スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナマズと遊ぼう

サケ釣りは浜益川調査以外していない私。
今日も今日とてナマズちゃんに遊んでもらおうと夜の出発。

かなり賑やかな場所でスタート。
今日ははじめてワームを使い、スピニングで、ウキ+オフセットフックでウキ下の長さを調整しつつやってみた。
・・・結果、2度あたりがあったが、合わせるタイミングがいつもと違いのせられず。慣れが要りそう。
ピンテール(depsデスアダー)が一番反応がよかった。

このあと移動、なんとなくナマジンガー数名が集い深夜の偶発プチオフ会状態に。
お二人が先あがり(お疲れ様でした!)で、私とかるにゃんさんでさらに撃ってみるも、反応イマイチな時間が続く。


スピニングに太ナイロンでいつもはしない遠投をかけていたら、かなり沖目でヒット。

SANY0190.jpg
スピニング+カーボンロッドでの初・子ナマズちゃん。
闇鯰スナイパーノンラトル、腹にはなにも装着せずリアのトレブルのみでケミホタル装着せずとローアピール設定。
かるにゃんさんに測ってもらい35cm。

ロッドはロックフィッシュ界ではお馴染み?の、ノリーズ・初代ロックフィッシュボトム(RFB610M)。

ボトムと名に入ったロッドでトップルアーとはなんともシュールだ。
また、使いこんでるロッドだけに、釣った魚種は、ガヤ・クロソイ・マゾイ・シマゾイ・ハチガラ・アブラコ・ヒラメ・カジカ・ホッケ・マツカワ・スルメイカ・クサフグ・ドンコに加えてナマズとなった。・・・やっぱりシュール。

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

ピーク期ではないものの、釣り人も減ってきてナマズと遊ぶのにはいい季節なのかもしれない。


スポンサーサイト

テーマ : ルアーフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

ナマズ、そのよくわからない魚

昨晩、風雨ありそうだが場所によっては出来そうなので、ナマズ探しの旅に出た。

今回は途中予定変わってロキさんと一緒に釣りすることとなった。
クラシックロッドを携えた熱いハートを持つ釣りキチさんである。

ところにより強風のところ、奥から戻るような探りまわるタイプの釣りとしようということで奥地からスタート。
ウィードがきつめの場所で、カップからフロッグに変えて1バイトのみで移動。

お次は雰囲気満点だが向かい風、高反応の時間帯あるも乗せきれずゲリラ豪雨があり、その後沈黙。
ここで1尾だしたかった。

小場所を探りつつ戻り、状況的に期待の高いポイントに。
捕食音がやたらとデカく、バイトも多数。期待は高まるがどうにもフッキングしない。

ロキさんもバシャバシャとバイトを出している音が聞こえるも乗っていない模様。
ビッグバドがいい動きをしている。

ランガンしていくと先行していたロキさんが遂に掛けている、50cmオーバーの一尾!
バイトあったが乗らないところを数度目でキャッチとのこと。
キャスト一発、即乗りも面白いが、狙った一尾とのタイマンも非常に面白い、自分も経験したが最高の達成感がある。
ニコパチしてロキさんがリリースするも、なぜか足元直下の浅い場所ににとどまり逃げないナマズ
ロキさんは「懐いた!」と言っていたが、まさかなあ?

これは自分も釣らねばとランガン続けると、バイト即乗りでおちびちゃん。ボウズ回避。
SANY0186.jpg
そそくさとリリースするも、なんとこやつもリリース後、足元でジッとしている。
ロキさんが向って来る間、LEDのライトで照らしつつ見ていたが、ずっと浅瀬でプカプカ呼吸している。
やっぱり懐いた?
これまでの経験上、どんな魚でもリリースするとそそくさと水中に消えていったものだが、仮死状態でもないのに何分も呑気している魚を見たのははじめてかもしれない。
体力回復にしても隠れてしそうなものだが、結局ロキさんが来るまで帰っていかなかった。

