苫小牧一本防波堤

今日は夕マズメ。先日の釣果に気をよくして明るい時間帯からというか平日なんでサクッと帰らねばならん。ただ、ここは昨年はロクにアブラコをだせなかった場所。ボウズも覚悟での釣りとなった。

本日もこの時期にすれば釣り人の数は少ない。確かに他にも苫小牧にはポイントあるからね。

ここは内側の方が反応があるが、とにかく魚が小さいので、外側をしつこく探る。

img8481e879iyr8e7.jpeg

img30322eaeiyrwjk.jpeg

結果、40cm、45cmと2尾アブラコをゲット。

ロッド:デストロイヤーF4-66X

リール:アンバサダー4007LP

リグ:Nisimaジグ1/2oz,ワーム:パルスワームブラック。

ライン:バニッシュトランジション12LB




先日に引き続きデカソイも期待したけどこっちはダメ。
スポンサーサイト

苫小牧一本防波堤・デカソイ迫撃戦

今年になって良型のソイを釣ってないということで、過去の記憶からココ苫小牧へ足を運んだ。

周りはウキ釣り師が10名ほど。かなり遅い時間から来る人が多い。ここは風に弱い場所なんだが、いまや渡航不能な伝説の沖防波堤が視野にはいるだけに、一発の破壊力はある(と信じている)。

最初はRFB610Mでスタートしたものの、ヘチは無反応。ここでシーバスロッドに持ち替え。

1ozジグヘッドにダイワソニックアーム:グローでド遠投スイミング。約1時間の静寂の後、見事目的達成。

img9144c618n0w33g.jpeg


38cmのソイを揚陸完了。

img61743c4diyuh3w.jpeg


満足して帰路を急ぐのであった。

長万部漁港 ランカー白兵戦

GW初日、札幌→中山峠→豊浦へ抜ける。夜中に出て行けば・・。

渋滞に巻き込まれ3時間近くもかかってしまった。

さて、今シーズン噴火湾での釣りははじめてだ。時刻は17時を回っていたので早速実績ポイントで開始。ワームはパルスワームのクロキン(ゴールドバックなんたら)、実戦投入は初。

この漁港はこの時期、外海のチョイ投げでカレイがよく釣れる。そんな釣り人を背に内側を攻める。

開始30分、スイミングで一巡探った後、ボトムへの小突き作戦に変更。自分的に最も使う戦術であります。これが功を奏し激しいバイト&オートフッキングッ!近距離でのったため勝負は一瞬。まさに白兵戦の様相を呈す。ショートレンジでのやりとりの末、浮かび上がってきた魚に驚いた。タモがねぇーが、ラインは12ポンド、意を決して抜き上げる。
img1c67c8beiyjbwg.jpeg



ヤッパこれでしょ~51cm、1650gの立派なアブラコ。目出度く名手の手により刺身になりましたとさ。

imgb77d72d0iyjjm7.jpeg

アルバム
最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

やっちゃん

Author:やっちゃん
楽天ブログhttp://plaza.rakuten.co.jp/hagotoko/から移行したものです

カウンタ