スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白老ボートゲーム 意外な獲物も!

7/30(日)AM4:30~10:15
なかなかタイミングが合わなかった白老ボートゲームに、遂に参加できました。
2人で申し込み。常連さんチームに混ぜてもらいました。
船釣りというもの自体が初めてで、どうなることやら( ・◇・)

↑白老沖防波堤の裏側に回り、テトラ帯を流します。









早朝、デカソイが居るかもという淡い妄想から、新戦力として期待のイカワーム、
フラッターベイツファイヤーフライ(リアルイカ ブルーグロー)をテキサスリグにセット,シンカーは1OZで開始。
船の右舷後方から、ボトムを取り軽くリフトするとすぐに反応アリ。
ワッショイワッショイで巻き上げると、47cmのアブラコちゃん。
いつも通りに計測して、写真とって・・・って、コレがなかなか一苦労。
この作業とリグを組むときが船酔いの危険アリです。


お次にヒットしたものは、なんだか軽いのぉ~~・・・

やたらとアタリがあると思ったらホッケかいヽ( ̄Д ̄ヽ

ここらでイカワームがボロボロになってきた。このワーム、ゼラチン質ぽい素材で超リアルだけど消耗が早いみたい。

イカワームでもう一尾追加。このワームは釣れる!1軍ダナ(-ω- )フッ

今日の状況は、常連のみなさんによると激渋らしい。
普通に釣れていると思うんだけど(笑)
確かにその後、船内が沈黙する時間が多々あった。
で、場所移動。(本日は5回以上動いた)


パルスワームレッドで、あまり暴れないやつを計測。

今日は40cmちょいが主体。これはベイトブレス バグジィーで。
船内ではもっと小さいサイズ(30cm以下)も釣れていて、意外な印象。
ショートバイトも大変に多い。船内の雰囲気も夏枯れかね?って感じ。

そんな中でも、ビッグアブもやっぱり混じる。
こいつはさりげなく50cm台です。
乗船から2時間、ここら辺になると、デジカメ撮影や計測が面倒になってきます。。


ちょっと遊びで、貝型ワームを投入!
・・・・・20分ほどノーバイト!
そりゃ超高速で沈み、数メーターも跳ね上がる動きをする小型貝なんぞ居るワケない
次回から、浅場でネイルシンカー挿してワッキーでやります。


とりあえず魚を出すために使い慣れたパルスワーム・コモを装着。
で、忘れかけていた魚がここで出ました!



クロソイヾ(゚Д゚)ノ


(撮影時刻AM8:25)
これは意外でした。
(40前後のソイ
はたまに出ている模様)



この後シブいモードになり、不本意ながらシュリンプでアブ追加。
ここいらで船内、声が出なくなってくる。
波もそう高くないし、船長も積極的に操船してくれてるのだけど、なかなか魚が出ない。

沖防の端で、やっと追加。デスアダーカーリーブラックで。
パルスワームが廃盤で希少になっていた時期によく代用していたワームです。

ロッドはほぼデストロイヤー:サイクロンで通しました。
(昨日修理してもらってホントよかった~)
ロッドの限界近くまで激曲がりし、性能をフルに発揮させることが出来た1日でした。
ただし、浮き上がらせられず、アッという間に、根に潜られたこともありました。


↑帰りに外防波堤近くでもテトラ撃ちしましたが、日差しも強く船内だれも追加ならず。写真奥に人が居るのおわかりでしょうか?
無意識に若そうな人を探しますが、人生のベテランさんばかりでした。


↑これはナ~ニ?!ヒント:船長はええ人です。






今回は、渋かったことと波が低かったことから、サービスで結構な長時間の船釣りとなりました。とりあえず、自分の戦闘力を持続することが肝要ですね。船酔いでダウンしたら地獄の5時間半になったでしょう。そして、おかっぱりで50UPアブを連発するのは、やはり凄いこと。やはり別の種類の遊びだと思って間違いないです。おかっぱりの釣りの偉大さを改めて思いますね。

ここ最近、大漁ワッショイしてなかったので、よい経験になりました。

どこにデカイ魚が着いているかわかったし、白老港の全容が掴めます。

 