時合があるようで、ほどなくもう一尾キャッチ。
キャタピーが良い仕事をする。
SANY0187.jpg
腹フックに掛かっており、真後ろからチェイスしてきた感じではなかった。フックやブレードのセッティングのチューンを考えるのもこの釣りの楽しみの一つ。
SANY0188.jpg
42cmの実測。この一尾のちょっと前、足元でデカいバイトがあったが乗らず。それを乗せたかった・・。

このすぐあと、ロキさんも小型を追加し、各々2尾の釣果に。
さらに伸ばしたかったが、急に捕食音が無くなり終了。ロングラン釣行だった。
それにしても、同じルアーを同じトレースラインで引いても、時間帯というかタイミングというか、なんで急にやる気だしたの?寝てたの?というくらい反応が突然変わったり、やっぱりナマズはよく分からない。

今回、10以上20以下のガボッ!があったが、ルアーよりかなり後ろだったり、どこ狙ってるのか?というのも多かった。フロッグの乗りにくさもあらためて感じた。

天候に不安のあった釣行だったが、充実感のある一夜となったのだった。

---
さて残りのシーズン、トップルアーオンリーからバリエーションを増やそうと思っている。今回は100%純血トップルアーでバイト多数だったが、反応も変わってくるだろう終盤に一度は試してみたい。

なお、釣法については必ず明記したい。
基本トップルアーオンリーが一番面白いしと思ってるし、全国的にメジャーな「ナマズのルアー釣り」だが、それ以外の方法もあるところで、そして、釣り方で釣果の意味合いが全く違ってくるのは言うまでもない。
北海道だとウキ+ルアー+イカの鮭釣りはすでにポピュラーだし、ワームもエサに近いものが出てきたりと、ルアーとエサ釣りの境界線は曖昧になりつつあるが、やはりルアーにエサをつければエサ釣りと思うのが一般的であって、釣り方も自由ではあるが、釣法を錯誤させてしまうと、これは差し障りがあろう。
例えれば、ショアヒラメの方が船のヒラメのバケ釣りを否定することなどないだろうが、その違う釣り方で釣れた一尾について、同じ価値観で捉えはしないだろう、というのと似ていると思う。
とうわけで、まずできればフローティング気味にしたワームでも試してみようかな。
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村


テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

浜厚真漁港にて

お盆にいくつも港を回った際に見たある光景。

浜厚真漁港内の立入禁止フェンスに複数の「御供養」と書かれたお供えの花が置いて、あるいは差してあった。

この事実に、思うところが大いにあった。


ここは知られていながら語られることの少ない場所と思う。
現在、海にせり出した柵が設置されており、内部での事故の責任は一切負わない旨の但し書きがされている。



ここはいつ事故が起きても不思議はない。
誰がいつ付けたか分からない強度不明の物にテトラ上で体を預ける。
さらに外海の高波から無防備。
なぜ苫小牧沖防船渡しが再開されないか?を想像したうえでも危険度が窺い知れる。
(渡し中止も死亡事故が契機。http://www.geocities.co.jp/Outdoors-River/7168/h15okiboutyuusi.htm昭栄丸さんのHPより「苫小牧東港沖防波堤中止について」

同じ水域のボート転覆死亡事故も記憶に新しい。
http://www.muromin.mnw.jp/murominn-web/back/2009/12/12/20091212e_01.html
室蘭民報より。釣り開始当初は凪だったというのだから恐ろしい。



懺悔になるが、昔はこの奥に行っていた。とっくの昔に時効となるくらい前になる。
そして少なくとも2005年時点ですでに、釣り仲間内や釣り具店では、知ってるけど行くべきでない場所、という扱いだった。
その主な理由は「そこで釣っても自慢にならない」だった。
正直に言うと、20代の頃の自分は反発する気持ちもあった。(すみませんでした。)
が、今は納得している。


