苫小牧沖流し! 

8/27(日)
浜厚真から出船の沖流しに行ってきました!

当方、船釣りは2回目であります。
苫小牧沖堤が渡船中止になった頃にワームでの釣りを始めたので、
このエリアで釣りをするのははじめて。
一本防波堤で釣りをしながら、あそこで釣りしてみたいなぁ~と
常々思っていた私です。

今日は見た感じベタ凪、無風。

↑乗船した真栄丸。
ミヨシに仁王立ちすればパイレーツオブカリビアン気分。。。か。(漁船だけど)

4時過ぎに出船、まもなく船長から残念なお知らせ、
外海はNG (゜ロ゜)ガーーン! とのこと。

まずは第1ポイント。皆、思い思いの釣りを展開します。
マーズ・ローリングシャッド(アルティマイワシ)で強気のスイミング。

しばらくの静寂。

・・・さらなる静寂・・・そして静寂がさらに続く。

ウ~ム、前回の白老流しではなかった光景。
水温が上がるのが遅かったためか、お盆過ぎても真夏モードのようです。

第2ポイント。ここでもそう状況は変わらず。
とりあえずヘチを狙いつつも広範囲に魚を探してみます。
バイトはあるがなかなか乗らない。スッポ抜けの連続です。

↑プロリグスピン+パルスワーム(ブラック)でやっとこ1匹。
一応スケールに乗っけてみます。買ったばっかりだしね。

この後も、私の見える範囲では、
30cm超えるアブラコはでていない模様。

潮止まりに差し掛かり、心は夜のソイ!
にしても渋いのぉ。。

日が沈むチョイ前に、ソイポイントに移動。
カケアガリと防波堤の切れた部分がおいしそうです。
ワームをクリーピーグラブのグローにし、SHINCOさんに譲ってもらいながら、5~10m程度をキャストし続けます。
ほどなく、船のどこということなく、ソイがヒットし始めます、
ただし20cm前後多し。
私もアタリが急増、ポコ、ポコと単発でソイが釣れてきます。

↑とりあえず20cm超えたので撮影対象にしました。
かわいいものです。。


↑ほぼ同サイズ

↑撮影のためスケールを置いた場所にいちいち戻ってました。
S氏に、ちょっとずつでかくなってるねぇ~といわれ、
計ると確かに「ちょっと」大きくなっている。もっと一気に!こいっ!

ただ、はっきりとした当たりタナを最後まで発見できませんでした。
自分が拾ったのはほぼ中層でした。

船の後方では、
「ROKUさんが50UPの夜アブラコを釣った」
「Zさんの釣ったソイ、35cm」
と聞きつけ、バイトが遠のいた前方左舷から後部へ。
安易でありますw

防波堤の切れているゾーンに投げ込み、気もちユックリ引いてみます。
ピックアップ間近までこの状態をキープ、かなり表層でヒット。

↑本日最大29cm(これは「流し」の記事です(涙))。
これだけキープ。後日ムニエルになる予定。

ラスト1時間で最後の場所移動。ミヨシでガツッと激重のバイトが!!
が、ほとんど浮かせられず潜られ根がかり、
相当粘ったのですが。。諦めてラインカット。

結局、ちょっとずつ作戦は29cm止まり。
PM9:30に帰港いたしました。
ビッグサイズは出せなかったものの、思い出深い釣行になりました。
企画主のサラリーマンZさん、参加メンバーのtukatukaさん、SHINCOさん、大麻さん、ROKUさん、かにぬーさん、ダンディー髭おじさん様、Sさん、
ありがとうございました
。(*^ - ^*)ゞ

苫小牧流しは春・秋のよいシーズンで再試合を希望ですな~


今週末の奥尻島もかなりヤバイ水温だろうな、どうしようかな?



スポンサーサイト

船用スケール(メジャー)



前回、船流しで計測しにくかったので、
ラパラの板状のメジャーを買いました。(○百円)
イメージは木製のJGFA公認なんちゃらのアレです。



最大で60cm。
メガホンを無意味においてみました。
根魚釣りに関しては充分の長さです。
完全にプラ製なので、間違って踏むとそれで終わりの強度です。

明日は「北海道フィッシングフロンティア」のサラリーマンZさんの企画にのっかり、苫小牧沖流し。
どんな釣行になるのか、今から楽しみであります。
白老ボートでのような釣果がだせるのか、こうご期待。。



駒大苫小牧、準優勝おめでとう。

再試合の末、3-4で敗れました。
内容としては昨日を含めてミスの差。
早稲田実業は特に内野が安定していました。
昨年までの駒大苫小牧がやっていたような守備。

途中までは点差以上に差が大く感じたのですが、
9回表、誰もがさすがにアッサリ終わるかというところでの中澤選手の2ラン。
及ばなかったものの、今年のチームの力の結晶のようなシーンでした。

