豊平川チャリンコ釣り

9/28

前日(前記事)のモヤモヤ感を残した日曜日。
今日は街中も風もあまり無く釣り日和のよう。
とはいえ遠出はできず、直近に迫った人間ドック対策を付け焼刃でやることにした。

豊平川河川敷を右岸左岸問わず力尽きるまで走る!
しかし正直歩く走るのみだと飽きてしまい時間を使えないタチなのだ。
そこで、遠めの場所まで自転車で行き、釣りをして帰ってくることにした。
これで何時間か執念をもって漕げる。

道具はなんでもよかったが、よくわからないので、ひさしぶりにエサ釣りすることにして、単に投げたいという理由でベイトタックルにした。マムートのバックパックに一式入れると、まあ意外に重い。

そんなこんなで出かけると、秋本番、河川敷はどこもにぎわっている。
ところどころ、フライの練習と思われる人達も。子供も混じってやっている。豊平川はフライがいいとは聞いたことはあるな。
サケも跳ねが見えるらしい。河口一帯は規制だが川自体はOKなのね。いちおう、道庁が出している「フィッシングルール2014」は見てきた。

005_20140928232437bb7.jpg
自転車といっても、もちろんロードレーサーなどではなくママチャリの一種なので、そんなにスピードは出ない。
車では簡単に着く距離でもけっこうしんどい。しんどさを求めてやってることではあるが・・。


いつもと違うことをすると、竿を振るにも何処でやるか、なかなか決まらない。
最初の一番遠方の目的地では、泥が岸壁(があるのです)まで来ているし、川の奥には仕切りがされているしアレなのも来てで全く釣りにならず。

何か所目かの、まあまああずましい場所に腰を据え、エサ釣り開始。ブラーで十分と思ったが持ってきてないのでスプーンにつけてみる。
もちろん?反応もなく・・・と思ったら小さいアタリがある。
これはあの赤々しいウグイかな、これなら釣れるかもしれない、など勝手に想像していると、なんていうかな、「ベローン」としたアタリが。

ウグイと思って寄せると、これが全然引かない。
足元まで来ると、白い?!


SANY0006.jpg
すっかり存在を忘れていたこいつでした。
豊平川にいるのは聞いたことはあったが実際見るとなんだか妙な気分だ。

SANY0007.jpg
カワガレイ(ヌマガレイ)はこの表部分がなんとも気色が悪いのですね。
投げ釣りやってたときはよく釣っていたが、超ひさしぶりに釣った。
河口~港あたりのは食べてもグッドらしいが、若干ドブくささすらある川では食べる気は全くしなかった。

とんでもないオーバースペックの道具での外道。いや、今日は本命がなにかすら決めてなかったので外道でもないか?


ぼんずと決め込んでいたので不思議な達成感をもち、意気揚々と帰路のペダルを漕ぐのであった。
いや、途中で押した。押しました。

本日の総走行距離=およそ25km

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

風裏探し ややミステイク

9-27

釣り友(以下T氏とします)といっちょ太平洋側遠めまでいくかあ~と計画するも、予報を見るとどこも強風。
南駄目なら西か北?
最近、ヤフー天気の他に、磯釣り北海道なるサイトで風波を見ているが、予報だと西の一部くらしか風が弱い場所がない。しかしサケ関係で混んでいるだろうし、北に行くか?

この流れの時点でチョイ釣りがほぼ確定してしまったが、一度用意してしまったら、竿を振らずにはいられない。魔女の呪いみたいなもの・・か?

SANY0001.jpg
てなわけで、釣れる道具というより釣りたい道具でレッツフィッシング。
夏頃に買ったロッドホルダー付のバッカン、なかなか使い勝手がよい。デカいサイズの方はク-ラーとかぶるので小さ目の方にした。

実釣のほうは、風裏を探しながら移動していき、ときおりある風が止むタイミングでキャストする。釣れない。
T氏は早々にイソメブラーで穴釣りをし、持ち帰りクロソイを得ていた。

SANY0004.jpg
暗くなってやっと遠投でクロソイがかかりはじめ、釣りらしくはなったが、突風に近い風に悩まされ続ける。
釣れないわけでもなかったが、なにせ釣りにくい。混んでても西の方がよかったかな。

SANY0003.jpg
最大はT氏の30cmいかないコレ。見に行ったら電光石火でシメていた。
あまり持って帰るほうじゃなかったはずだけど、ソイ食べたかったんだろうな・・。
厚田でチカ釣りからはじめたT氏は船舶免許をとるまでに至った。
いやはや「合う趣味」ってあるのね。

釣り足らず、モヤモヤ感が残ったまま終わった土曜日でした。


にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ
にほんブログ村


テーマ : ルアーフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

行楽を釣りで締める祝日 岩老~増毛

火曜祝日という嬉しくも離れ小島な火曜日!
前日の飲み行事のダメージもなく、家族で温泉でも行く?観光もする?・・釣りもしていい?という、我が家ではありがちな流れに。