スポンサーサイト

不人気ポイントで32cm夏ソイ

7/29未明、他に釣り人がまったく居ない場所に行ってきました。
ちょっと不思議な場所です。。
学生のころに投げ釣りで来て以来ですが、随分趣きが変わってました。

狙いはアブラコなんですが、表層にチビソイが目視できます。
最近見慣れてしまったこのサイズは狙わず、ベイトタックルで型物を探します。
・・・アタリがなかなかない。ランガンしてるうちに先端付近までやってきて、不意にアタリが。
最近にない引き方だが、アブラコにしてはアッサリ上がって来ます。

明るくなってからのクロソイ。3号ナツメにパルスワームブラック。


計測すると
32cm(*´∇`*)
大分痩せていますが、この時期に楽な場所で30UPが出たのは嬉しい。

この後、手ぶらで散歩していたおじさんと話し込んでると、雨がパラパラ。。
おじさん「ライズあるから狙ってみぃ!」
私「マス系ってここら辺に入ってるんすか?」
おじさん「今時期は居る!(断言)」
とのことでスプーンに変えてみますが、コレが失敗。
アタリもないまま土砂降りに!
ロッドにアクシデント(*)があり、撤収と相成りました。
予報ではずっと曇りだったんだけどなぁ。


*ロッドを垂直に40cmくらいの高さから落とし、衝撃でリールシートが割れた!

↑白い部分が欠けた。
苫小牧のプロショップ、ビッグバイトで破損を説明すると、なんと!
その場で接着してくれることに(店長、恩に着ます(ToT))!
メガ竿はいろいろ素材が特殊なので心配だったのですが、入院せずに済みました。

今日の夕方、S港釣りのヌシ(WEB界)、BONSさんの釣りを拝見させてもらう(そして釣らせてもらおうかと。。)予定だったのですが、この時点で苫小牧は相当の雨足。
夕方も無理かな~と判断。帰路に着きました。

しかししかし、今日のS港、雨はなく爆釣だったとのこと!
致命的な判断ミスを犯したようです(*゚▽゚)ノ



新種ワーム!貝をイミテート

 
釣り人なのに、豊平川花火大会を3週連続で見てしまいました。
今日は家でだけど。釣りにやばいハマリ方はしていない証拠かな・・
(と思いたい)。

さて、ワームの話。
前からコレはどこかで開発されているに違いない!
と踏んでいた、リアルベイト系ワームが、もう製品化されている!
ガルプで出るかな?!と思っていたモノ、それは「貝」

ちょっと画像わかりずらいですが、ちゃんと2枚貝になっていて、フックを隠せます。
はっきりいって、よくぞ創った!というご祝儀のような感じで買ってみました。
なにせ、メインターゲットは黒鯛。ソイはともかく、アブラコに効くかな?ということ。
(1日コレだけでやれと言われたらきっと相当キツイ(笑))
選挙で、ヘンテコな名前で出馬して、数百票だけで消えていく、泡沫候補ってたまにいますよね。なぜか思い出しました(;´д`)
でも、このワームには可能性を感じる。これで釣れたら嬉しいだろうなぁ。
新ジャンルの流れをつくる実力派か、一輪のあだ花で終わってしまうか。。。


対して、最初から期待度大のワームがこちら(同じブランドのです)。

まさに、リアル・ホタルイカ。暗闇でまだらに青く発光します。釣れそう。
テキサスに適しているようです。
サイズはエコギア・コイカSとLLの中間(なぜかMがない)、
4インチ程度で、目玉がいい感じ。でもちょっと単価が高い。

以上、すでに上記2種のワームでどの魚種でも実釣実績のある方、投稿ください!
いまんとこ記事で見たことないんですよ(-д-;)

それにしても、貝をイミテートとは。
もし後発で(コレ重要。先行して出したとこがエライ)エコギアなんぞから出た暁は、北海道限定カラーとして、
噴火湾ホタテ・厚岸カキ・苫小牧ホッキ・えりもツブ貝などなどが発売されることでしょう。
いつの日か現実になりそうでコワイ?!



