スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴムボート・チャレンジ

10/27(土)

ひさびさのベタ凪予想の週末。
かにぬーさんのゴムボートにお誘いいただきました!

PA271827.JPGPA271826.JPG
合流して道具の積み込み。
ロッド・ウェア・ライフジャケット・ブーツケースの4点のみです。

ライジャケはMAZUME、嫁も船使う釣りに連れて行く機会がでてきたので自分用に購入。収容力にすぐれており、シンカー類・ワーム・リール・プライヤーその他全部つっこめます。身軽さが重視される場合に重宝しますね。

かにぬーさんも久々の出船とのことで機関チェック。
36号線が混んでたこともあり、かなり遅い開始となりました。

PA271836.JPG
短時間の遊びになる可能性があるため、ガルプでスタート。
相変わらずゴムボート上で写真をとるのは難しい。。。
開始早々、カーブフォール、放置の消極戦法で釣果がでます。
27~31cmのソイ、連続ヒット。
かにぬーさん34cmゲットです。
ゴムボートではいつもすこぶる計測が困難です。

もっとも、活性自体はすこぶる悪く、魚は底にひっついています。
ハデなアクションに全然のってきません。
まぁ4時台だしね@@

ガルプをマレットチャート→マレットホワイト→パルス赤でローテートし、
どれもそつなく釣れましたが、潮の流れがぴたっと悪くなるとシブくなります。

30分ほど反応が悪いのでちょっと動いて潮通しがよさそうな場所で、クロソイ以外の釣果がめだつように。

ガヤ(20cmちょい)・マゾイ(25cmまで)・ドンコ(40cmまで)・ケムシカジカ(35cmまで)など(画像なし)
今回の発見として、40UPドンコは引く!こと。。
30UPソイでも元気ないやつがいるので、そんなのよりよほど引きますね~!
この時間帯にクロソイ35cm1本出ました。(ピンボケ画像しかなし・・)
立派なドンコにかにぬーさんと大笑い。海上で大いに響き渡っていたことでしょう(笑)


盛りだくさんで魚を見れた余裕もあり、
ワームをハゼドンマグナム(黒金)に変更。
そろそろ浮いてきたであろうソイのサイズアップを狙います。


PA271841.JPG
このワーム、ガルプ並みに釣れます!
フォールでもスイミングでもジャークでも放置気味でも、
激流を漂流しつつアタリを出すので好きです。
定位させつつ、上記の動きを混ぜる使い方してます。
軽いシンカーでの使用が本懐なんでしょうが、7g以上で使ってます。

PA271842.JPG
マゾイはサイズ出せず。

PA271845.JPG
今回のソイはスリムなのばっかりでした。
かにぬーさんの釣ったソイから出てきたのがエビでしたし、
なかなかソイが中層に浮いてくる感じなかったですね。


沖に遠投で大物探し中、ハゼドンマグナムがザックリとイカにやられたので、
一度も良い経験のないパルスワーム6インチCGBFOにチェンジ。
すると、かなりの好反応!


PA271849.JPG
思い切って多少底を切ったスイミングに切り替えると、
やはりデカめのソイが釣れます!


PA271850.JPG
意外にも20cmちょいのガヤもアタックしてくるんですね~、
カラーが合ってたのかな。(正直、チェリーキャンディシードで釣れる気がしない・・)


PA271851.JPG
クロソイはBIGは出なかったものの、30cm越えが余裕で一人二桁、
超ベタ凪で満月、警戒心の強いなか、いっぱい釣れて大満足の釣行となりました!
かにぬーさんありがとう~!



スポンサーサイト

テーマ : ルアーフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

伝道師(エセ)

寒い!
水温が下がりきる前に、気温がさがりきっちまったぁ!

午前1時スタートの過酷な苫小牧ワームフィッシング、
投げ釣りの大会を前日に控えた
しょうさんと2人での釣行。

しょうさんはほんまもんの釣り会所属投げ師、
大会でも港内での釣りになることもあるそうで、
大会にワームという選択肢を加えるべく参戦いただきました。 

さすがに現地は無人・・
しかも開始からアタリがでてこない。
基部のほうから先端へ移動し、夜アブゲット。
って、またアブから先に釣れるのかい~@@
PA131784.JPG
バケツガルプは釣れますよ~。


しょうさんは、手持ちのダイワのソニックアーム・ソリッドレッド
で小型のソイをあげ、その後にヘチ釣りで、
で、でました~のケムシカジカの40cm前後を釣る!
さすがに釣りなれている方なので、すんなりと釣果をだしてます!

