ぼろぼろ

【マエさん情報】

土日、岩内港に行ってきました。散々でした…

17時30分頃現地着、西風が時折強く吹く状況

外防も考えたのですが、ちょっと風が強いのと時折波が砕ける音がしたので、そのまま突堤へ

誰もいないと思っていたのですが、先端埠頭側にアングラーが1人。
状況を聞くと小ゾイばかりとのこと…
引き返すのもつらいので、港内側でやらせてもらいました。
ありがとうございます!!

しかし、ヒラメ狙いのリグにはまったくあたりはありません。
2時間ほど経った時点でやっと小さなあたり、35cmのスリムなホッケでした。

その後、3時ころまでキャストし続けるも、小さなあたりが1度だけ。
そのほか、あたりがないにもかかわらず、着底後異常に重く、かつまったく動かず、浮き上げることが出来ないうちに根につかまったのが1度(多分、ごみか8本足か)

夜明け前に、カブトあたりで投げでホッケ、カレイを狙うつもりだったのと、風が東方向に変わってきたので、この時点でヒラメはギブアップ

カブトに着くと、既に駐車場は埋まっている状態。
しかも、千畳敷の一部や照岸側の平盤は波が被っている状態だったので、また、岩内港へ

外防先端に入り、クロゾイ&ヒラメ狙いに…しかし、あたりはなし。
東の空が白んできたため、投げ竿も出したところ、
やっと、23cmのクロゾイ、すぐに25cmを追加。


その後、同じくらいのサイズを上げるも際で勝手にリリース?
そのほか、2度ほどバラシました。

投げの方は、32cmのスリムなホッケと23cmのマガレイが2枚。
明るくなってからはフグの猛攻で餌だけ取られ続けました。


10時納竿

その後、旧フェリー埠頭、見てきたが、結構太いホッケが上がっていました。
釣り場の判断をミスったようです。
スピニングなのにライントラブル数度。
その度にファイアーラインが短くなり、フグの歯で投げの仕掛けはボロボロ。


また、カモメを釣っちゃいました。
挙句の果てに、帰り際、Gショックを見ると、なんと何も表示されていません。電池切れかな?


週末の積丹は天候的になかなか厳しかった様子です。
それでもマガレイも釣ってるのが流石!

 



スポンサーサイト

こんなところに住みたいな

週末は嫁の実家「まんべ」で過ごしてきました。 

札幌では金曜日までけっこう荒れていたので峠越えが不安。
快晴になった土曜の昼からの出発です。
中山峠を順調に越えますが、静狩峠は大嫌い(アイスバーン率高い)なため、30分ほど遠回りになるものの、230号→66号→5号線のルートを使います。結果的には、黒松内あたりからはぽかぽか陽気に包まれ、快適な秋のドライブ。

今回はハネムーンの帰還報告が主目的です。
ブログ記事も親にみせましたが、お歳なためブログの概念を知らず、嫁の顔をスミで塗っているのをなぜか何度も聞かれましたܤ

とはいえ、釣りをしないのもおかしいだろうということで(私がおかしいだけです)、日暮れまで1時間を切っているものの、単身、港に出向きます。
いつもは町内でやるのですが、天気もいいので隣町・八雲町まで行ってみます。

時間がないのでパルス黒金でガンガンとランガンします。バイトは多いものの、なかなか乗りません。居るアブラコのサイズが割りと小さいのと、タモを持っていくのがめんどくさかったので、ボート専用ロッドを使ってたためです。(ギャレットGDEC-712HVX)
で、なんとか日が沈むまでに一尾ゲット。36cmでした。
このロッドで30cm前後釣るのは難しいと思われます(笑)
まぁ分かって使ってるんだからヨシ。


夕暮れは美しいが日が沈むのはやいですねぇ~。
晩飯のためにサクッと帰還します。
漁港名は書きませんでしたが、正直ここら辺はどこも似た漁港の造りが多く、サーフに隣接しているので、お好みで漁港を選べば良いと思います。私は漁港に入って人が多そうであればすぐ引き返して近所に行っちゃいます。


毛ガニ・イクラ飯。おかわり自由。
これ食べたら文句は言えません。この後、せたな漁協職員T氏夫妻が生後2ケ月の子連れで来てくれたので、わいわいとお酒を飲みながら雑談。スペシャルドラマ「氷点」の主役石原さとみの乳がデカイなぁと思いつつ、満足したので床につきました。
2時間寝て、せたな港にいくか~~