最近行っていない北方面をめざし出発!
浜益川の調査サケ釣りを眺めつつ北へ。

SANY0223.jpg
寄り道しつつ岩尾温泉あったまーる到着。
サウナなく浴槽は露天含め2つとこじんまりとした田舎の温泉。
眼下に岩老港が見え、いわゆる「島」部分は昔ははいれた記憶あるも現在は立ち入り禁止の模様。

SANY0226.jpg
SANY0227.jpg
北上し、増毛町入り!
リンゴの看板の奥の果樹園でラフランスにおまけのプラムを仕入れる。

SANY0228.jpg
さらにフルーツワイナリーでリンゴ100%のスパークリングワインをお買い上げ。
こちらにくるたびに思うが、増毛は洒落た店が多く、裕福に感じる町だ。
留萌・羽幌には感じない雰囲気がある。まあ偏見ですな。

SANY0231.jpg
国稀すぐ近くの惣菜屋さんのタコ天、イカ天で腹ごしらえ。
ここは正に観光通り。
そんなこんなでドライブ日和な秋の行楽シーズンを満喫しました・・・





・・・とここで終えてもいいところ、やはり釣り人、竿を出してから帰ります。

SANY0233.jpg
帰りの時間も気になるのでガルプでジャジャッと勝負。
嫁さんがファーストフィッシュのクロソイ28cm。

そんな中、ホッチャレ気味の肌入りのサケがゆる~く泳いでいる。

SANY0234.jpg
こちらもほどなくレギュラークロソイ。
ポンポン釣れる時間帯と無反応な時間帯、それぞれ短めな日と感じた。

SANY0235.jpg
後半巻き返して嫁さんを数で上回ったかな、というあたりで、向かい風が強くなりフィニッシュ。
前回に続いての「ついで釣り」、長時間家を空けてばかりではお許しも出にくいわけで、このスタイルを混ぜていくことが家族円満に繋がり、結果として釣行回数が増やせるという、長期戦略なのである。
というのは、もちろん誇張だ。

SANY0236.jpg

これにて本日の日程完了。
ベイトの小魚が豊富で、ヒラメもいそうな良い雰囲気だった。

何か月かぶりの北方面、トンネル工事をしている箇所が非常に多かった、特にガマタトンネルあたりはしばらく磯釣りには降りられなさそう。


にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ
にほんブログ村

テーマ : ルアーフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

がやがや・・ガヤ


今週は実家に帰省。

釣り道具持参するも、どこもサケサケサケ・・のこの季節、日中は全く竿を出す気もなく、夜に室蘭港へ。この時期に大釣りしたこともないので期待しないで釣り場に行くと、あれまあ、かなり車が多い。

あまり風もなくベタ凪で、案の定歓声も聞こえず釣り人のほうが魚より多そうな様子。
まだまだ水温高いしやむを得ないのか、周りもネイルシンカー使ったり枯れの釣りをしている。
7gシンカーでちょい遠投を繰り返していると、ココッ、というあたりはあるがなかなか乗らない。
デカワームやめてイモグラブ系にしてやっとガヤが釣れる。

SANY0220.jpg

いくらやってもアタリはガヤっぽく、実際釣ってみるとガヤ・・。
全くの無反応よりはマシだが、長時間やる気もせず撤収、もう冬用の防寒着を出してもいい季節ですねー。


010_20140921220749ca7.jpg

竿は出さなかったものの、今回はいくつか港やサーフを見て回った。登別漁港、伊達漁港、黄金漁港、白老港。まわりのサーフ。ドライブのついでで午後だったこともあってか鮭のヒットシーンは見ることもなかった。

013_20140921220742851.jpg
今回は伊達は長和の「ダイニングカフェあつみ」で家族で昼食。
伊達近郊に住んでいる人なら知名度のあるお店です。Cランチのパスタセットを頼んだけど、スープ、サラダ、パスタ、コーヒー、どれも隙がなく完成度高し。伊達で人気店なのも頷けました。

釣りのほうは海の夏枯れ終了近し、ナマズはシーズン終了です。サケやらないなら9月はやっぱり微妙。そういや船釣りは今年1回もしてないなあ。




にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ
にほんブログ村

テーマ : ルアーフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

VARIVAS鯰道場フォトダービー参加賞届いたよ

バリバスの鯰プレミアムPEと鯰とメジャーを写して投稿することで、フォトダービーに参加できます。
※ルアー釣り限定、エサ×。また、マナマズに限る。
http://www.varivas.co.jp/namazu/
↑詳細はこちら

SANY0213.jpg

SANY0194.jpg

期間が9/1~10/31と北海道では厳しい時期、上の47cmで応募してましたが、早速、
参加賞のステッカーが届きました
7cm×7cmの鯰狂ステッカーと、4cm×15cmのVARIVASステッカーのセットです。