惜しむらくは4番本間君に最後までいい当たり、ホームランがでなかったこと。
彼が1年秋に4番に座ったときから期待してたのですが、
最後まで甲子園での覚醒はありませんでした。
彼の弾丸ライナーのホームランを知っているだけに。。残念。

それにしても、齋藤君の明日はないかのような
ピッチングには脱帽しかないですね。

全般的に今日は低めのストライクゾーンがかなり広く、
審判もさすがに両投手の将来を案じた模様。

球場の雰囲気や報道は早実一色の中、
駒大苫小牧の選手はよくやった!!
これでしばらく高校野球は見納め。
それにしてもこのチームを最後まで見届けられて幸せです。

ありがとう、2006駒大苫小牧高校野球部!


ラストの国体もチェックしますよー


再試合

久し振りに釣りのことを忘れました。

高校野球決勝。
すごいもの見ました。田中・齋藤の力投。
マンガを超えてます。
特に齋藤の15回の投球。
人間じゃないよ・・。

明日は総力戦、さすがに荒れた試合になるかもしれない。
でもここまでやった両校、どちらに転んでも拍手しかないです。

それにしても選手達の精神力は神がかっててます!!


円山球場 駒大苫小牧VS札幌光星


南北海道大会決勝、駒大苫小牧優勝の瞬間。





我が家の包丁

高校野球も大詰め。
智和歌VS駒苫、かなりアツイ試合になるのは必至。
両チームの打球の鋭さ、異常です。
内野陣は強襲打を止めるの大変だ。
ケガしなきゃいいのですけど。
ピッチャー返しなんて殺傷力ありますよ、アレは。

さて、以下は我が家の包丁です。

↑使用中。。の牛刀

↑出刃

↑ペティナイフ


切れ味
☆☆    牛刀(クロムモリブデン)
☆     出刃(モリブデンバナジウム)
☆☆☆☆  ペティナイフ(鋼)

全て札幌市にある刃物店「宮文」のものです。
嫁入り道具ではなく、私の趣味。
ヘンケルスやグローバルの包丁が普通は人気なのかな。
砥ぎ・欠け等のメンテを重視すると、
地元の持ち込みできる店で買うのが素人は一番。
宮文では1年以内1回砥ぎ無料サービスつきです。
(機械砥ぎだけどね)

切れ味から言えば、鋼のペティが最高、
でもレモン切って一晩放置で即錆びる。
コイツでトマト切った感触は最高なんですが、面倒なやつです。

出刃は正確には「出刃包丁」ではないのですが、
ソイ類の頭を落とす際に重宝します。叩き切る感じですね。
ただ、右利き用の片刃。。

最多出場する牛刀、これはもっとお金かけてもいいかな。
アブラコ(アイナメ)や鮭はこれで充分おろせます。
両刃なので左利きの私と右利きの妻、両者使いやすい。

う~ん、新しいの欲しくなる。
でも日常使うのは圧倒的に嫁なのです。。。ごめんよ~



コマーシャリズムについて

久しぶりに野球の独り言。
野球観戦が好きです。
なかなか見に行けなくとも各種媒体のニュースは
欠かさずチェックします。
高校野球では南北海道代表の駒苫が
今年もベスト4まで残りファンを熱狂させています。
テレビもスポーツ紙もネットでもその活躍を詳細に報じ、
気の利いた裏舞台のエピソードも山盛りです。


だから敢えて。  
私は熱狂しつつも、実は寒気がしています。
昨夏、今春の2つの「事件(社会ニューストップになる内容だったか?)」
の直後 、駒苫のハードな練習、過酷なレギュラー争いなどを
「勝利優先主義」と決め付け、「悪事の温床」の語り口で
報道していた新聞社・TV局を忘れてはいません。
そして、そういったステレオタイプの決め付けを
しなかった新聞社・TV局も覚えています。

そしてこの夏。
全否定的バッシングをしていた新聞社・TV局も、
優勝候補として何事も無かったかのような報道をしているようです。
しかし。今後もし某ドラフト候補の私事で何かあったら、
鬼の首を獲ったかのような 報道をすることを確信しています。
過剰な美化と全否定。  
情報の見極めは大事ですね。
踊らせて稼ぐ者、その分け前にあやかる者。
情報を覆う不純物を除去するフィルターを
持つことが大切な世の中です。


お盆は高校野球と釣りですね

盆休みが特段ないこともあり、なんだか忙しい日々です。
まずは、駒苫、大逆転勝利おめでとう。試合と直接関係ない事件の連続で、
やっとの思いで立った甲子園の地。今日は存分に暴れてくれました。
ファースト中澤の9回のHRは凄い技術でした。。

