エクスプロージョン

土曜日、準備万端で望んだ苫小牧沖防波堤流しは残念ながら強風中止。。
急遽ポカーン状態になったものの、天気もいいし、どこかいくべか。。出遅れているし、どうせだから偵察にいくべか。。ということで、カイジ氏と2人であまり人のいない日高に行くことに。

しかし!
門別・鵡川に行くものの、強風で流しが中止になるだけあって、釣りにならず。日が沈んで一本防波堤まで戻ってきてやっと風も収まり釣り人もいっぱい、
だけどロクに釣れてない様子で撤収。実釣時間ほとんどなく、まさに無駄足の一言。


日付変わって日曜日!懲りずに再度苫小牧流しに申し込み@@
かにぬー塾長の執念に拍手・・!
taku0287.jpg

残念ながらメンバー減ってかにぬーさん、村雅さんと3人での挑戦と相成りました。ありがちですが、勇払に着くまではドピーカンなのに到着してびっくり、ここだけ濃霧注意報です。
P6171204.JPG
これはかなり嫌な予感、目標のポイント近くでやっと視界がよくなり、
一転日焼けしそうな日差しに変わります。
P6171205.JPG
瞑想に耽る塾長。。

こういうのってコッチ方面ではありがちなんだよね。
いろいろとあってやっとこ実釣開始~とともに、村雅さん1投目で45cmアブをかけます。最初のポイントはかなり浅く、アンカーも打てない場所でかなりやりにくいです。

それでもいまや旧になってしまったらしい赤パルスでこの週末初ゲット。
P6171206.JPG
型は良いです。
ちょろちょろとアブラコをゲットするものの、本来の狙ったポイントと多少ズレていることもあり、大爆発という感じはないです。それでも魚はスレてないと感じました。

こっから長~~い移動を掛けてポイント移動。
実釣時間かなりロスします。
天候に左右されるのはボートの常ですね。

前回同様今回もシャッドに分があるようで、
ホッグはいまひとつです。まぁ普通にベイトの影響でしょうね。
P6171209.JPG
暴れ放題。写真撮らせてくれ。。

船中、ポツポツと誰かか彼かは釣ってますが、
「良い日」ではないような。
P6171211.JPG
フラッターベイツのイカワーム

P6171212.JPG
クラゲ

P6171213.JPG
良型アブ。なのに間違って小さくしてしまった。

あんまり魅力を感じない場所に長居していたので、
かにぬー塾長が船長にポイント変更を打診。

そしてついに・・。

パワーシャッドカタクチを使っていた村雅さんのロッドがブチ曲がってます、何尾かこれまでに掛けている時と明らかにバットの持っていかれ方が違います。慎重にタモ入れされて、
P6171215.JPG
デ~ンと54cmアブラコ登場。
おぉおっ!居るトコには居るんだな!
(関係ないが目隠しがなんだか似合う二人だとおもた。。)


しかし、ここまでイマイチ調子を掴めません。
村雅さんに聞くと、「フォールで食ってる」との意外な一言。
そんな活性高いワケ?!
どうもキワに集中しているわけでもなさそう。
グラミLウルメで集中してめぼしい場所を攻めると、ひったくるようなアタリと心地よい突っ込みを体感!

ここから怒涛の大連荘が訪れる!!
ボトムとってジャークとリフトを織り交ぜると
コツッじゃなくてバクッという勢いで乗ります。
P6171216.JPG
使っていたロッドはキャスト負荷限度2ozのベイトロッドで、
ココッというバイトを弾くことも当然あるのですが、
ここはもうアブラコ自らの力でフッキングしてしまうかのような勢いです。
P6171217.JPG
P6171219.JPG
P6171218.JPG
P6171220.JPG
P6171221.JPGP6171222.JPG
止まりません。

去年白老で流しやった時の比ではありません。
ここまで来たら釣りまくってやろう、
グラミLウルメ、ちぎられつつ3個消費!

