珍しく北方面

そろそろ太平洋、と思っていたが天気予報を見た限り、

積丹や留萌以外は風波ともに強く、釣り日和ではない様子。

 

釣り友に乗せてもらい主体的に行った記憶のない留萌港に出向く。

外防波堤はいつの間にか、と言っても何年も前からのようだが、

ともかく入れない。

 

突堤で家族連れがデカカレイを釣っていたのを確認し竿出さず無事撤収。

名前は忘れたが、岩老近郊のなかなかよさそうな磯で実釣開始する。

 

 00001

 

00002 

 

先端側が3人ほどの投げアンドルアー組がほぼ占拠しており、邪魔にならない場所ではじめる。

ロケーションは非常によく、いかにも釣れそうなのだが、これが反応がない。

 

00003 

 

 

ガヤを何尾か釣ったがそこまで。

 

00005 

 

 

 

ウキ釣り師の好々爺が途中から参戦したが、そちらもガヤのみだったようだ。

 

岩老漁港に動くも、ここも磯には入りにくくなっており、内防の浅さに竿を出す気もならず移動。

 

結局雄冬漁港まで南下するが、ここで驚愕。

石狩湾新港ばりに混んでいるではないか。

しかも夜10時も近いのに小さい子がウロウロしていたりする。

 

投げ、ウキ、ワーム、皆、思い思いの釣法で遊んでいるが威勢の良い声は聞こえてこない。

内防の乗りやすいテトラで手頃なサイズと数のクロソイと、リリース必至物体を釣り、そして

リリースし、納竿となった。

 

00006 

 

00007 

 

ちなみに上記のブツは釣った中で最大で、意外にもカチコチであった。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する