さらに以下の記事を見つけたので抜粋させていただく。
---
「ほっかいどうの釣り情報サイト釣り友」さんより、北海道アングラーズペンクラブ2014年記事
http://www.tsuritomo.net/dantai_news/angler/angler_top.html
2013~2014 北海道の釣りと魚と環境、この一年<中>
氷上ワカサギ釣りでの一酸化炭素中毒、海や川での転落、北海道で起きた釣り関連事故を調べたら20人も死亡していた。

(以下、抜粋)
海中への転落による死亡事故は7月に、石狩市の濃昼漁港、苫小牧東港の浜厚真、
9月に石狩湾新港、知内町の中の川漁港、森町の砂原漁港、11月に浦幌町の厚内漁港、12月に釧路東港で起きている。
---

比較的安全と思われる港ですら、高い頻度で死亡事故が起きていることに驚かされる。
そして当然、皆、自分が当事者になるとは思っていなかったと思う。

008.jpg


釣れるからええねん、から、
釣れなくてもええねん。


いったん釣り休止期間を経て、そう思うことが多くなった。




にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

ひさびさに嫁さん連れてソイ釣り 

地縁というのは変えられない難儀なもの。うちの場合、苫小牧~白老~登別~伊達~豊浦~長万部~奥尻、とまじめにお盆一気通貫フルコースをするのは困難な線が形成されてしまう。

盆に海で遊ぶなとは言葉としては聞いていた気もするが、子供の頃から親類そろって墓参り後に豊浦で釣り・有珠の磯で海水浴・富浦港で釣り等に連れていかれていたので、全く実行されていない教訓となっていた。ただ夜釣りはしていなかったな・・。

てなわけで、今回は盆時期ならでは、嫁がひさびさに釣りについて行っても良いという。車から降りて3分以内、昇り降りなしのお手軽条件でソイ釣りをしてみた。

SANY0161.jpg

ひさびさにタックルを持つ嫁、ベールを立ててから投げることすら記憶曖昧で心配だったが、すぐ思い出したようで、フェンシングのような投げ方だがとりあえず釣りになっている。
釣り用語を覚える気がないので独特な単語を発しつつ、グローのホッグを投げる。例えばベイトブレスのバイスクローという毛がセットされたワームを「毛っけ」と言う。

SANY0165-crop.jpg
今回はスピニングを嫁に使ってもらっていたので、こちらはベイト。
メガバスのサイクロン(古いほう)に、巻き直していない14ポンドのボビンナイロン。ぜんぜん飛ばない。ブログ開始前に買った中古だが当時よくこんな竿を買ったものだ、ワンピース(嫁曰く「一本竿」)で積みにくいこともあり出番は少ない。

SANY0168.jpg

ロクにアタリもないので内心ボウズかな、と思っていたが、移動しながら撃っているうちにパワーホッグ3インチでクロソイが釣れた。サイズの割にやたら元気で肥えている。


嫁の方は、「ピュッと音を出したい」というので、竿尻をもち、フェンシングじゃなく剣道の一本のイメージで投げてみ、とアドバイスしてみると、まあまあサマになっていた。
後半はれっきとした釣りガール。
しかしアタリはない時間が続き、「味付きのやつ(ガルプ)」を所望され、ガルプのパルスにチェンジ。

SANY0172.jpg

ボウズ逃れでほっとして先ほどのソイの写真を撮っていると、嫁、「けっこういいのかかってる!」とファイト中、これまたサイズ(実測27cm)より引きのいいクロソイを釣る。
天売島やいくつかの沖堤、ボートロックにも連れて行っていた時期と比べ、開始当初は大幅に退化していたが、かなり短時間で感覚が戻った模様。

