アブラコの湯引き(寄稿)

アブラコ=アイナメであります。。アブラコの湯引き 1 アブラコの頭、内臓、ウロコを取り除き、水洗いをし、3枚に卸します。2 腹骨と身に入っている骨をていねいに取り除きます。3 身の部分を横向きに置き、縦方向に2mm程度の幅で皮ぎりぎりまで包丁を入れ、骨切りします。4 皮を上にして、布巾を被せ、熱湯をかけます。5 皮が引き締まったら、氷水に入れ荒熱を取り、すばやくザルに上げます。6 キッチンペーパー等で...

続きを読む

ホッケのしゃぶしゃぶレシピ(寄稿)

ホッケのシャブシャブ1 ホッケの頭、内臓、ウロコを取り除き、水洗いをし、3枚に卸します。 2 腹骨と身に入っている骨をていねいに取り除き、皮を引きます。また、アラのうち内臓・エラ以外はきれいに水洗いし、血合い等を取り除きます。3 キッチンペーパー等で水気を取り、やや大きめのそぎ切りにします。4 ありあわせの野菜・きのこ類を食べやすい大きさに切りそろえ、生姜を細切りにします。コンニャク(またはシラタキ)は...

続きを読む

カレイの揚げものレシピ(寄稿)

カレイの揚げものレシピ から揚げ(手抜き甘酢あんかけ) 1 カレイは、ぬめりとウロコを取った後、頭、内臓、血合いを取り除き、水洗いをします。2 火がとおりやすいよう隠し包丁を入れ、キッチンぺーパー等で水気を取ります。3 片栗粉をまぶします。腹部や切れ目等にも確実にまぶします。4 180℃の油で揚げます。(2度揚げします。)5 あんは、市販の冷凍ミックスベジタブルを、醤油2:日本酒1:みりん1:酢1/2:砂糖3/2に生...

続きを読む

先週末の岩内釣行(寄稿)

いつもお世話になっているマエさんから情報提供いただきました。マエさんは釣り歴ウン十年釣法も多種多様であり、体力も無尽蔵と思われるベテラン釣師です。毎度、情報の濃さはハンパじゃありません。公開に支障のない部分の抜粋です。【マエさん情報】 先の土日の結果です。23日18:00~22:30 岩内港北突堤クロゾイ2(20cm位リリース) 小魚が多く、魚のハネもあるがあたりがない。22:30~23:30 第一埠頭、...

続きを読む

自家製イカの沖漬けレシピ(寄稿)

マエさんから、釣り人用・超強力レシピ集をいただきまして、全○○回のシリーズモノとして、世に問うことにしました!公開に先立ちまして、マエさんからコメントをいただいております。「料理が美味しいかどうかは、単純に言えば、口に合うか合わないかの問題だから、万人が美味いというものはないだろう。俺のレシピの調味料の分量や割合だって、いい加減なもので、その時その時で味見して微妙に変えている。同じ人間でも体調により...

続きを読む

アジ・マイワシのたたき&なめろうレシピ(寄稿)

北海道は岩内にて今まさに釣れているお魚です。アジ・マイワシのたたき&なめろうレシピ1 アジの下ごしらえは、頭、内臓、ウロコ、ゼイゴ(尾びれ付近から腹部の側線の骨のように硬い部分)を取り除き、水洗いをし、3枚に下ろします。マイワシは内臓、ウロコを取り除いた後、手開きし、頭と中骨を取ります。2 アジは、腹骨を包丁ですき取ります。大きいものは身に残った骨を丹念に抜く必要がありますが、20cmくらいまでなら...

続きを読む

小アジ・小サバ・カタクチイワシ・マイワシの竜田揚げレシピ(寄稿)

小アジ・小サバ・カタクチイワシ・マイワシの竜田揚げレシピ1 小アジの下ごしらえは、頭、内臓、ウロコ、ゼイゴ(尾びれ付近から腹部の側線の骨のように硬い部分)を取り除き、水洗いをします。10cm以上の小アジは2枚に開き、それ未満のサイズは開かず隠し包丁を入れます。2 漬けダレは、醤油1:日本酒1の割合。これにみりんと卸し生姜を適当に。ちなみに醤油は昆布醤油を使っています。なお、某調味料メーカーのレシピでは、...

続きを読む

台風明けの苫小牧

9/22PM8~PM11新月大潮ということで、土曜を待てずに苫小牧一本防波堤に行ってまいりました。今回はカイジさんとです。到着後、まず驚いたのが車の数。ここで盛況なのは久しく見なかった光景です。一昨年の春ぎっしりだったのを見て以来か・・。釣種も様々で、投げ釣り、ウキ釣り、ルアーと勢ぞろい。私はもちろんワームでソイです。いつも外海側の防波堤中間部分から先端まで、テクテクとランガンしてヘチ・沖根を狙います。場所と...

続きを読む