼ながら意外によかったですね。

1528103410423.jpg
湯の花満載の浴室にダムカレー、ここはリピートしたい場所でした。

近くて遠いブリ

先の週末、釣友S氏より、毎週ブリが釣れているとの話があり、あまり行かない西積丹の磯へ!


着いたのは未明でしたが、かなり早い時間からS氏の大先輩2名と共に磯に降りているとのこと。

えっちらおっちら合流、盤上なかなか狭いです。

にしても、ショアブリは道具も持っていないし、やろうとしたことのない釣りです。
手持ちのロッドの最大負荷は42g。


今シーズンは雨が多いですが、この日は雨風なし、凪という条件。
慣れぬジャーキングをしてみますが、周囲も反応のない時間が過ぎていく。


S氏はさすが3週目、でかいポッパーなんかも投げています・・・
と、やや離れたS氏からヒットの声!


as1-crop.jpg


小型ですが、顔を見れました。
ナマズもそうだけど、これトップで釣るのやりとりも楽しいだろうな~。
磯でのタモ入れは難儀そうでした。


てなことでボウズ。
あまり沿岸にブリまわっていない数日だったみたいです。
魚運を貯めたとはいわない、全くの門外漢だったのだから必然かな。

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

岩内沖堤 うーん

今回はちょっと前の釣行となります。

010_20160610225833205.jpg
明るいうちはホッケ。

岩内外防が見えるんですが、先端のテトラの下まで降りている人が毎度けっこうな数いますね。
安全第一にとしか言えませんが。

012_201606102258357be.jpg
ベイトタックルをブン回してクロソイ。

013_20160610225836034.jpg
30cm前後が多い。つれ続けるわけではないけど、群れが入ると入れ食いモードあり。


014_20160610225838611.jpg
25cmくらいでも5インチのワームも食ってくる。

015_20160610225844905.jpg
同行氏もダイワのダックフィンで快釣。昨年から使っているこのワーム、張りがあってワンシャとはまた一味違う。

016_201606102258464b6.jpg
メシタイム。わたしの周りはイワタニ製のコンロの所有率が異常に高いです。


018_20160610225847aa8.jpg
なかなか型がでない中で34cm!


019_20160610225849c72.jpg
020_20160610225850921.jpg
021_20160610225857c6b.jpg
022_2016061022585880c.jpg
ハンで押したように30cm前後のクロソイが釣れる。
マゾイはどこ?去年40アップ居たじゃない!

024.jpg
いた~~~が、31cmで単発。

026_20160610225901e0a.jpg
朝(というには早過ぎるが)はアブラコ・・。


と、自前の釣果はこんなとこですが、他の同行氏、ヒラメ31cm、40cmにクロソイ46cmとけっこうな釣果でしたよ。


しかし、ここは一般客にはなかなか厳しいというか不公平感が強いものがあり、あまり足が向かない場所だという結論に達しました。


にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村



アルバム
最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

やっちゃん

Author:やっちゃん
楽天ブログhttp://plaza.rakuten.co.jp/hagotoko/から移行したものです

カウンタ