戦略と戦術 野球編

W杯も佳境にはいり、日本サッカーが現時点で通用しないことを再確認させられるプレーの連続です。どこに失望したかといえば、日本がチームとしてどの視点で切っても優位な面があるように見えなかったからです。
数年に渡るチーム編成と最終メンバー選考、試合で点を取るためのアプローチ。
前者が「大局」である戦略的失敗、後者が「局地」である戦術的失敗。これから強くなるには、日本人の特質を生かした戦略、戦術面の双方が正しく導かれることが必要です。


突然戦略戦術論を持ち出した訳ですが、そう詳しい知識はありません。が、このアプローチは何かを決定する際、古典的ですが全方位的に応用が効く思考回路だと思います。
どこまでが戦略(strategy) で、どこからが戦術(tactics)かの区分、戦略のMAXの視野をどこに置くかで、無限の解析方法があり、これらの設定が正しいとき、物事の本質がスッキリ分析できます。(引用ではありませんので、表現の稚拙さはご容赦ください)

どんなプロスポーツでもやはり常勝チームは戦略(育成・補強)・戦術(バランスのとれた適材適所)ともに優れています。勝つことの他、魅せるプレーが求められる面もありますが、それが戦術に過度に織り込まれると、最近の巨人のような状態になってしまいます。
野球チームとしての戦略のMAXの視野を「視聴率・経営」に置き、戦術にこれを反映させてしまったといえないでしょうか。


大戦略(経営)→中戦略(補強・育成方針)→戦術群。
組織が大きいほど、戦略を多重構造化して考えたほうがより現実的で、スポーツの場合、上記構造でいえば中戦略が主導して機能した時、栄冠に近づき、ファンが喜ぶチームになると思ってます。
大戦略(経営)が独裁的に主導するのは、ことスポーツの面で言うと、強化されてもファンにとって、その後ありがたくない展開になりがちです。
メジャーでは「優勝後の経費増大による主力選手の大量放出により弱体化」、高校野球では[経営母体の体裁を守るための出場辞退]など。
選手はもちろん、ファンにとっても全くありがたくないです。
タイガース、ホークスはこの点でいうと成功例といえそうです。


大戦略(経営)→中戦略(補強・育成方針)→戦術群。
戦略が戦術の上位構造なのはもちろんです。
しかし、スポーツ観戦で、「戦略で負けているのに、戦術群の一つがズバ抜けていて劣勢を跳ね返す」というケースがあり、私が鳥肌が立つような興奮を覚えるのはこういう展開が多いです。
負けても、カタルシスを感じます。日本人ですね。厳しく見れば、こういう展開には強者の方にもミスがあるのでしょう。対人戦ならではといえそうです。


長くなりました。組織論のようになってしまいました。
次回は釣り編。組織ではなく「個人の意思決定過程」、「相手は魚」ですから全然違いますね。



スポンサーサイト

下半期、釣行予定表

これから大きなイベントがあり、しばらく海に行けない予定です。上半期の釣りはこれにて終了。。。土曜日から7月ですもんね。「今年は水温が低い」は毎年聞くのですが、実際の統計ではどうなってるんでしょうか。上半期の始動は5月からでしたが、これに関しては異動でもない限り変えられそうもなく、残念です。そして、行く場所・順序も大分と固まりつつあります。家族親族あっての趣味ですから、「ついでに釣り」の名目であればベストで、釣行設計を左右する主要因です。

下半期の予定もおおよそ見えては来たのですが、9月後半から2週間くらい、どこに使うか?が重要・・です。

7月上旬→×
7月中旬→日本海磯ロックに連れて行ってもらう
7月下旬→太平洋のどこかに逆招待
8月上旬→浜厚真~門別
8月中旬→墓参り、豊浦
8月下旬→石狩沖堤
9月上旬→法事で奥尻島遠征
9月中旬→浜益川
9月下旬→浜益川
10月上旬→白老港内、どこかの沖堤
10月中旬→白老港内
10月下旬→国縫~瀬棚周辺
11月上旬→噴火湾のどこかへ
11月中旬→室蘭沖堤
11月下旬→噴火湾のどこかへ
12月上旬→噴火湾のどこかへ
12月中旬→長万部周辺
12月下旬→室蘭沖堤

天候に左右されますが、おおよそこんな感じです。
やはり私的イベントにあわせるように設定されます。全くフリーな場合の行き先とは大分と違いがあるんでしょうね。
これにちょい釣り、新規挑戦のボート流し、新ポイント開拓が平行して入っておしまい。予定表が書き換わる新ポイントがあると嬉しいですね。・・・って全部こなせたら神。1/3は他の用事に化けるはず。嫁さん、安心してね。