・・・・・・・・・・のはずが、目が覚めてみると朝6時。

もうソイ釣れない。。
いかにもよさそうだったんだけど。。

ちなみにこの晩から朝に大成町で大会をされていた、
クワガタ釣りショウさんの記事もご参照ください。
間違ったサイズ(笑)のソイが出ております。


じゃあアブラコ釣りだろう!天気は今日も快晴!
こんな条件は私には来春までない!一丁南下してみるか~
で、来ました鷲の木漁港。奥まってて雰囲気があったのと、森漁港が広大でどこでやってよいものか迷いそうだったので、なんとなくです。

やっと来ました40UP!ワームはバスミノー。

実測42cm。
これもロッドが過大パワーなため、迷い無くぶっこ抜き。根がかりが外しやすいのは利点でしたが、こんな剛竿は港の釣りに全く必要ないですなぁ。ラインは500m760円の安物16ポンドでした。


この形のテトラは人に優しい気もするし、スベって危ない気もします。
内海はダメだったので、角から角まで外海を撃ってみました。

今日はあきれるくらいあったかい陽気。上着をフリースのみにしますがまだ暑い。
そのうちアタリが遠のき日もカンカン。
潮どきかなぁ?というところで、さらに南方で野営駐屯していたサラリーマンZさんからイヤガラセ53cmアブラコ写メが届き、ははぁ~~ってな感じで観念し、遅い朝メシのため帰路に着きました。釣りオンリーで来てみたいです。




最後に、こっち方面っていっつも

ガソリン安っっっ!!


 

 



抱卵ホッケの末路

札幌にもついに積雪!
活性下がりまくり!


とりあえずホッケの味でも思い出しておきます。

土日で釣った抱卵ホッケをざっくり捌いて(やったのは嫁)並べてみます。



1日目
【ホッケのちゃんちゃん焼き漁師風】

長ネギ+味噌+みりん+日本酒をペーストし、
ホッケに塗りたくり焼きます。





2日目
【ホッケの煮付け(卵入り)北の漁場風】

ぶつ切りの身と卵を、だし汁+醤油+みりん+しょうがでコトコト煮込みます。




3日目
【ド本命!ホッケの開き一夜干しバイキング風】
↓これを聞きながら食べるとなお良し。(YOU TUBE)
Mr.カンムリ
開いた身にあら塩をたっぷり振りベランダで干し焼きます。


タモの魂いれ

【OTOさん情報】

OTOです。

暫く仕事の方が落ち着かず満足な釣行に出ていませんでした。
今回は週明け月曜の休暇の許しを得て久しぶりの釣行です。
日曜15時半に市内の自宅を出発しました。

秋晴れの日曜夕方、行楽帰りの車列と逆向きに走るので流れはスムーズ、全く快適ドライブ。
鼻歌にメリーさんの羊を歌いながらフルーツ街道を飛ばして、目的の防波堤基部にはすっかり日が
落ちた17時過ぎに到着。
今回の釣行は時間にたっぷり余裕があるので、まずはクロゾイを狙って先端部に向かいます。
水温も下がりソイの個体数も増えているはずですから。


先端部に着くと基部では感じなかった東の風がやや感じられますが、
日曜夜とあって他に釣人
はいません。
ここでは30センチ台の2匹のほかリリースサイズも含めて20匹ほどのクロゾイの釣果でした。
ところが22時を過ぎた頃からだんだん風が強まり、やがて遠くに稲光まで見える始末。単独行の
寂しさを味わいます。

それでは、と予定を早めて23時に港内○○区に移動です。狙いは「やつ」、ヒー様です。
先日、釣友のマエさん(※マエさんは先月巨大なヒー様を何枚も上げています。)から「水温も下
がったしもう港内にはいないだろうな。」とアドバイスをもらっても、そこはノー天気な私、「気まぐれなやつもいるだろさ」と鼻歌交じりに移動です。

風向きを考えて入釣した堤防先端から港内を見回すと誰もいません。
貸切だな・・とニヤリ独りごちて第1投フルショット!気分いい~!
着水音は「カシャッ!」??
力んだのに加え風にも押されて向かいの堤防側壁にぶつかったようです。


「やつ」ヒー様は、一晩中狙い続けても中々釣れるものではありません。
ソイやアブラコ等に比して絶対的に個体数が少ないからです。
なのに丘から、しかも港内で狙って釣ってしまうアングラーがいるのは全くアメージング。
しかし、あの暴力的な引きの手ごたえは度重なる空振りを忘れさせる。
ともあれ今夜はオールナイトで頑張るぞ。