PA131790.JPG
自分はというと、ギ・ギスカジカ・・?

PA131792.JPG
ソイも27cmまで、といういまいちな結果でした。
あまりにも寒くなってきたため、午前4時(それでも3時間も)に終了。


珍しく日曜出勤のため、週末の釣りはなし・・、
8年ぶり(?)に「独多日(ひとりたび)」で晩メシ。

札幌市北区北35条西5丁目(麻生自動車学校隣)です。
PA131801.JPG
学生時代、桑園のJRAで警備員のバイトをしていたころによく行っていた店。あいかわらず人気のようで安心しました。

PA131800.JPG
名物のビーフリヨネーズ。
学生だったころ、オサレな洋食屋というより、漫画喫茶的に使っていましたよ。予算もかなり安いしね!(日替わりディナー800円くらい)



「点と線」

朝霜の薄化粧の装いとともに始まる月曜朝。
休日勤務のストレス、潮回りの良さから、平日釣行を試みるべく朝から企む。業務終了後、バイトより早く職場を去り、単騎、高速に乗る
、激寒が予想される苫小牧へ。

速攻で準備してキャスト開始が19:30。
月曜というのに、ウキ釣り師が4名ほど、ワームの人が3名ほど。
ワームの方に伺うと、一人1・2本程度とのこと。

明日も仕事なので出来うることなら早く結果を出して帰りたいので、最近反応が最も良いバケツのマレット・チャート、10gジグヘッドでキャスト。
ここは潮が早い。みな、沖にキャストしているなか、入射角30度でやや平行にリトリーブするとゴンッとヒット。

PA151804.JPG
さいきん小型ばかりだったので抜きあげ感覚に自信がなかったのでタモ入れ、いきなり30cm超。



ウキ釣りの人たちは一点を集中して攻めている。
聞けば、沈み根があるとのことで、真上を狙っているそうだ。
ぽつぽつだが、良さそうなソイをあげている。
ならばルアーの利点の機動力、「線」の釣りでいこう~!
ウキの方が集中しているのでスペースが空いたところへキャスト、説明しても伝えられないが、流れが早いときに多用する、流れの中で定位・漂流
を繰り返させるイメージのロッド操作。

ポイント変えて2~3投目でヒット、
今度はタモは要らないのを確信、同型の32cm。
PA151807.JPG
ウキの方も言っていたが、意外に引かない。
太平洋のソイといえばファット感がたまらないんだけど、
そう太ってはいないよう。


ここまでで開始1時間、2匹しか釣れてないが型がよかったので「釣れず疲労」はあんまりない。にしても寒い・・。
この後もスマッシュヒットなし、いやドンコ釣ったか・・。
アタリはあるものの乗らない時間が続く。


PA151814.JPG
ウキの方が帰り支度をはじめ、会話中にひさびさのヒット27cm。
ガルプパルス・レッドで。かにぬーさんいわく、秋はホワイト系よりもブラック
などソリッド系が良いらしい。かにぬーさんはブログに書いてないことが多いけど、苫小牧の夜の船流しのヘビーユーザーだ。


結局、まわりに人がついに居なくなり、おそらく気温1℃・・。
にしても、ウキの人は点の釣り、ソイの溜まり場で釣るイメージで、
ワームでは線の釣り、潮通しのよい回遊ソイの通り道で釣るイメージ。
両方を経験した方がより正確に釣り場を観察できるに違いない。
ウキ釣りの利点、これは遠目でアピールし続けられることだろう。
やってみようかな~と毎年思うけど、踏み切れないんですわ。


さて、さっそく空いたスペースにキャストして一投目。

するとどうだろう、
ここまでで一番のティップの刺さりこみ、、、懐かしいこの感触は!