来年自分でコレ見て実際はどのように変わったか見るの楽しみ。


室蘭南沖防波堤! に寝にいきました 

記憶に残るダメ釣行ってみなさんあると思います。今回は自分のダメ釣行ベスト3にめでたく入賞です。


マーズ・ローリングシャッドは凄い~なんでも釣れるぜぃ


禁断のエサ、ガルプ・シュリンプ

・・・以上です。
沖防波堤まで行って以上です。。。


行きで信○無○で○キップを切られ、飛び乗るように乗船し、しばらくその余韻(?)に浸っていたら、いつのまにか強風&川のような濁流になり、体感気温5℃の中○時間就寝・・。
起きてからなんとか40upだしたのですが、ソイとアブラコの引きが分からないほど混乱しておりました。帰りにはスカリが壊れてるし、散々でした。もっとも、同行者や投げ釣りの人たちは普通に釣れていましたので、ポイント自体はそんなに悪くないと思います。

全くテンポがつかめないまま立て直せない状態、こういった時にどう対処するべきか、勉強しなければなりません。「敗けに不思議な敗
けはなし(野村克也)」、打開策は引き出しの多さなのでしょうが、モチベーションの低下を減らす工夫も必要みたいです。。

曇天の多い室蘭


「つりぶねや」のメインの船。14人乗り。船長はとても気さくです。
御世話になっている苫小牧のプロショップ・ビッグバイトのシールが。



漁港インプレ!北海道噴火湾part2

・礼文漁港
大岸から行くのはちょっと大変(途中に磯あり)。水深があまりない。夜行きましょう。規模の割には結構な人気漁港です。 この付近までが黒潮の終点だと主張する知り合いがいます。

・豊浦漁港
釣りデッキを備え、天然温泉施設「しおさい」と隣接。さらにマリーナもあり、隔世の感がある。ただし、これらの施設は投げ釣り仕様で、根魚であれば旧漁港地区。外防波堤へは民家をすり抜けていく必要があり。地元の方と会ったら挨拶しましょう。都合上、墓参りに寄ることが多いが寒くなってからがイイ!・・と思うよ。磯も有名。

・有珠
番外編。漁港ではありません、海水浴シーズン以外には、。。。かも。

・伊達漁港
北の湘南。ここ位から結構根魚狙いの人と会うことが多いかも。依然として太アブラコ生息中。

・室蘭港
広大な港なので場所別~
 ・崎守
  投げ釣りでクロガシラを狙っていた時は巨大星型生物との闘いであった。根魚狙いならヘチ
  狙いでアブラコ・・いや、カジカがとても釣れます。
 ・各フェリー埠頭
  ソーラス条約の影響が甚大な地区。ここで根魚狙いの人はあまりいないけど、底力はある
  と見る。サオを出せる場所が細切れなため攻めきられていない。ここでアブラコオンリーで
  来ていたら珍しがられるよ~
 ・南防波堤(白鳥大橋下)
  遠投で巨アブラコが狙えるというが私は実績なし。
 ・祝津
  10年前まで場所取りケンカがおきるほどソイが釣れたんです、いまは。。
 ・エンルムマリーナ
  ボウズ逃れ的なポイント。常夜灯があるのでとっても楽。
 ・南外防波堤 大黒島周辺(船渡し)
  行ったばかりです。いろいろな呼び方があり紛らわしい。
 ・北外防波堤 崎守防波堤(船渡し)
  「エラコじゃなきゃ釣れね~ど!」の船頭さんに渡してもらってます。ワームでも釣れるけど、確かに投げの方が面白みがある場所かも。写真はクロ・マ・シマの各ソイを1時間で捕獲した図(MAX32cm)と、投げで釣れたアブラコ。



外海はヒラメスポットでもあるが沖防波堤でこれ狙いの人とは会ったことがない。開拓しようかな。アブラコで言えば12月でもガシガシ釣らせてくれる有難い場所。

・追直漁港
場所が多少わかりずらい漁港。意外に広く、ソイの数釣りに適した港。あんまり型がでない。

・イタンキ漁港
周辺の地形のせいか波に弱いイメージ。遠方からやってきてココではあまりやらないでしょう。
叔父は小型の数釣りに使ってるみたいです。(叔父はテグスと針とイソメだけでアブラコを釣る。)



室蘭南防波堤船渡 アブラコ40、41、51、53cm!?

今回は噴火湾の東端・室蘭港「つりぶねや」での船渡し。先週大会が開催された防波堤に行ってきました。午前3時に各自目的の防波堤に。大型船で快適です。

とりあえず噴火湾で実績のあるパルスワーム黒金でランガン。・・してる内に日が昇る。ノーバイト。ウ~ム明るくなってきてよく見るとエ○ギ○のワームが防波堤に散乱しております。上手い人はきっとこういうことはすまい、とか思いつつ、ヘチ探りに精を出す。ここでアブラコの巣(?)を発見! 