磯ビーム! (ヘッドライト)

夜釣りの気持ちいい季節です。
磯での夜釣り、しかもそこでのラン&ガンを意識する今日この頃。
安全対策のため、良質なヘッドライトを札幌市の本格アウトドアの総本山・秀岳○に買いに行きました。

最初に目星をつけていたのは、おフランス製の登山用・「PETZL(ペツル) ティカプラス 」。でも決めかねたので、素直に(・・。)ゞ店員に聞き込み。

用途は登山でなく、海の磯や防波堤であること、細かい作業(リグを組む)をしたいことを告げると、
「Black Diamond・スポット 」を勧められた。
店員「光度ではコレ、おすすめっす!光線(?)みたいですよ( ̄ー ̄)ニヤリッ」


で、買ってみました。
下調べが充分でないモノを買うのは久し振りなんでちょっと不安。


で、早速実験!(上が新規購入、下が1000円台のモノ。)

おおぉぉ!!(; ̄Д ̄)マジでビームじゃねぇベか!

これはアタリだ。。
夜の磯を歩き回るルアーメンには強力な味方ですね。


そうそう、明日は高校野球南北海道大会の決勝!
正直、ワンサイドになりそうなカードだけど、午前のみ仕事して球場にいくでぇ~



続きを読む

FOMAが圏外の漁港で


今週は北海道は積丹町、神威岬周辺の漁港に何箇所か行ってきました。

夕マズメ、まずは上の写真の岩場のさきっぽに乗ってソイ類を狙う。
アタリはあるものの、どうにも乗りません。
やっと乗ったと思ったら、10cmのガヤ。。オートリリースでお帰りいただきます。
潮が込んできたところで港内へ。
この漁港、私の携帯が圏外ですΣ(・ω・ノ)ノ!
キナウシでは通じていたので意外でした。


まもなく、今回も途中からご一緒のマエさん、港内で丸々としたハチガラ
マエさん「ケーソンの穴をピンポイントで狙わないとアタリないよ~」
確かに、良い時間帯になってもスイミングではたまにしかアタリがない。
しかも型が小さいのか、乗ったと思ってもばらしてしまう。食いが浅い感じ。
マエさんはホッグ系ワームでアタリを出している。

この漁港、あまり大きくない上に、置き竿のグループが一等地にいてやりずらい。
しまいにその連中、防波堤の先端で大花火大会。
けたたましい音と光・・・(´○`; ポカーン。。
自分たちも釣り竿出しといてそれは・・ハナシになりません。

すっかり興冷めし、この漁港を後にしました。
季節は夏、海沿いはキャンプで賑わってます。
釣り人にはありがたくないシーズン到来(´Д`) =3




近郊漁港に移動し、ウキにガルプをつけてみるも不発。



3箇所目の漁港でマエさんが20後半のソイを出すも連荘はなし。
私も20cmいかない位のプチサイズがたま~に釣れる程度。

今日は無風で釣りやすかったですが、ベタナギ過ぎてあまり活性があがりませんでした。いよいよ港は夏到来という感じです。



タバコ1箱より安い○○リ。

今日はア○漁(○に意味ナシ。。)に買い出しに行きました。

先日、”安全釣行祈願”のカイジさんが捕獲した50cm超アブラコ×2により破壊されたスカリを新調。四角型のダイワのやつを狙ってたのですが、少し小さいし高価だな~と思ってたら、ありました・・・スゴイのが。

安っっっっ!そういやオトさんがこれのハナシしてたっけ・・。
勢いで2ケ買ってしまつた。


続いて、長靴を物色。これまたダイワのを事前調査したものの、PROX製でナカナカいいものを発見。くるぶしより上はゴムではないので軽いし車載も楽そう。強度は過度の期待はできなそうだが。。形状的には長靴タイプより深いところでもOKそう。
で、決め手は価格。1,700円(スカリ7個相当)でした!!
すぐつぶれても全く痛くないぞい。



瞬貫フックはあまり売ってないので大人買い。(1袋につき1スカリ
いまのところベストと思っています。
ラインはトライリーンXT(7スカリ)。これは品質と価格のバランスがよろしい。100mあたり566円。こういう消耗品はボビン巻きで発売してほしいよ。とりあえず、バニッシュトランジションも300m巻きを是非出して欲しいですねー。

最後に夏の磯対策として防虫スプレー。(1・5スカリ
塗りこみタイプの方が効きそうだけんども、塗ると汗まみれで不愉快になりそうなのでライトなやつにした。でもきっと気休め。ハンパね~もん、磯の虫はよぅ!!



