スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十年一昔 石狩沖防波堤


週末に毎年1~2回渡る石狩沖防波堤で夜釣り。
時期的に混んでいて、白の方に先陣が降りていたためか、今回は赤に降りることとなった。
気温はこの時期にしては低く、風も強いのでどうなることかと思ったが、風は序盤のみ。しかし霧がかかっていて視界が悪い。

いい 

最初のアタリがなかなか無かったところ、ガツガツとくいついてきたのはアブラコ。まだ明るい。流れが速かったのでベイトタックルではじめた。 

あうう 

やや暗くなり、ガヤ。
防波堤から10m以内でのアタリ。もう少しサイズあればおもしろいが、こんな型ばかりだったので、途中からガヤらしきアタリは捨てることにした。

あえええ

暗くなってもソイが釣れず、スピニングで浮かせたりしてみるものの駄目。
どうも居着きくさい魚しか反応がない。
数釣りしたかったので、足で稼ぐことにした。スタートから大物狙いとしては絶好の位置でやっていたのだが、途中で断念してしまうので、やはりなかなか大物には出会えない。
移動しながら遠投していくと、まともなサイズの上画像のソイ。
 

あおお 

その後は釣れるものの、平均サイズが落ちてしまい、まだまだ釣れている中で迎えの船の光が見えてタイムアップ。
終始、釣れるのはベイトタックルとパルスワームで底を叩いてのもので、回遊ものにはあたらなかった。

今回石狩沖防波堤に乗った後、自分の過去記事を見てみたら、ブログ上では2006年が初の石狩沖防波堤記事で、記事中の記述で2004年に初めて乗ったことが分かった。いや、思い出した。今年で丸10年とは感慨深い。はじめてワームで魚を釣ったのもここなのだ、投げ釣り中にイソメ切れで止む無く借りて使ったグラスミノー。これはよく覚えている。
また、2006年の釣果画像もパルスワームばかり映っていることにも苦笑した。
特に記載してないが、今回の同行も同じメンバー。もはや定番恒例行事。
いまとなっては記事にしなかった年があるのが勿体ない、いや、書けない時期だったからどうもならないのだった。
そして毎週通いつめるほどの熱意はないのも恒例なのだった。

さらに、開設直後は野球ネタも盛り込んでいたことも発見。
2005年に撮った現ヤンキース田中将大投手の画像(かなり小さくしか映せてない)があったり、2006年シーズンにダルビッシュに阪神が完封された試合の観戦記もあったり。文体も話題もあっちいったりこっちいったりなのが自分らしいし、20代のころに何をしてたかわかるのも良い。
惜しむらくはこの楽天ブログというものが、記録の器としてはすでに終わったコンテンツであることだ。あまりにも制限が多い。内容移行をするエネルギーが湧くかは自分でもわからない。

スポンサーサイト

実家巡り2014GW

腰を据えて取り組まねばならない一つの壁あるいは課題、これをやっと達成し、今年は久しぶりに釣り道に復帰できそう。といっても丸一年竿を出さなかった年なんてないのだけれども、ともかく、趣味に費やせる時間が取れそうな今年度。

石狩沖防波堤で開幕する年が多いがタイミング合わず、帰省のついでの釣りがスタートとなった。

まずは噴火湾、嫁実家はいつも天気が悪く寒いが、近くの港はなぜかいつも暖かい。GWは耳吊りの作業の最盛期で、水揚げされた網のまわりにはこの時期には異常な量の虫がおり、そのせいかカモメやカラスもやたらと多い。この耳吊りの廃棄物が高栄養なためか、港奥にも魚がつきやすいように思う。夕食前の短時間でもなにかしら反応が得られそうな雰囲気はぷんぷんしている。  

 

 koabubu

かじgw 

アブラコに備えてタモも持参していたが出番なし、しかしアッサリと魚が釣れるのは噴火湾ならでは。ソイも顔を見たかったが時間切れで納竿。

翌日は室蘭、自分の実家。夜は酒も入り、海を見れたのは日の出の時間のみだった。

崎守にいくも、あっさりとアタリ一つない結果。この防波堤は、船渡しの口癖でもあるが、ともかくエラコが強く、常連には一種の信仰とも思えるほどだ。防波堤にはむかれたエラコの殻が散乱していたが、メタルジグのヒラメ狙いの人もいた。時期的にメインはカレイと思われるが、まわりはカジカがぽつぽつと揚がっているのみ、と思っていたら、帰り際に真っ白な腹の平ものをタモで上げている人がいるではないか。ちょっとみせてもらったが、50cm近いイシモチカレイだった。これが釣れるならカレイ釣りも最高だ、一瞬エラコ買うかな、と頭によぎるが大体付け焼刃はうまくいかないので納竿した。

崎守

釣りに行く頻度が減ってからぼんやりと考えていたのは、今後も釣り、海から完全に離れることは今後もないということ。続けるにあたり、ともかくリスクを取らないことが一つ、息抜きであることを忘れないことが二つ、逃避行動ではなく、積極的休養であり社交活動とすることが三つ、こんなことを守ろうかと思う。リスク以外はこれまでも変わらないのではあるけれど。 

 

 

 



アルバム
最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

やっちゃん

Author:やっちゃん
楽天ブログhttp://plaza.rakuten.co.jp/hagotoko/から移行したものです

カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。