さて、週末8/12(土)の釣行です。
嫁の家の墓参りをすませ長万部の港へ。
風が強く、嫁が寒がる(ホント寒いくらいだったんです)ので港の奥で開始。
RFB610Mを嫁にもたせ、自分はシーバスロッド。
1ピースベイトは荷物多すぎのため自宅待機です。

さすがにGWの時よりはシブく、30cm未満のアブラコをパルス黒でゲット。
このロッドでも意外に小さいサイズの魚も拾えます。
たいしてありがたくないけどヾ(-_- )/
リールがライトハンドルなわけですが、私は左利きなのです。。
左からロッドを振るのは、混んでいる釣り場では不便な時もあります。

とりあえず魚はいるのが分かったので、ファーストリトリーブで広範囲に魚を探し続けます。どうも好きなポイントは着きがよろしくないため、どんどん港の奥へ。

同じくパルスワーム黒で、納得のサイズ!


計測は42cmてとこです。
もっとあると思ったのですが、
シーバスロッドでグッドアブラコを初めて掛けたからか、勘違い。

ここで新太郎さん発見!
というか、せっかく連絡先教えてくれてたのに私が気付いてなかった。。
そのため、物凄く不自然な登場をしてしまいました(笑)
すでにデカアブをゲット済みとのこと。
DC7を軽快にキャストしています。
フォームがキレイだったのが印象的でした。
自分も練習しよ。。

遠くに置いてきた嫁はというと、さりげないサイズのソイを釣ってました。

サンドワームで真昼間のソイ。
最近、サンドワーム以外のワームを付けたがる。。。(コレデイイジャン)


この後、知人宅でバーベキュー大会があるということで撤収。
2時間ちょっとの釣行になりました。
帰り際に新太郎さんに挨拶。
(今度ゆっくりやりましょう。ガソリン高いし、あいのり遠出作戦もあり?)



帰宅後、珍しい熊・鹿・馬のバーベキューを食し、
お盆だというのに再度出撃です。
非常に白い目で見られたのは言うまでもありません。
が、気にしない私(^-^)。

まずは静●。無人です。お盆に1人きりはちょっと。。
で、礼●へ。
キャンプ場は大変な賑わいであります。
港にもキャンプの人がちらほら流れてきます。
夜だというのに、港内のマスのライズが凄い。
経験上、こういう時は同じ場所ではあまり型の良いソイは釣れないのですよ。。

案の定、小型をしばくハメになります。
港奥以外は風も強く、やりずらいこともあり、納竿!!
とあいなりました。



意外に不人気でもない漁港で夜釣り

8/5(土)
購入から丸5年の愛車のバッテリーがあがってしまった。
今週末はバッテリー交換からはじまり。
折角だからわりといい物を購入。
暑い。。


んでもって、週末はやっぱし海で涼むか~っちゅうことで、先週も行った漁港へ。
明日は旭山動物園に朝マズメ体制でいかなきゃならんので短時間勝負です。

現地入りがPM5時、まだモワァ~ッとした暑さが残る。。
今日は夫婦で来た方や、親子で来た方が来て、なかなかの賑わい。
対岸では花火やってるし。

水深が浅めで、
大型根魚のヘチへの付きはあまりよろしくない場所。
得意の9fシーバスロッドによる遠投引き倒し作戦。


基本、ボトムは砂なので、カジカが濃い。パシャッと撮影して速攻リリース。
ワームは旧パルスワームの茶色のやつ。

今日はなんだか皆フレンドリーな感じで、みんな違う釣法なのになごやかムード。
磯竿の親子はピシピシと20cmサイズのソイ、アブラコ、カジカを釣っている。

そんな中、1人遠投を繰り返す自分に、いい引きが!
遠くでかけたのでバラさないよう気をつけて巻き上げると、本命さん。





ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)人(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ



31cmクロソイ!YES! (↑おおげさ。。)
例によりあんまり体高ないけど。
ワームは先述と同じ。
パシャパシャと撮影し、親子とソイの話をした後、リリース。
例のごとくビックリされましたが、たまには持ち帰ることなどを話しつつ、
再度キャストを繰り返す。
が、沈黙のまま時間は潮どまりに。
親子連れの方も帰るというので、結局この2匹のみで終漁。(PM9時)

↑親子のキープ分。カジカの味噌汁が好きらしい。
ナゼか中学生くらいの子供の方が釣っていたような。

たいした釣果ではなかったものの、魚が見れたからいいか。。
この場所は、外防テトラ側が砂が堆積してサーフになっているヘンなとこで、高波をかぶる可能性ゼロ。堤防のコンクリの幅も広く、足場もそんな高くない。
安全面では最高なのだけど、もっと深さが欲しい。。そんな場所です。
さっさと寝て激込み確実の旭川に思いを馳せながら速攻で寝るのでありました。



アルバム
最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

やっちゃん

Author:やっちゃん
楽天ブログhttp://plaza.rakuten.co.jp/hagotoko/から移行したものです

カウンタ