苫小牧ボート・本日、だいまナイトデー!

だいまさん、コージさん、カイジさん、ワタシの4人で
勇払から流しに行ってきました!

P1010009.JPG 
コージさんのデリカD:5で余裕の到着!
運転ありがとうございましたm(_ _)m
だいまさんからガルプのプレゼントもいただきました^^


P6280112.JPG
本日、勇払マリーナにはロックフィッシャーいっぱいです。
4人+2名と2グループでの出航とあいなりました。


まずは定番の沖堤裏のテトラ帯を攻めます。

とりあえず誰も出ません。

到着あたりが潮どまりなんでまぁしゃあないといった感じです!

移動をはさみ、カイジさんが40cm中盤のアブラコをヒット、
他の方もぽつりぽつりとアブラコを釣ってます。 

P6280113.JPG
実は、今日はどうにも、他の船が叩いた後にポイントに入る展開で、
先行の船では反応がかなりあるそうなのですが、
こちらでは出涸(枯)らし状態です。

P6280114.JPG
船尾からスピニングで気持ちよくキャストして初ヒットはホッケ。
最近はどこに行ってもホッケに異様に好かれているワタシです^^;

P6280115.JPG
ヘチにキャストしてもあまり反応がよくなく、ボトムをぶったたいて釣る感じ(らしい)です。
なんせ、アブラコが私に釣れません(笑)アタリも弾いてしまい散々です。
去年の同じ時期にスイミングで大・大爆釣した記憶が良くなかったカモ。


P6280116.JPG
ここにきてもっとも好調なのはだいまさん!
不思議なリグでアブラコをどんどん釣ります!
って、昔から使ってらっしゃるダウンショットなどなどでしたね、
経験がすごいお方です!
(私は覚えてます、”だいまさん持ち”を・・)
コージさんもアブラコを釣ってます、流しは意外にもはじめてとのこと!
歴が長い方なので本当に意外でした。

P6280117.JPG

順調に夕暮れ・・・

アレ?!



全然釣れてないんですけど。



そう、本日ははっきりいって生体反応が薄すぎでした。
ここから威勢のよい釣果など、望むべくも無い、はずでした。


ソイタイムになっても、誰もまともな一尾すら釣れない。
アタリが全くない。
行く先々で先行している某船ではそこそこ釣っているらしい。

さすがに焦ります。

ここからは集中して望みます、
なんとか得意のパターンでソイゲット。
ポンポンは続かないけども、途中からかなり早めにアブラコを諦めて、
完全にソイ狙いにしていたのでなんとか釣ります。

写真撮る時間ももったいないので画像はそこそこです。


P6280118.JPG
土産もいちおう確保。サイズ入れ替えあり。
ライトリグでのカーブフォールとストップ&ゴーの繰り返しの、
いっつものやり方でした。

と、ラストあたりでかなりいい引き!
これは要タモ案件だ、よっこらせ~とタモ入れしていただいて、
30cm後半のようで一安心。

タモにからまったリグをはずそうとしていると、
後ろからだいまさんのロッドがやばそうな曲がり方をしている・・・!



P6280119.jpg
デカッ!だいまさんやりました♪

ボトムから切ったところでズドンと来たそうです。

詳細はだいまさんサイトで!

と、いうことで、非常にやばい成果で終わりそうだったところを、
だいまさんの一撃で挽回した感じでした!


P6280128.JPG
管理人のお持ち帰りソイ。
(だいまさん持ちは出来なかった!)

P6280122.JPG

出涸らしはやっぱりツライ!


にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ


スポンサーサイト

天売島・羽幌・苫前・小平・留萌・増毛

天売島遠征も3回目ということで、趣向を変えて、今回は、"淡白フォトグラフ風"でお届けいたします。

P6210041.JPG
●札幌発、羽幌町行き道中にて。

P6210046.JPG
●羽幌港より車の積み込み。見ての通り多くは積載できません。

P6210047.JPG
●焼尻島を経由し、天売島に到着しました。吐いた方がいました。

P6210048.JPG
●天売は海鳥のウトウの繁殖地として有名です。

P6210050.JPG
●ウトウの繁殖地、赤岩前。ウトウは海に潜って魚を食べます。

P6210052.JPG
●天売島の標高がもっとも高いエリアより。焼尻島を望む。

P6210054.JPG
●島の西側の絶景ポイント。海鳥の多さに圧倒されます。

P6210055.JPG
●無人の天売島外防波堤にて。


P6210056.JPG
●アブラコをもってみる筆者。

P6210060.JPG
●アブラコを計測してみる筆者。

P6210061.JPG
●小さめのアブラコもよく釣れるようです。

P6210062.JPG
●クロソイもいます。全道各地に生息しております。

P6220065.JPG
●今日のクロソイはそう大きくはないようです。


P6220075.JPG
●日中もクロソイはいます。底荒れのため海草ごとひっこ抜きます。

P6220066.JPG
●ホッケはいやという程、顔を見ることになります。

P6220071.JPG
●筆者のホッケ自己記録が更新されました。

P6220077.JPG
●ガヤです。天売はこの春より、ガヤ天定食を島をあげてPRしてます。

P6220080.JPG
●ガヤは50尾ほど釣ることができました。

P6220078.JPG
●ハチガラというムラソイの仲間です。釣り人しか知らない魚です。

P6220084.JPG
●ガヤが増えたせいか、ハチガラの顔はあまり見れませんでした。

P6220070.JPG
●前浜漁港外防波堤です。ここでも焼尻島を望みます。


P6220072.JPG
●日没は防波堤でなく、絶景ポイントで拝みましょう。


P6220083.JPG
●天候がよければ、奥に利尻富士を望むことができます。

P6220086.JPG
●快晴ですが強風でした。

P6220088.JPG
●ツアー客はこれら商店にお金を落としていきます。

P6220091.JPG
●高速船さんらいなぁです。車は積めません。


P6220098.JPG
苫前は風W(ふわっと)という道の駅があり、風車を見ることを推奨してます。


P6210043.JPG
●小平では鰊番屋でニシン漁の面影を偲ぶことになります。

P6220102.JPG
●留萌市黄金岬は旭川人にとっての海です。観光客の多くを占めます。


P6220103.JPG
●見慣れぬ海でちっちゃいカニをとって喜びます。

P6220106.JPG
●増毛は駅「STATION」のロケ以降、避暑地PRです。マリーナ有り。

P6220108.JPG
●増毛といえば国稀です。酒豪の嫁が試飲しました。

P6220107.JPG
●壮観な国稀です。名水でつくるおいしい日本酒です。


P6220109.JPG
●国稀のとなりのかまぼこ屋では、えびかま天
をいただきましょう。




太平洋おかっぱりもいい感じ・小アクシデント有り

ヘッドライト・テールライト

作曲 中島みゆき 唄 中島みゆき

語り継ぐ人もなく

吹きすさぶ 風の中へ

紛れ散らばる 星の名は

忘れられても

ヘッドライト テールライト

旅はまだ終わらない

ヘッドライト テールライト

旅はまだ終わらない

*******************************


P6140021.JPG
P6140022.JPG
P6140024.JPG
P6140025.JPG
P6140027.JPG
P6140031.JPG
P6140033.JPG
にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ

にほんブログ村 地域生活ブログ 北海道情報へ

にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
6/13 PM6~10あたり

日曜出勤なので、今週は近場でおかっぱり!
ひさしぶりにN君と釣り。
N君は「安全釣行祈願」というブログをもっておりカイジというHNとなっている。
と、到着と共にアクシデント!ワタシの不注意でウェア及びヘッドライトを忘れてくるという失態。ウインドブレーカーを借り、ヘッドライト無しで夕まずめからの釣りに望む。

6月中旬といえば、どこもかしこもハイシーズン突入、仕事などしている場合ではないのだ。hojoさんしげさんもおかっぱりで良ソイを水揚げしている。

ということで夕まずめ、一発目のアタリ・ドラグがキュンキュンなる強引な引き込み感覚!ヤツだ、アブラコだ~、で、40cm。(パンプキンシードで。
N君にタモいれしてもらう。

お次はいつのまにかのっていたまだ明るいうちのクロソイ。(パルス白で。
ちょっと型がシーズンと違うな。

今日は強風、一定方向しかキャストできない悪条件。
エサ釣りの人もワームの人も狭い範囲を探っている。

やっと暗くなってまた暴力的な引き、さっきより型がよさそうだ・・またもドラグが鳴る。
今シーズン、セルテートのスプール変えたのだけど、流石に使い心地よし!
しかし6ポンドフロロできっちり寄る、42cmアブラコ
再度N君にタモ入れしてもらった。
タモにからまり暴れるアブラコ、ヘッドライト無しだとよくわからん状態に・・。
釣ることよりも苦戦。

ここら辺で、エサ釣りの人も含め、上げ潮で好条件にしてはいまいち魚影が薄いことがはっきりしてきた。東北の地震で、胆振も震度2あり、余震の懸念もあったので、その影響があったのかどうか。たぶん強風でアタリを取りきれてないのもあった。アタリも小さめなのが多く、ややハードなロッドのN君は苦戦中。

気分転換で根がかり頻発地帯でボトム叩くとマゾイ(小)。
ヘッドライトないとロストしてからがタイヘンだ、N君に照らしてもらったり、携帯のフォトライトを駆使してリグを組む。目を閉じていても組めるというウリのハングドマンノットを使ってるが、糸を通すのはキツイ。

こうなりゃデカワーム、メガバスのデカグラブ夜光にチェンジ。
ジグヘッドも5gに落としてやや表層を漂流気味で流してやると、やや重量感あり!
まっとうなサイズのクロソイ。31cmありそうだったがきっちり計ると30cm。
明日仕事なのでオールリリース。
ヘッドライトないとこれを針からはずすのもキツイ。

この後、追加のソイはサイズダウン。どうもアベレージは低いようだ。
N君も20cm後半釣ってた。今日は多くは望めないという判断で、即、キープしてた。
風もないし基部に戻りつつ釣りするか・というところで、N君から「やばっ!」の声。
見るとヘッドライトが風前の灯火ではないか・・
(ここはアレだぞ、「やや」きっついぞ・・・(笑)!わかる人、わかってください。)

足を滑らせ、☆になるかも?など想像し、
自然に中島みゆきの曲が頭に浮かぶ。

語り継ぐ人もなく
吹き~すさぶ・風の中へ
紛~れ散らばる・星の名は
忘れられても
ヘッ~ドラ~イト・テ~ル・ラ~イト



戻りつつ釣りどころでなく、そろりそろりと歩を進めつつ、やや冷や汗をかきつつ車に戻ったのはいうまでもない。結局、危ない瞬間もなく戻れたけど、人間の目というのは暗いと高低とバランスの感覚がかなり悪くなるのを再確認した次第。

地震直後で装備含めて慎重さが必要なのに、しょうもないことしてしまったなぁ~~、
反省。



アルバム
最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

やっちゃん

Author:やっちゃん
楽天ブログhttp://plaza.rakuten.co.jp/hagotoko/から移行したものです

カウンタ