鯰釣りは荷が少ないしルアーケースしか貼る場所思いつかないな~。
クーラーなんて持っていかないし。バッカンはアリかな?当面は飾るか・・。

中間順位発表見ると、現在47cmでもまだ30位相当です。
http://www.varivas.co.jp/namazu/result.html


SANY0210.jpg

折角なので「VARIVAS鯰プレミアムPE」を1シーズン使った感想でも。
春先に買って、ベイトでの釣果は全てこのラインです。

4号、5号を買い、止水メインなこともあり今年は4号で通しました。
PEなので、リーダー無しだとリアフックに絡むことがあるため、デコイの鯰リーダーを結んでました。

滑らかで違和感なく、水草や藪の類なら引っかかってもロッドあおったり引っ張れば抜けます。
ヒット後はもちろん、ルアー回収局面でもラインが切れることはなかったです。
逆説的になりますが、遠投して引っかけ、どうしても抜けない場合は、糸が強すぎて結び目で切れず、ルアーと共にラインの大半も失うと思われます。
バックラッシュはブレーキ極大のメタマグ7で使っていたこともありほぼ無し。これはリール側の設定次第。

白で見やすいし、色落ちもなくコーティング剥がれも遅めです。
たまにリーダーを結び直す程度で使い込むと、ほつれが見えはじめたものの特に問題なし。


盲点は、コーティング剥がれた後もずっと使っていると水を吸いドロ臭くなること。PEの宿命?
なんかリールが臭うな~と思い、ラインをスプールに戻してみると、家族から
「別に臭くない、、、くさ!? くさくさくさっ!」と喜びの声があがりました。
ラインの臭い抜きをする気は起きず、廃棄としました。

結局1シーズンでスプールちょうど1個を消費したのみ。
新製品が何か出るまで当面このラインを使うと思います。


にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

テーマ : ルアーフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

着水ガボッ!

めっきり夜は寒くなってきたが、金曜夜は蒸していた。
長袖にレインジャケットだと暑いほどで、夜も20度以上の気温だった。

ムワッとしたまとわりつく空気の中、カップルアーをキャストし続けるも、意外にも反応が薄い。
周りでは・・バシャ!・・・ガボッ!と水面を割る音が続いているが、ルアーにはどうにもバイトがない。

オープンなエリアは諦めて、樹木の下あたりに投げると、着水と同時に水面が「ガボッ!」と割れる!
釣りしているのだから当然バイトを期待してるのだけども、毎度毎度ビクッ!とする。

これまで着水即バイトは乗ったことがなかったが、いきなりズシッと重みが伝わる。

SANY0193.jpg

ハリがかり浅そうなので素早く寄せ、草地にあげて程なくフックアウト。

SANY0194.jpg
実測47cm、キャタピーにて。
キャスト距離分、おおいに楽しませてもらった。
着水同時バイトがフッキングするか否かは、運もありそう。

今週の釣果は以上・・・です。


もう本当、鯰は終盤。
しかし、ルアーいじりは癖になる面白さ。
SANY0197.jpg

SANY0199.jpg

カップ偏重になっているけど、今後はバリエーション増やしたい。


にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

テーマ : ルアーフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

ヘッドライト 新BlackDiamond spot


土曜夜、日付も変わった時間に夜な夜な鯰探し。
結果は足元で子供を一尾かどわかして終了。
SANY0192.jpg


さて本題。
今シーズン、ずっと使っていたヘッドライトを水没させてしまった。
つけているのを忘れて帽子を脱いだ時に水中に落ち、携帯のライトで数分間捜索し回収。
直後から問題なく使えていたのだが、最近たまに作動しないことがあった。
接触不良なのか、電池をセットし直すと使えるのだが、万全を期して買い直した。

いつのまにか市場に出ていたZEXUS、gentosの他、デザイン的に好きなPetzlも見たが、耐久性と電池持ちに不満がなく、これまで使っていたブラックダイヤモンドのspotの現行品を秀岳荘で買ってきた。現行は3代目らしい。

SANY0176.jpg

大きさや重さはそんなに変わらない。
レンズむきだし形状の宿命で、使い込んでいると傷が入りやすいのが欠点か。

SANY0182.jpg

130ルーメンとのことだが、足元手元が見えればよいので最大光度はほぼ必要なく、光量を絞って電池を長持ちさせて使うことになる。


SANY0184.jpg
便利と思ったのは電池残量表示とロック機能。
逆に、赤色灯や点滅モードなどは要らなそう。

SANY0178.jpg
電池の入れ方は旧型と違いがありちょっと戸惑った。
へこみを押してパカッと開けることになっているが、全然開かない。

SANY0179-crop.jpg
格闘しているうちに、ベルトの調整バックルがヘラ状になっていることに気が付き、これをテコのように嵌めるとあら簡単。これを説明書に書いておくべきと思う。

総合的に、不便ない一品。


にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ

テーマ : ルアーフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

アルバム
最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

やっちゃん

Author:やっちゃん
楽天ブログhttp://plaza.rakuten.co.jp/hagotoko/から移行したものです

カウンタ