42021.jpg
「ぜ、全滅?12機のリック・ドムが全滅?3分もたたずにか?...」
(なぜか浮かんだ脳内イメージ)

途中から撮影もほどほどにブッコ抜き続けます。
至福の時間は永遠を思わせ、日は沈んでいました。
計測はまったくせず釣ってはリリースしてましたが、
50cmぽいのもいたようです。
思い返すとかなり感覚が麻痺してたようです。


アブラコタイムはソイのアタリとともに終了しました。
さすがに突っつくようなバイトなんで、いつものスピニングに戻し、
メガバスのバンピーワーム装着。
P6171226.JPG
これがまたやったらとバイトがあり、
軽いアワセを入れると小気味よく乗ります。

ソイ場でないので、マゾイがかなり混じります。
サイズがあがり始めたかな!?
P6171225.JPG
というところで、
かにぬーさんが重そうにリールを巻いている。
38cmクロソイです
、これは期待ができそう!

期待を胸にシャキシャキとマゾイ・クロソイを出していると!
無常のタイムアップ。
そう、今日はソイタイムがごくわずかしかなかったのでした。



こんな日もあんだな・・と思った日曜でした。



スポンサーサイト

禁じられた遊びに入塾

室蘭沖堤をあがって数時間後・・
気がつくと苫小牧に居た自分。
目の前には、ボ~~ト
P6101168.JPG

苫小牧ボートゲーム!とかいいつつも
実際漁船タイプだったりで名前とちょっとイメージが違ったりだが、
今回はパーフェクト超人並みに「ボートゲーム」だ!









へいぽー.jpg
かなり唐突な脚色であるが、とにかく!
かにぬーさんのマイボートに塾生として乗り込んだ!
mnさんが前日乗ったので一号生筆頭は名乗れない。。

出航までドキドキワクワク・・・
走り出してこれまた見たことのない景色に感激!
喫水線が低いので、海との一体感が違う!

決して海の一部になってはいけないが、とにかく気持ちいいわ~^^


かにぬーさんの操船でゆったりと船は進む。
やや波あり。なんの障害もなくポイントへ直行。
アンカー担当となり、船長の一声でアンカリング!
漬物石?が重いっ。
根がかると船が動くとのことで、根がかりしないことを意識してリグを組む。
シンカーは10g以下と決めた。
釣りが始まると、かにぬーさんを見習いストラクチャーの際に向かって連打。
これがかなりの根がかり場で。。だからこそ魚が付いているのだろうけど。
どうも前日mnさんと来たときとは様子が違うらしく、
小さなアタリがあるばかり。かにぬーさんは小型を一尾ゲット。
流石である。

場所を転々とし、かにぬーさん良型をゲットします!
P6101176.JPG

決して入れ食いではないものの、着実に釣果を伸ばすかにぬーさん。
P6101186.JPG


一方自分は苦戦気味、↓なんは釣れた!
P6101172.JPG
今日は途中から潮の流れが急激になり、
リグが猛烈に流されるように変化!
シンカーを重くしたいところだが根がかりが気になること、
さらにリグるのがシンドイため、10gのまんま。
で、まんまと釣れませんでしたね~(笑)

それにしても、ゴムボートってもんはスゴイ。
主体的に船釣りができるんだもんね。
でも、この釣りには難敵がいます。
高速のプレジャーボートやジェットスキーはまだカワイイもんです。

P6101193.JPG
やっぱり強敵(と書いて友とは呼べない)は
フェリ~~!

背後から忍び寄ってきたのにさっぱり感知できず。。
圧殺はもちろん、その引き波の波動砲は全て(ゴムボート)を滅ぼす。。

そんな強敵です。





P6101192.JPG
帰りに見た、鏡のようなシルキーな夕焼けと水面。
かにぬーさん、ありがとう!



いっつも濃霧・室蘭沖堤

P6091145.JPG
6/9PM7~AM5

サラリーマンZさん企画のツアーで、室蘭沖防波堤に行きました。
Zさんと室蘭沖堤をご一緒いただくのは3回目となりました。
自分的には実は苦手意識のある大黒島の南防波堤です。
村雅さん、yasuさんとその彼女で5名での挑戦です!
yasuさんカップルとは初めての釣行です。

この日は濃霧、札幌とは大違いですが、
ここでは大体すっきりと快晴ということが少ないです。
また、今回は小潮と、なんとも難しい釣りの予感です。
開始から潮がけっこう流れていて、去年の苦い思い出が蘇る。。

2006/6/24の悲劇←過去記事

この時の同行者カイジ君はなかなか釣っていたので
今回はそのイメージで臨みました。
具体的には1/4oz~3/8ozのジグヘッドでロッドはスピニングを使用、
デッドスローで潮に馴染ませることを主眼にしました。
去年はデカアブの最初の突っ込みに耐え得るごついベイトロッドを新調したばかりだったためにやらなかったコトです。


さて、開始からコツコツとバイトがあるものの、いまいち乗りません。
それでもぽつらぽつらとクロソイが釣れはじめます。
ゴツッと重いアタリもありましたが乗らず!