こりゃ要タモ案件だ~、
やや苦戦しつつ揚陸、
PA151811.JPG
ディ・モールト(非常に良い)!
(また元ネタがわかりづらいものを使ってしまった)

PA151812.JPG
37cm。
秋のソイ夜釣り専念の結果がここで出ました。
2匹目のドジョウを狙うも、あっさりと根がかり。
潮の動きを感じなくなってきたので実釣2時間だけど意気揚々と帰宅したのでした。

2時間で32,32、27、37cm・・計4尾(のみ)。
活性高いって言えるのかな???





ざわ・・ざわ・・






 

 

 

 

 

 

 

 








平日なのに~釣りいってきたお
⊂二二二(^ω^)二二二つとぅっとぅるーんるん

らい!らい!らい(^ω^)テンションギザタカスwwwwwwww

海きめえwwwww深海きめすwwwwwかわゆしwwwwww


...(^ω^;)(;^ω^)...
どきんちょどきんちょ






 

 

 

 


wwwwww(^ω^;)(;^ω^)ギガントカリカリマキマキwwwwwwwww

 

 


PA091781.JPG
ギガントながすwwwwwww
色しろすwwwwwww
そして状態よすwwwwww


釣れてくれてギザまりがとうございマミタスた
(゜∀゜)(゜∀゜)(゜∀゜)(゜∀゜)━━━━━━━━━━

(^ω^)ハピナスハピナス


ソイにはあえなすた(´;ω;`)
でもごめん、正直あぶイラナスwwwwww(^ω^;)(;^ω^)







 

 

 

 

元ネタわかりますか?
もうしませんm(_ _)m

 

 

 

 

 

 

 



 



読めないなぁ・のソイ釣り

この週末は室蘭を起点に船を絡ませてソイ釣りを楽しむ予定だったものの、
風と波で結局はおかっぱりオンリーになりました。

10/5夜

仕事が終わり速攻で苫小牧西で竿を出しました。
今回は単独釣行。できれば短時間で結果を出したいところ。
一等地には入れず、やむなく第2候補の場所でスタート!
浅いのと根がかるので3.5gのジグヘッドにガルプアライブ。
珍しくバーブレスフック使用。単に投売り商品を買いだめたから。。

さて、周りにはソイ狙いの釣り人がけっこう居るが景気よい声は聞かれない。
何気なく放射線状にキャストしていくと、一発ズシッとした魚がかかる、
テトラに引っかからないように抜きあげ~^^

PA10.JPG
なかなかマッチョな今週の一匹目!
雰囲気から30cmを期待するも、何度計っても足りない~


アタリがあるポイントは一箇所しかなく、執拗にその周囲を探ると、
これも良い重量感、どうかな~??
PA20.JPG
ここ最近、確実にソイが太ってきています!
引きがかなり楽しいです。
こねくりまわしてもやはり30cmには届かない!


ここでアタリが遠のき、しばしの静寂。
周りの釣り人も引き上げていく方が多いです。
ここでちょっとパターンを変え、7gジグヘッドにグラミL夜光のスイミングでヒット!
遠めでかけているからかズシッと重さを感じる、手前の根をかわして引っこ抜きます。
PA30.JPG
微妙にサイズダウン!
この日はどうも良い型が回遊していたのか、小型がさっぱり掛かりません。
ガルプ+3.5gという自称「チンタラ釣り」なので20cmくらいの小型が混じってもよさそうなもんだけど。
潮まわりなのかねぇ~?

結局、この後はさらにサイズダウン1尾っで続かず、でした。
釣り会(三流会さん作成でしたっけ?)の台座に感謝し引き上げました。



10/6夜

本日は室蘭のフレンド21でのソイ釣りが中止に~、風が強いようなので
嫁連れて連日の苫小牧に。今日は前日出来なかった第一希望釣り場。
前日の情報では30超えのソイが5・6本出たと聞いていたので期待は大。

ところが・・


PA061757.JPG
メガバス・バンピーワーム・ボーンシュリンプにて。
今日はメガバスワームにて遊びます~

PA061759.JPG
同じくシュリンプにて。



アレ?!
ドンコって、ガルプとかグロー系のワームで釣れるもんじゃあないの~?
教えてyasuさん!