SANY0171.jpg

もともと粘る予定でもなく、後が続かなかったので、今晩の釣りを終了。
パタパタと2尾出たがそれっきりで、状況はたいして良くはなかった。


SANY0166.jpg

私より良型を釣ってご満悦な嫁。
「寒いときはヤダ」と言うので次回同行がいつになるやらではあるが、釣り・ブログ再開後のテーマは釣果のみを至上とせず、釣り全体を楽しむ、としている自分としても、かなり楽しめたお盆の一夜だった。



にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ
にほんブログ村


テーマ : ルアーフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

ソイ快釣の室蘭沖防波堤

なかなか実行できなかった室蘭沖防波堤釣行がお盆前に遂に実現した。
狙いはソイ、沖堤で夜を明かすプランで、台風接近のため当日まで渡し船が出るか決まらずやきもきした。

夕方まだ明るい時間帯、ヘチ狙いの方が開始早々からアブラコを釣っている。こちら2人組で渡ったが、ゆっくりと準備をしつつキャストしていく。
いつものことだが流れが川のように早い、重めのブラスシンカーとデカめのワームのテキサスリグでボトム意識して操作していると、ズシッと押さえつけるようなバイトと共にフッキングする。

魚は防波堤側、つまり足元側マイナス方向に突っ込んでくる、防波堤の下側がえぐれているのでそこに逃げ込もうという動き。
潜られないようにバットパワーを使って浮かせる。ファーストフィッシュは良型クロソイ

SAN1.jpg

実寸40cm、頭の大きいクロソイ
同行者や他の方から40オーバーの声がかかるも、何度測っても40cmジャスト。

SAN2.jpg
ロッドはメガバスの礁楽の一番パワーのあるもの。
このサイズくらいまでなら余裕で魚を浮き上がらせる力がありタモ要らず。
ワームはゲーリーヤマモトの6インチグラブの黒。
幸先よかったので今回はガルプ、パルスワーム無しで挑むことを決めた。


アブラコは出せず、暗くなりいよいよソイ釣りに専念。
群れで入ってくる感じはなく、広範囲に探す。ガヤうるさいが、ときおりゴツッと重いバイトがある。
SAN3.jpg
SAN4.jpg
ベイトブレスのバイズクロー・チャートリュースで32cmのクロソイ。今回は色々ワームを使ったので種類を記載してみる。


同行T氏は投げ釣りとワームのチャンポンで、これがまた相当なテンポでなにかしら釣っている。
シマゾイが釣れたというので撮影。シマゾイは室蘭ならではの魚で色合いが好きな魚のひとつ。T氏は基本的に魚を撮らない。
SAN5.jpg


ガヤはとにかく無限にアタリがあり、ときおり力強いバイトなのでついつい掛けてしまう。サイズが大きければ面白いのだがすべて20cm前後だった。
SAN6.jpg
ワームはゲーリーヤマモトの6インチグラブのゴールドパール。ファットイカで味をしめて以来、太平洋方面で多用していたカラー。ガヤは結局アタリをとらないようにしたが一晩で20匹はかかった。


SAN7.jpg
そうこうしてるうちに自前のシマゾイが釣れる。
水深が深く、流れも速いために、魚の引きはどれもパワフルで非常に楽しい。
室蘭市の魚はクロソイだが、釣れる魚の希少度合はシマゾイのほうが高い。ハチガラもいたはずだがこれらは放流の成果と思われる。

SAN8.jpg
夜は更けていき、白鳥大橋と工場群が美しい。
高校まで登別・室蘭在住だった身としては、センチな気持ちになる夜景だ。



渡ったのは南、一番長い赤防波堤。川の流れのように潮が速く、移動しないで魚が回ってくるのを待ってもいいのだが、やはり飽きるのでランガンしていく。盆前というのに肌寒い。
潮目にキャストしていると、またゴツッと重いアタリ!
とにかく浮かせてしまえばなんとでもなる、頭を振らないのでソイだとわかる。
SAN9.jpg
SAN10.jpg
SAN11.jpg
実測34cmのシマゾイ!
メガバスのTKツイスターの白。竿もメガバスなので気分がいい。
この日はシャッドではあまり反応がなく、早巻きもあまりよくなかった。
ボトムバンプが効いていた。