ぽこっ
P6091146.JPG
ぽこっっ
P6091147.JPG
ぽこっっっ
P6091149.JPG
25cmが精一杯です。

ていうかサイズダウンしてんじゃね~~@@!

皆さんを見てもイマイチらしく、威勢のよい声は序盤聞かれません。
今日は長期戦、まったりいこうか!
といって去年は5時間も寝たな(笑)
そうそう、今回なぜだかキャップライトを忘れ、Zさんの予備機をお借りしました!
これがないと心もとないところ、助かりました!


気分転換に外海を撃ってみます。
すると意外に反応が濃い、しかも防波堤から5m以内の距離、
中層から上でアタリがあります。
数キャスト目で小気味よい引き、やっと乗りました。
P6091150.JPG
P6091151.JPG
室蘭沖堤ではちょこちょこ顔を出すシマゾイ君ではないですか。
27cmでした。yasuさんに写真を撮ってもらいました。
これは参考外だなぁ~~。
というかクロソイは???

yasuさんも外海撃ちをはじめ、
並んでおしゃべりしながらほぼデッドリトリーブしていると、
先ほどよりいい感じの引きです!
30UPぽい!
とりあえず引っこ抜きます!
おや???
P6091152.JPG
またシマゾイじゃぁないですか。
30cmいちおうありました。

嬉しいんだけど、妙です。
みなさんも全然クロソイ釣ってないらしい。
シマゾイも確かに居るけど、クロゾイが先に30UP釣れてくるのが普通のはず。
なにが起こっているんでしょうか。
ここまで全部ゲリヤマのファットイカで釣ってます。

この後、潮止まりになり、休憩~~!
P6091154.JPG
6月でもまだ冷える室蘭防波堤でカップ麺をごちそうになりました。
それにしても、この後はアタリがさっぱりなくなってしまいました。


P6091155.JPGP6091156.JPG
Zさんから、イワシ沸いてる!との声が。
見ると防波堤の際の段差に打ち上がってます。
弱ったのが水面で跳ねていたので・・・・
2週連続でカタクチイワシをタモですくいます!

Zさんはリアルイワシリグでソイを釣ってました(笑)
自分もやってみましたが、上手く活かすのが難しく、すぐに死にエサに。。
いや~それにしてもマイッタ!
ソイがイワシ食ってワームに見向きもしないってのも2週連続っすよ!


こうなってくると、イワシがいなそうな場所を探したくなります。
潮が最も複雑であろう周辺を、村雅さんからもらったメガバス・カウンターグラブ(だったと思う)であくまでソイを意識して7gジグヘッドで探ります。
極小バイトがあるけど決してのらない!
こりゃー豆ソイかガヤっぽいなぁ~なんてコトを思いつつ、
執拗に同じ場所を攻めていると、向こうあわせで(えっ?)乗りました。。

(以下脳内)

あれっ?
ソ・・イではない!(残念)
ゴンゴン来た・・あぁ・・アブ・・でもこれはこれでけっこうでかいかも?!



水面まで寄せると、にわかに信じられないのですが、アブラコが横に走ります。。
プッ!なんだこの逃げ方!と思います、
どうみてもブチ抜けそうもない(8ポンド)ので村雅さんにタモ入れしてもらいました。
P6101157.JPG
P6101158.JPG
50UPならず!村雅さんに計ってもらいまして、48cmでした。
24時台にアブ釣った記憶がないな・・はじめてかも。

ここのアブラコって、どうも妙なアクションをします。。
信じがたいかもしれませんが、
2006/6/18にはエラ洗いバリの水面ジャンプにてデカアブにライン切られてます。
これはマジで見せたかった!別の魚みたいでした。


この後、予定通りの睡眠タイム!
たっぷり3時30まで寝て、早朝のアブラコタイムに期待です。
し、しかし状況は好転せず、相変わらず小ソイが目立ちます。
yasuさんカップルは順調に魚種を増やしていました!