ボトムにつくかつかないかのうちにヒット!細いがいきなり40cm。


続いて25cm。活性がこの一点だけ高い!ジグヘッドはNisimaJig1/2。
ここで強烈なバイト!直後にラインブレイク。。。

活性は依然高く、めでたく玉網も初出場~(41cm)!
今日はアホほど釣れそう。。をっ、またも絞り込まれるアタリ!
しかしまたラインブレイク。6ポンドとはいえ簡単に切られすぎじゃね?
てことでベイトタックルに。ワームはパルス黒金が切れてしまったので、グラスミノーLに。
クッ、またギュイ~ンとバイト、水面まで見えた、デカッ!しかししかし、主導権をアブラコにもっていかれ、足元のヘチに急速潜行、プチッ・・えっっ!?

しばし放心・・・・なんと今日3回も大型を逃がしたよ。。よく見るとヘチには鋭いカラス貝がビッチリ。こいつに擦れているのかな。速攻で浮かせるヘビーロッドの必要性を初めて感じました。

これだけチャンスを逃がすと釣りの神も味方してくれません、この後ウソのようにアタリが遠のきます。

この後、今回同行したカイジさんが、超デカアブ2匹(51cm!、53cm!!)を5分間で釣るという神業を達成し、驚きと興奮のうちに釣行を終わるのでした。
(その後数時間、睡魔と暑さとノーバイトでフラフラに・・・)

迎えの船には「かに御殿」が来ました(笑)
いや、「つりぶねや」はサービスもしっかりしていて好感度大ですよ!

 



 



小継玉の柄

ラン&ガンに長い玉の柄が邪魔だと思いつつ、ここにはお金を使っていなかったのですが、ついに小継の玉の柄を新調。商品はPROX小継剛TE530。4kで購入です。ついでに枠と網も新調。黒と赤で構成しました。いままでセットで2k(安っ)のものを使っていたので、パーツごとに選ぶのは初めてです。わかったことは、ロッドよりも価格差がモロ性能に出ること。軽さや剛性は素材に依存しなおかつ商品ごとの味付けの余地があまりないことによるのだと思います。後は、180度枠を折り畳めるパーツを買えば完成かな。明日は室蘭沖防波堤を予定してるので早速使いまくりたいものです。

 



浜益川サケ釣り

浜益村は合併によりH17/10より石狩市浜益支所になりました。
その影響で今年の調査捕獲がどうなるのか心配だったのですが、
例年通りの実施となったようです。

http://www.city.ishikari.hokkaido.jp/hamamasu/tyoukaku/index.html

今年は期間券で申し込むかな?でもどうせピークは決まって10日間位なんだよね。。 

↓昨年の一尾 

 

 



リールのインプレ

現在ルアーロッド用として4機種を使用してます。

ダイワ:カルディア2500(旧)
価格帯と軽さに注目して購入。ダイワ特有のクロスラップ機構がフロロカーボンラインと合うのか、トラブルレス。この機種は2台買った。(1台は高波にもってかれました)ラインローラー部分を留めるのがプラスネジ。現在予備役扱いだが、上記理由によりスプールのみ2個あり便利。

ダイワ:セルテート2500
カルディア2500がサケを釣った後のキャストでラインローラーが吹っ飛んでしまった(600円ほどでパーツは買えました)ため剛健な上位機種として購入。エモーショナルな巻き心地で所有感も満たしてくれる。替えスプールが欲しいが9k近くするので他の買い物優先中。

AbuGarcia:ambassadeurMorrnmSX3600sw
ヤフオクで新中古購入。かなり手間がかかるが雰囲気がよくお気に入り。swはSaltWaterだが、ベアリングはオイル仕様というだけで、放置プレイは厳禁。1ヶ月車内おきでシャフト錆による固着。長期入院(P屋さんで修理)することに。ベアリングもシマノ・ダイワの流用ができないので高くつく。王道的リールの風格か、なぜか使う気になる逸品。

AbuGarcia:ambassadeur4007LP
上記3600swの他に気兼ねせず使えるリールが欲しくナチュラムで9Kというセールで購入。まめにチェックした甲斐があった。巻き心地などは許容範囲、剛性はたいしたもの。メカニカルとマグを一つのダイヤルで調整するため、あまり好きなように設定できない。このため下位機種2005LPとは実は別物、ザクとグフの関係です。まさに量産型。

プラノ製リールケース。これに入れてると何ほど大事なモノ入れてんのよ・・と言われる。

はっきりいって呆れられます。。



アルバム
最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

やっちゃん

Author:やっちゃん
楽天ブログhttp://plaza.rakuten.co.jp/hagotoko/から移行したものです

カウンタ