PA061762.JPG
嫁・同じくボーンシュリンプにて。

PA061764.JPG
なぜだ~昨日よりソイが小さい!

潮まわり、ポイント、時間帯。
昨日よりもどれも良い条件と思われたが、結果はサッパリだ!
これはいまでもナゼかわからん。ベイト関係なのかな。
とにかく良型が居そうもない。


じゃあデカワームで!
ハゼドンマグナムでドカーンとキャスト。













PA061766.JPG
もう今日は帰ろう。


PA50.JPG
ジャスコ近くの安い丼モノ屋。
24時間営業なので助かります。



さて、日曜夜は荒れるから釣り以外だな。
(今秋はソイ夜釣り専念希望!)
と思っていたら、嫁さんからなぜか「釣りいこう!」と頼もしい声。
奇跡がおこったようだ。
さっそくyahoo天気予報をチェック。夜遅くはどこも強風のようだ。
石狩、小樽は札幌よりも状況がよさそうだ。でもあの予報はアテにならないしな。
「いってみるしかないでしょ!」とまた嫁の滅多に出ない一声が!
今日はどうしたのだ、嫁さん?!

10/7夜

バカ夫婦はなぜか野塚まで来てました。
しかもやっぱり着いてみると風あり。
ボウズもイヤなので、日司漁港でスタート。
外灯の切れ目にキャストするとすぐヒット。

PA071768.JPG
ダブルで小ソイ。
やはり型は期待できない~。

でも新たな発見が!
この漁港、ひさしぶりに来たけど面白すぎ。
”漁港先端の船道”全体がこうこうと照らされていて、浅いので底まで見える。
この条件を満たしている港は以外に少ない。
ベイトやらソイやら丸見えなんだよね。

とにかく小魚のたぐいが豊富なんだけど、20cm~25cmのソイが6~8匹ほどの群れをつくり、防波堤沿いに港内に入っていく。
知識としては知っていたけど、実際にソイが群れをつくってキレイに団体行動しているのはじめてみました。

で、ワームを投げると、デカそうな魚から追っかけてきた、でも明るすぎるからか食わなかった。なるほど。。群れのサイズにもよるんだろうけど、
「連続ヒットしたけど型が落ちてきた、そんな時は違う群れを探したほうが型がでやすい」
これは信じられそうだ。

で、せっかくここまで来たけど雨足が強くなり、小樽方面まで天候を見ながら退却することに。美国・古平は嫁の強い希望でスルー(テトラに乗らないと近投ではなかなか良型がでないため)。余市も雨はふっていたので、小樽まで雨中のドライブ。今日は天気は悪いが嫁さんの活性は高い。

小ソイと戯れるのはイヤとのことで、小樽でまともなソイが釣れそうな場所へ。
人気ポイントのはずだが無人。やはりシケて危険なのか?
さきっぽまで下見したがまだ波はかぶってないようだ、これから満潮に向かうので長時間は危険そうだが、30分はもつとみた。

先端付近で開始、ガルプアライブで速攻でキャスト開始。
正直ここはボウズありかな、と内心思っていたが、嫁さっそくヒット~。

PA071774.JPG
しっぽ曲がっててスマン。俺、写真テキトーなんだよねん♪
おぉ~。
見ていると、ここにきて嫁のキャスト音が鋭くなっている、どうしたのだ!
やはりノッていることが影響しているのか、また嫁にヒット、しかもRFB610Mがなかなかの曲がりを見せている、「そのまま・・」と声をかける刹那、嫁さんロッド立てすぎ75度!
バレました~。アワセが弱いのとロッドワークの課題は持ち越しだ。

数秒後、自分に心地よいヒット!
ライトロッドのソイ釣りも気持ちが良い^^

PA071777.JPG
嫁さんのバラしたソイを横取り?

後は続かず、波かぶりはじめたので退散しました。
本日は清く正しいおかっぱりでした。

PA071778.JPG
札幌も雨・これにてこの週末は納竿となりました。



アルバム
最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

やっちゃん

Author:やっちゃん
楽天ブログhttp://plaza.rakuten.co.jp/hagotoko/から移行したものです

カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。