磯ロック!ハチガラ連発inキナウシ

「我々のcross fishing and barbecueに万難を排して参加されたし」。
超ベテラン釣り師・オトさんとマエさんからお誘いを受け(おねだりして同行させてもらったのはいうまでもない。)、西積丹の人外の地、キナウシへ。

キナウシは何箇所か入釣可能な場所がありますが、今回は左側のトンネル裏側へ、途中ひざ下までの水あそびが必要です。また、トンネル部分をピークに何箇所か難所アリ。飛んだり跳ねたりはないのですが、気は抜けません。
視界が開けると前人未踏を思わせる絶景。自然と気持ちも高まります。


汗だくになりながらタックルを準備、まずはワームを通せるラインを調査。
急深のポイントのイメージがあったので、防波堤で多用するパルスワーム(今回はレッド)でヘチの平行引きから始めると、イキナリ来ました!グッと押さえ込まれるアタリ、ごっついパワーでロッドを絞り込みます、タモ入れしてもらい姿を拝めました!


50cmオーバーを確信したものの、計測は45cm。磯アブは防波堤アブ比+5cmのパワーです。活きが良すぎて写真撮影も容易でなく、後に気づきましたがこのアブラコの撮影でレンズが汚れてしまいました。
いや~とりあえず来た甲斐があった、ということでバーベキュー開始です。


汗だくになった疲れも吹っ飛ぶウマさ。マエさん自慢のコンパクトストウブです。
(ゴミは全くだしてませんよー)

日も沈んで本格的に磯釣りを開始。オトさんとマエさんはテーラー仕掛けでイカを狙い、私はワーム一本。みな離れたポイントでアタリを待ちます。ほどなく、

沖の離れ岩目指してキャストすると良型(27cm)のマゾイHIT!


ひさびさに見る良型ガヤ(エゾメバル、煮付けが最高にウマイ)もHIT!
調子があがってきたところで、連発で波を被り、ヘタレの私はこの場所を一旦退散。
体ごともっていかれるワケはないのですが、本能で下がってしまいました。

この日はイカはダメ(沖に漁船もいませんでした。)で、マエさんは必殺のイカゴロ仕掛けで垂らし釣りを開始。オトさん、久し振りに基地に帰還と思ったら、27cmのハチガラを手に(画像なし)!!
うお~、やっぱ日本海だわ・・。
私もボトムをネチネチやると、来ました、待望のハチガラ(オウゴンムラソイ)!

型は20cmちょいですが、私は初GETです。太平洋側の苫小牧~長万部では普通混ざらないので、大変嬉しい1匹です。


眠気が襲う時間になり、マエさんのイカゴロ仕掛けが爆発し始めます。
まずは夜アブラコ30cm台、続いてハチガラ20cm後半(速攻でスカリに・・個別画像なし)、ガヤ、ハゴトコ・・・。
イカゴロ強し!

この釣り場、クロソイが混じらず、とにかくハチガラが濃い。
マエさんは結局二桁近くハチガラを釣り上げるという、私には信じられない結果となりました。

しばし仮眠して朝まずめに期待、というところで沖にウネリが。磯場では奥のウネリに要注意、案の定ウネリはゆっくりと大きくなってきます。行きでジャブジャブしてきた場所の辺りは目視不可なのも気になります。

と、離れた場所でやっていたオトさん、快心のアブラコ!
(顔出し不可。。ちょい悪オヤジだからではありません!)
やはりもっと魚は出せそうですが、基地にも波が迫ってきまして、撤収準備。
↓スカリキープ分の1部(!)

デカイハチガラが鎮座しております。。


帰りもトンネルをくぐって、難所を越えて道路へ。足腰にかなりキます。
ちょいワルというか本格ワルオヤジ(申し訳ないですがこれは事実。。)2名の体力に感服しつつ、大過なく車へ帰還します。


ふぅ~、これが本格磯ロックかぁ~・・・との余韻に浸っていた私は、次の一言で目が覚めることに!