後続が続かなくなり、休憩しつついつのまにか就寝。いつものパターンである。ここで徹夜すると毎回長時間寝てしまう。このブログには3回ほど書いた気がするので後で見てみよう。確かサラリーマンZさんと行ったこともあったはず。

風がいよいよ強くなり、ときおり起きてキャストする。
いつもは数時間釣れないことがある(ガヤ除く)が今回は本当にコンスタントに魚が出る。
SAN13.jpg
SAN14.jpg
ゲリヤマ6グラブでクロソイ34cm
撮影して即リリース。
今回はソイ2尾を持ち帰りした。

8月は道央圏では一般に夏枯れ時期ともいわれるが、室蘭はソイ釣りが堪能できる。
正直、このタイミングとしては予想以上に活性の高いソイが釣れて驚いた。


SAN16.jpg
今回の寝床。

”いま俺は人生のホームレスをしております”

人生の上級者向け、ブルーシート。
T氏は厚さのあるレジャーシートを使っていたが当然そっちの方が快適。

SAN17.jpg
今回は数年ぶりのエサ、エラコも買った。投げ釣り併用のT氏はアブラコをダブルで掛けるなど活用していたが、ブラーで使うと一撃必中でガヤが釣れてしまい型が選べなすぎるので、自分としては意味がなかった、残念。

夜が明けてからは私は満足してしまっており、リグも変えず。まさかのアブラコは出せずでフィニッシュ。釣ろうと思っていなかったが釣れないと寂しい。
T氏はアブラコ中型~大型を計8本、他の方達も40後半~50cmクラスを出していたので釣れないわけではない。ほぼヤル気の問題。他、投げでカレイも釣っていた。

接近している台風、朝方にかけて風は強くなってくる予報で実際そうなった、早めのあがりとなったがこれがベストタイミング。帰りの船では港内すでに荒れていて、あがってしばし後、豪雨となった。台風絡まなければさらに釣果があったのかもしれない。

SAN19.jpg

そういや、「つりぶねや」さん、いつの間にか代変わりしていた。電話では親父さんと話していたつもりが実際は息子さんだった。

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ
にほんブログ村

というわけで、ナマズ釣り記事続きの中、ひさびさロングランの根魚釣行でした。



テーマ : ルアーフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

寝坊につき早朝徘徊 ヘラ釣り見学


にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村
8/3
仕事の疲れで夜釣りを諦め、深夜起床を試みるも午前3:50の目覚め。
完全に寝過ぎてしまったが陽が出てても釣れるかもしれないと車を走らせる。

220.jpg

着いてみるともうヘッドライトはまるで要らない中、ルアーを投げ続ける。
引いてくるたびに散るアメンボが煩わしい。
反応なくさっさと移動。

221.jpg

明るいしせっかくだからあまり行かない場所を見ようと車を降りると、あらヘラ師さん。
こちらの格好はいわゆるルアーメン、話しかけようかどうか逡巡したが、なにかヒットさせてたのに引き寄せられ、いつの間にかお隣に。
ヘラを掛けたのかと思いきや、ビシビシと釣った魚?を叩いている、よく見るとやたらとデカいカエルだった。
叩かれて仰向けになっていたが、やがて悠々とカエルは泳ぎ去って行った。
このカエルが居るなら夜は期待できる?