2投目は落ち着いてポイントに着水、よしよし、底を取ってからまず大きくリフト・・・リフトッ!
・・・根掛かり?最低!
まてよ、手元にかすかに動きが伝わってきた。

「さては・・」

果たして「やつ」はいました。
仲間が皆沖に去ったのに、気まぐれにも独り居残ってこんなところに息を潜めて(息はしないのですが)いたんですね。手応えからして、これまでで一番(といっても38センチ止まりですが)のサイズでしょう。
案外すんなりと寄って来ますが、風格のある重さは伝わってきます。
そして「やつ」は海面が近くなると急に暴れ出すのです。
しかし、こちらとしてはそれは織り込み済みなんですけどね。

自分に「落ちけ」と言い聞かせつつ、今のうちにタモの確認。
タモはマエさんを真似て先日新調した60cm玉の大振りなやつです。まずは先に玉を沈めておいて、そこに暴れる「やつ」を尾びれから落とし込むという寸法。フフフ・・隙は無い。
だいぶ近づいている、もう少し、海中に微かに「やつ」の魚影が見えた瞬間!
「ありゃ?」入った・・・
「何ぁんだか気が抜けるなぁ」
誰にも聞かれていないことをいいことに「手にしてうれしいんだけど、もっと抵抗してくれよな」などと
うそぶきながら、まあいいか、まずはNEWタモの魂入れ完了と納得。(この辺小市民)




朝を迎えてから、近くの岩場に移動し磯ロック。
NEWタモに47センチのアブで2度目の魂入れ。



よしよし、ご機嫌で秋晴れの西積丹を後にしました。
良いタモだ。
でもってまた鼻歌♪






強風のちホッケ猛爆・後編

雨風止まぬ午前2時!

意を決して移動を選択。
ヒネクレ者さん 、物足りなかったでしょう、すみません)
余別漁港に車を走らせ、いざ・・というところで、救世主が現れた!


「北の国在住のblog」tukatukaさん
から、「幌武意でホッケ爆釣」メールが?!
太平洋に進軍してるとばかり思っていたのに、まさかのメールです。
しかもタイミングがドンピシャ過ぎ。
ものの20分もしないうちに合流です。
ここまでボーズだったウサを晴らすべく、教えてもらった場所でキャスト。
弱気にサンドイール・チャートリュース


ほとんど着底と同時にハリを飲んでいました。
こっ、これは・・楽しい。。だけど、tukatukaさんが休憩していた理由が即座に理解できました。。。tukatukaさんとY氏は私が1投目で釣ったのを確認し、車に戻ってゆきました。

どうも飲まれてしまうので、ガルプは封印。

ハードでもかなりいけたとのことで、各種ハードルアーで試します。

X-80sw、
MR-X グリフォン、
ワイルドハンチで釣り、
今回のウラ目標を達成!

ズィークイッドでホッケ釣れた☆(@_@)


蔵された発光玉とブルーグローボディ(一部商品のみ)が暗闇でも存在感をアピールbyフラッター

気分が乗ってきたのでこやつでバシバシと釣ります。
シンキングで過剰なアピールをしないのでスレにくく使い易いです。

気の済むまでこれで釣り、お次はMR-Xサイクロン。
クランクでも問題なし。
・・と思っていたら、いつの間にかスレ気味に。
アピールが強すぎたかな???など思いつつ、
みなの居る防波堤先端部分に行くと。。

あわただしいオ○マ氏。。。

すでにバッカンにはキープホッケが続々と・・!!




しょうさんもユラユラホッケ仕掛け2号こってり系仕掛け(?)で入れ食いです。やっぱり釣り会の方々のコマセ半端じゃない。
外防波堤からのコマセが内防に流れてきていたところに、
内防先端のコマセ攻撃でホッケの大群は釘付け!