オトさん「釣り足りないから(!)、照岸いくべ!」
マエさん「あすこは楽だから大丈夫だよ」
私「・・・」

やや南下して見下ろす照岸。かなり広大なエリアで、降りる場所も複数あります。


ここは深いミゾが何本も入っていて、いかにも根魚がつく環境です。
(ちょっと磯焼けしてる感もあり)
オトさん、マエさんはここでアブラコ爆釣経験済です。

沖のサラシからHITしたオトさん(下アゴにかかった為、魚が逆さ)!
マエさんも粘りの釣りで45cmのアブラコをゲット(だいぶ離れていたため画像なし)
私は癖でヘチを攻めていたのですが、アタリのみでノーフィッシュ。
磯アブはサラシにブチ込む!ことを勉強させてもらいました。
しかしココは異様に水深が深い場所があり、ソイ類もかなり期待できそうです。
アクセスも非常に楽なだけに、なかなかの盛況ぶりでした。

こうして、オトさんマエさんと行くcross fishing and barbecueは幕を閉じました。それにしても、二人の超人的タフネスっぷりに完敗!な私なのでした。是非また同行させていただきたいものです。

22時間振りの帰宅後、風呂にはいってビックリ、60箇所近く虫に刺されてましたワ!これも勲章かっ?!



ヤマセ吹き荒れるせたな漁港

7/9(日)
前夜の酒が効いたのか、やや寝坊して午前3時前。
長万部から今金を抜け、せたなへ。この道はほとんど信号がないが、
悪天候になりやすい。
この日も今金だけ雨が降っていた。
太平洋から日本海に数十分で到着というのは全国に誇れます。

さて、せたな港。すごい強風、アンド釣り人が一人もいない(!)。
まずい、この規模の港で釣り人がいないという状態は釣りをすべきでないことを意味している。
ヤマセが常時吹いているとは聞いていたが、想像以上。
行きたかった北外防波堤は情報どおり防壁がなく、吹きさらし、
足場はタモが届くか微妙な高さ。ウム、これはキツイ。が、今後もここには来ることになる。調査も兼ねて竿は出さねば。セオリー通り船揚場でやってみる他ないか。。

自分的最凶パイロットルアー、パルスワームでヘチを平行引き。
ピックアップ直前でアブラコが見えた。魚がいない訳ではない、でも結局食わせられず。
ちょっと移動して、なんだかアヤシイ場所を発見。

ここにいるかな~と探ってみると、アタリがある。再度投入してみると、ヒット!
こ、この引きはーー・・・・・・




う、うぐぅぅ・・・。

他の穴も探るが、ウグモリ君のオンパレード。しかも彼らヤル気ありすぎ。アワセてないのにのってしまう。これはこれで珍しい。フックは1/0。ここでせたな港を断念、せたな漁協前での待ち合わせまでまだ2時間ある。車を北に走らせるが、土地勘なし。
あまり離れるのも困るので虻羅漁港という漁港でエイヤッと車を降りる。
相変わらず強風で、風裏にはなっていない。港によさげな磯が隣接している。


港内はクリアブルー、日は完全に昇っている。
とりあえずヘチを探ると、

ワーム並みのミニソイ。こんなのが数匹続く。
こりゃあかんでぇ~、ということで港内船道あたりをキャストしてみると、
やっと!魚らしい魚がヒット。

豊満だが38cm、40に届かず。でもなんだか納得のアブラコ。

この後、せたな漁港に戻り、T氏に物資を渡して任務完了。ソイの水揚げは残念ながらまだまだ先の時間になりそうだとのこと。漁協見学は次回にお預け。
虻羅漁港のハナシをしたら、もう少し先に風裏になる漁港があったのに、とのこと。情報は大事だ。。

長万部に戻り、4軒ほど顔をだすことに。というか主目的。
そのうちの、いわゆる「本家」の牛舎を見学。聞けば200頭以上乳牛を所有しているとのこと。

↑漁協見学が畜産見学にすり替わった図。でも牛はかわいい。

本家の若旦那、聞けば釣りキチで、釣り新聞、雑誌記事も書いたことがあるという。ジャンルは専門外の世界、ウミアメだそうで、そっちの世界では名のある方かもしれない。ウミアメダービーは
今後も私はいかなそうだなぁ~、寒いもん。

シメは「かなや」で昼食。ドライブインと駅前に2店舗あり、当然調理師も違う(駅前のほうがいいかな)。カニ飯を誰も頼まないのがサスガ。食べ慣れてますから。。
長万部町、いいマチですよ。道央はもちろん、道外の方にもおすすめです。
 



アルバム
最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

やっちゃん

Author:やっちゃん
楽天ブログhttp://plaza.rakuten.co.jp/hagotoko/から移行したものです

カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。