ヘラ師さん、ナマズとかライギョならあそこがいいぞ、と、結構情報を持っている。ヘラの人にとって大概は迷惑な外道なので気前がいいのだ。
エサ釣りでのナマズライギョは昼でも釣れやすいはずなのに、やはり釣りとしては魅力がないのか、釣りのジャンルとして確かに聞かない。

223.jpg

さらに移動、完全に無人。すでに暑さを感じる。
滅多に早起きしないので、朝の5時6時にどこも畑仕事が始まってる風景は妙に新鮮だ。
そして夏の淡水はちょっと臭い。
海水は小便をかき混ぜたようなものだと叔父がよく言っていたが、感覚的には淡水の方が不浄に感じる。私が浜育ちだからだろうか。

218.jpg

最後の移動、最早竿を振る気もなく、パンをかじりつつ歩く。
いやはや、ポイントはどこにでもあるものだ、しかも、ほとんどの人は虫や蜘蛛の巣だらけの高いヤブには入っていかないわけで、そういった場所も含めれば無限とも思える。

その意味では、今はブログ更新されていないが、ブログ仲間のしょうさんの「2007年08月17日淡水全道大会の釣り場作り」は当時衝撃的だった。深夜に芝刈り機で数十メートルもススキを切り開いて未踏地の釣り座を作るバイタリティ、真似しようとも思わないが仕事でもない限りできないな、自分には。


というわけで、完全にぼうず。
しかし、こう、探検感覚で、やったことのない釣りをするのは楽しい。
目星をつけ、想像し、実際に現地でやってみるというトライアンドエラーを重ねる、それが結果となって繋がった瞬間が最高に楽しい。が、そこに至るまでの過程自体が楽しみの大部分をもたらしているとも思っている。

テーマ : ルアーフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

EVERGREEN ヒップ&ショルダーバッグHD 

ながらく使っていたLSDヒップバッグチューンド

SANY0124.jpg

自分の記事内で確認したところ、「2006-07-02 22:13 収納バッグ」ですでに登場しており、いつ買ったものかは不明。


SANY0127.jpg

ジッパー部分や赤いゴム部分に年季を感じる。また、ドリンクホルダー部分は完全に素材が剥がれている。まだ実用に耐える逸品であり残しておきつつ、新バッグを買うことにした。

SANY0121.jpg

おもむろにバッグに入っていたものを取り出すと、海と淡水で欲張ってたので相当量の荷が出てきた。
最古参はヘッドライト。「2006-07-24 23:22 磯ビーム」あたりに買ったもので、これもアタリだった。逆にいつ寿命が来てもおかしくはないが。



SANY0128.jpg

さて本題。今後もチャンポンで行く予定なので、大容量で剛健な定評あるものを買おうと思い、特段新製品でもない、エバーグリーン(EVERGREEN)ヒップ&ショルダーバッグHDに落ち着いた。他にも候補があったが、ロッドホルダーなど使えるか分からない機能付きよりも、正体がはっきりしているものにした。屯田の釣具センターでの買い物。


129.jpeg
ついでに長靴も新調。ずっと↑で耐えてきたが、「2006-07-20 22:41タバコ1箱より安い○○リ」で1,700円で買ったのが分かり(忘れてた)、この、夏蒸れて冬つま先が寒く、歩きやすくもないブツを長持ちさせすぎたことに気付いた。


SANY0132.jpg
ソール交換できないタイプは消耗品ということで、あまり考えずにWRラバーブーツショートにした。3,700円分の使い勝手はあると思うが、過度な期待もしていない。ドロドロ草まみれになっても洗いやすければ言うことなし。こちらはナチュラムで。


ブログを残しておくと、備忘録としてもかなり参考になる。
今回は自分の買い物の仕方が、一点豪華主義的、いや、安いものでも、買ったら使い倒す貧乏性で、メンテナンスは割とマメであることが改めて分かった。
今回の記事も、何年か後に「これいつ買ったっけ?」とおもむろに考えたとき、掘り起こされればまた楽しい。

リールもスピニングベイト一台ずつ増やしたいが財布よりも家族の目が気になる今日この頃。
と、ジャブ程度の布石を打っておくとする。

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

テーマ : ルアーフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

アルバム
最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

やっちゃん

Author:やっちゃん
楽天ブログhttp://plaza.rakuten.co.jp/hagotoko/から移行したものです

カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。