初の、鯰・なまず・ナマズ

釣りになかなか行けない年に、短時間でそこそこサイズの魚釣りをできないか考えていた。そこで可能性を見出そうとしたのがナマズ釣りだった。最近ちょうど全国的ブームで、乗っかるのは癪だが個人的にニーズに合っていたため、昨年途中から挑戦をはじめる。

 

結果はトップルアーにバイト多数もフッキングに至らず、ワームで試すもウグイという結果に終わる。それでもトップで突然水面が割れる独特のバイトシーンは、これは面白いと素直に思えた。身近に同調者はおらず単独で調べる釣りで、数回しか行けなかったが、この時点で新鮮な楽しさがすでにあった。

 

さて今年。早い時期に一度行ったが反応なしだったところ、そろそろ時期よしになった。

もっとも長雨や寒い日続きでまだ早いのかもしれない。6月という海でもハイシーズンな時期に、わざわざナマズである。行ったのはメジャーなポイントだが、見た釣り人は2人のみという閑散さ。うち1人はなぜか女性単身で、興味なさそうにたまにキャストしている謎の人だった。 

 

明るいうちはノーバイト。まだ探り探りだが、よさそうなポイントにルアーの空箱がプカプカ浮いていた。ゴミを現地に捨てるのは感心しないが、ポイントとして合ってそうだとは思えた。

 

日が暮れて気が付けば周りは誰もいない。黙々と、コポコポというルアーの出す音を確認しつつリールを巻く。

 

静寂を破るゴボッというアタリが出る、この最初のバイトで魚がかかり、初ナマズに御対面。去年何回かあったバイトを逃していたが今年は一発で結果となる。

あ01 

あ02 

 

35cmくらいの小型だが、確かにナマズ。

思いのほか抵抗してくるのでルアーを外すのとリリースにやや手間取った。こう、グネグネと逃げようとするのは正直気色悪い。左のヒゲが折れて、もしくは抜けていた個体。

 

 

俄然気を良くし、闇夜に一人意気揚々とキャストを続けると、2回ほどガボッと水面を割るバイトがあるも、ピックアップ寸前かつ木の枝の邪魔があり乗らず。なんとなく居場所はわかってきた気がしてくる。当然、気がしてくるだけで手探りは変わらず。

 

なんの気なしに続けていると、うれしい2匹目がヒット、おそらく同時に針がかりする。

これはさっきより重く、手ごたえがある。抜けないわけがないのでエイッと確保。

サイズ的には40cmいかないくらいで、さきほどの個体よりきれいな魚体。

口の左側にフッキングしている。一匹目も口の端だった。歯自体かなり固いみたいだ。

 

あ04 

あ05 

あ03 

 

 

引きはそこまで強くもなく、ヌメヌメしててルアーも外しにくいが不思議な魅力のある釣り。いわゆる「出方」がおもしろい釣り、なんだろう。釣りのバリエーションの一つに確かに加わった。 

 

 

あ06  



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する