結局、日が明けるまでこの盛大な宴(漁)は途切れることはなかった。

オ○マ氏の釣り座


遊びで投げ竿のアワセをやらしてもらったり、逆にオ○マ氏、しょうさんが投げ竿でハードルアー投げてみたり、もうみんな余裕の釣りです。私のアワセはさっぱり(笑)で、すっぽ抜けの連発!悔しかったなぁ。でも久しぶりに魚ついた投げ竿を巻いたけど、い~い感触でした。
仕事帰りだったヒネクレ者さんは車に戻り、しょうさんも運転があるので仮眠へ。


コブさんの並継スピンパワー砲。外防波堤の大勢の方達は運がなかった。
群れはコマセが切れてもついに我々の前から動かなかった。

朝方、みなホッケ釣りを満喫し、カレイ狙いで遠投。
私は、実はこの時点でラインの換えも使い尽くし、残り10m。
ちまちまと船道をグラスミノーLでヘコヘコ動かしてると、それでも釣れる。
さすがに感慨はなくなっているが。。


↑乗車率105%。ホッケ万歳。

朝、tukatuka氏、ヒネさんも起きてきて、みんなで談笑のひととき。
ヒネさんの会の重鎮も合流し、大漁祝い(?)
さすがに午前8時ころには群れも薄くなったけど、
ちょっと覗き込むとホッケが見えましたよ。

帰り際、tuka氏の相方Y氏のJETBOILでコーヒーをごちそうになり、
しょうさんの車で大笑いしながら札幌へ。
ホッケをもらい、ラストはオ○マ氏に送迎していただき、19時間ぶりに我が家に。完全徹夜で意識を失い、起きてみると嫁がホッケを全部きれいに卸してくれてましたとさ。



強風のちホッケ猛爆・前編

今回は初の楽天ブログリンク内でのオフ会!
「投げ釣り、ブッコミ北海道」のヒネクレ者さん
(以下「ヒネさん」)
「クワガタ釣りショウ」のしょう6824さん
(以下「しょうさん」)
とin積丹、の釣りをしてきました!
ヒネさんは相棒のコブさん
以下零さん)、
しょうさんは相棒のオ○マプロさんを連れ、私を含めて5名!
ちなみに私以外は投げ釣りの釣り会に所属されております。
しょうさん達は○鱗会、ヒネさん達は○礁会、
ともに磯を得手とするメジャー釣り会です。

うしお食堂前から闇夜の磯へ。
ホッケ釣る気マンマンの私はクーラー片手に釣り場へ向かいます(これがダメ)。
降りてみると玉砂利の石がでかくて難儀します。
しょうさん達、コブさんは手前の盤に釣り場を選定、ヒネさんが根物なら絶対奥、ということで私は奥へ。クーラーが重い。。ヒネさんはすたすたと軽快に進んでいきます。15分くらい(?)歩いたところの盤で釣り開始。ヒネさんはさらに奥の盤へ。

エンカマに気をつけながら盤の先端へ行くと、釣れる気がムンムン!
グロー系のワームをキャスト、キャスト。無我夢中です。
うっ・・・根がかり・・。再度リグを組むもまたロスト・・。西風も出てきて、うねりというかウサギがぴょんぴょんしだします。6号ナツメを使ってもさっぱりワームがどこにあるのかわかりません。いつの間にか根がかりしてるのです。めげずに耐えているとコツッとアタリがあり、のった~っ!!と思うのも束の間、回収中にことごとく根がかりしてしまいます。

ちょっとツライので奥のヒネさんの釣り座へ。
すでにハチガラ、ソイ、カジカと揚げております。
ここでも激サラシ、20分しないうちにリグをロスト。

ヒネさんの投げ竿、聞けば竿は
33号負荷!
自分のルアーロッドの負荷・1オンスって何号負荷?!*だいたい7号相当っす
いや~まいった!釣りになりまへん!
ヒネさんによると、さらに奥に見える盤からルアーマンが帰ってくるのを見る、とのこと。みなさん根性ありますな。。。40分くらい巨玉砂利を歩くのではなかろうか。

結局、すごすごと手前の盤に戻ると、最初安泰だった盤が半水没している(笑)
しかしコブさんはみぞれまじりの中、立ちこみ遠投してるし(ビビッタ)、しょうさん、オ○マさんもビクともしておりません。みんな普通にしてるからまぁ大丈夫か。。ということで、盤に乗り、ヘチを探ってみます。こっちは底は砂地メインのようですが、底はかなりがちゃがちゃしてます。


そんな中、しょうさん40超アブラコをヒット!
ホッケ狙いでコマセネット付なのですが、うねりが強すぎてどんどんコマセは対岸に流れていってる様子。
やがて予報にない雨が降り注ぎ、オ○マさんに日本酒をいただきます。肝心のホッケはロウソクが数尾。ヒネさんによると、ここのホッケは朝がよいようです。


↑今シーズンから使ってる防寒着。新品のスーツに容赦なく雪・雨・波しぶき。。

みなポツポツと釣ってらっしゃいますが、私は釣れる気がしない(笑)。
なにせ根がかりの連続でリール1個はラインを使い果たしました!
ヘロヘロ~(T△T)
根気がなくなり、ついにしょうさんの車内
に撤退!!