P6101159.JPG
マゾイももうちょっと大きさが欲しいところ。

この日の潮まわりはAM5時に潮止まりの干潮。
いつもは期待のアブラコもフィーディングタイム無しでタイムアップ~!

朝も霧の白鳥大橋!
P6101163.JPG
予定を組んでいただいたZさん,ラーメンくれた村雅さん、ありがとうございました!
yasuさん達もご一緒することがまたあると思いますのでよろしくね。


さて・・午後からは流れ釣りだ!
近日UPします@@
P6101169.JPG





苫小牧沖堤流し釣り

いまやいまやと待っていた沖流し、今年一回目に行ってきました。
かにぬーさんに船の予約・交渉をしていただき(毎回感謝です!)、
SHINCOさんしげさん、村雅さん、mnさん、カイジさん、総勢7名での出陣となりました。


P6021110.JPG
スタートからしばしの沈黙。
天気は最高です。ただかなりの凪、これがどう影響するか??

まず船初挑戦のmnさんがカジカ、アブを釣り上げてます。
見るとかなりのライトロッドです、ツインズパパさんの先週の記事を見てもライトロッドの優位性を感じていたので改めて納得です。
小さめのアタリがあるけどのらない、その乗らない魚が拾えている部分、あると思います。
私は今回は10~14gまでのシンカーで通しましたが、ツインズパパさんの影響を受けております(笑)RFカグラ欲しいなぁ。
P6021111.JPG
私の本日の一尾目はグラスミノーLのナチュラルゴールドでした。
最初アタリが少なかったのでガルプ使いましたがそれでもピンと来ないので、グラミをブリブリと巻いたところ出ました。

P6021113.JPG
みなさんの雄姿!タックルボックスが山積み。。
自分はこの手のボックスは使いませんが、もともとボートや船でこそ真価を発揮するものですよね?一個買ってみようかな。
ちなみにSHINCOさんのスーパーな道具箱も便利そうでした。

P6021114.JPG
連発とまではいかないまでも、グラスミノーL金ラメおよび銀ラメで釣ります。
定番はいつまでも強いです。
新製品だけが爆釣!・・なんてことはない良い見本のようなワームですね。

P6021118.JPG
しげさんは初船流しとのことでしたが、匹数だしてらっしゃいましたね~!
ブッコ抜いてます(笑)

みなさん、ポコポコと釣り出し、タモ入れ3連発なんていう至福の脇役もこなします(笑)

そんな中、水面でなにやら小魚が。
船長「カタクチだぁ~、すくってエサにすればソイ入れ食いだぞ~」
とかいうもんだから、頑張って船の備え付けのタモですくいます!
でも、網の目がデカいんだよ!すくってもすくってもスルリと逃げますが、金魚すくいの感じで2尾ゲット!
船長「水くんで活かしとけ~」
とかいうんで、船尾のバケツに水をくみにいき、
船首にもどるとカタクチイワシがいない?!

なんと!かにぬーさんと村雅さんがすでにカタクチをリグってるじゃないですか(笑)この後、めげずにもう1尾すくいソイ用に活かしましたが、役にたつことはありませんでした!!

P6021115.JPG
本日は型がいまいちパッとしません。
30cm台なんてあんまりお目にかからないんですが、けっこう居ました。

P6021122.JPG
P6021121.JPG
移動したテトラ地帯で本日最大アブラコ。イワシヘッド+デスアダーのスイミングで釣りました。
こういうロケーション、自分的には大好きです。
昨年の白老流しを思い出します。
船尾からのキャストで掛けたので長いことファイトを楽しめました。微妙に50cmには届かず。

P6021120.JPG
P6021126.JPG
P6021127.JPG
以降、↑の感じで釣りました。全部デスアダーです。
今回はソイはあかんでした。
次回以降に期待!

P6021130.JPG
締めはかにぬーさん推薦の千歳「一騎」で!
夜けっこういい時間にワァァ~っと押し寄せたので、店員は何の集まりかと思っていたかもしれません(笑)



アルバム
最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

やっちゃん

Author:やっちゃん
楽天ブログhttp://plaza.rakuten.co.jp/hagotoko/から移行したものです

カウンタ