車につくなり土砂降りとなり、みなさん一旦食堂前に帰還しました。
そんな中、ヒネさんは47cmカジカをGET!日本海でこのサイズは初めて見たかも。。

今日はボーズもあるかな~~
どうすっぺ。。。


後編へ続く!

画像が全然ないのは、念仏トンネル近辺での撮影が怖かったから、というのは本当です。かなり信心深いもので(爆)・・。



ものぐさ用シンカー

いつもお世話になっている「北海道フィッシングフロンティア 」様にて、「Z式ナツメシンカー」(ナツメおもりにパイプを挿し固定させる。ワームのテキサスリグ用、特にファイヤーラインなど根ずれの心配があるラインの保護に一役買う)の製造法が詳細に記されておりました。誠に安価に製造できる、アイデアの冴える逸品です。


めっきりと気温が下がり、手がかじかむ今日この頃。
ラインを組む手間は最小限にしたいもの。
今回は市販品でものぐさ太郎向きの、チューブ入りシンカーを紹介します。



「ワレメ式ナマリボール」(ヒワイだ。。商品名じゃないよ)

↑別々の物体。

↑入り口に挿入の瞬間

↑黒い線に見える部分はワレメからゴムが見えている
(全くヒワイではないことを申し添えます。)

このような感じで、パイプ部分とシンカーが常に分離可能です。
何がよいかというと、他の号数のシンカーとも互換性がある
(あまり号数が違いすぎると無理)ので、
ラインを切らずにテキサスリグの重さを変えられます。
冬のリグ交換を多少でもラクにする一品かもしれません。


2号で4個入り、3号で3個入りで225円でした。
高いけど、ブラシンボールよりは安い。
たくさん売ってますし。
商品名は第一精工の「フリーシンカー」。
チヌ釣り用だとのこと。




↑これは普通の(裂け目なし)パイプ入り。103円でした。
これに裂け目をつけることができれば自作できる商品ですねー。



ホッケはどこだ?!漁港貸切釣行

料理編からの続き、実釣編です。
11/11金曜夜~12土曜朝

かなりおそい出発に加え、札幌市内を脱出するのに手間取り、ようやく現地に到着すると、マエさんは釣り座に集中しておりました。すでにスカリがぷかり、ぷかり。。今回は抱卵ホッケがいるかな??という期待がありましたが、ちょっと違うエモノが!


リッパなコマイでした!
どうやら投げ釣りが入れ食いになっており、
ワームをやる暇がないとのこと。


ならばとファイヤーフライでソイを探すと、来るわ来るわ・・。手前でアタリが頻発です。上がってくるのは以下のサイズ。





私がソイ(小)と遊んでいる間に、マエさんの竿がしなる!

上がってきたのは、ヒラメ!


じゃなくて、マガレイでした~~。

私はちゃくちゃくとソイを追加。う~ん?




私がソイ(小~中)と遊んでいる間に、マエさんの竿がしなる!
あれ~~??????????????

不可抗力でタコが引っ掛かってきました。
こいつは捕獲してはなりません。
彼のその後の数奇な運命は誰も知る由もない。。


オリジナル仕掛け(コマセネット・両天秤・チヌ針砲×4門装備・ワイヤー等多数の戦艦クラスの仕掛け)
撮影許可おりず。。

本日の最小ソイ。
・・・・・・・・・・。


私がソイ(極小)と遊んでいる間に、マエさんのルアーロッドがしなる!

良ソイ!テトラ越しに抜き上げた1尾。

いや~、かないまへん!
日が明けるころ、土砂降りの様相を呈し、私は車内に戻り仮眠。。

しかし!
フィッシングターミネーターことマエさん、
竿を振り続けます。

いやホント、かないまへん!!



クロガシラガレイも追加していたマエさん。




一時スカリキープ分、ほとんどリリース。
ソイは2人で30匹ほど釣ったかな。




コマイのキープ分。先の記事のとおりおいしく食べました。


抱卵ホッケはいませんでしたが、意外な釣果でした。



アルバム
最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

やっちゃん

Author:やっちゃん
楽天ブログhttp://plaza.rakuten.co.jp/hagotoko/から移行したものです

カウンタ