ソイ快釣の室蘭沖防波堤

なかなか実行できなかった室蘭沖防波堤釣行がお盆前に遂に実現した。
狙いはソイ、沖堤で夜を明かすプランで、台風接近のため当日まで渡し船が出るか決まらずやきもきした。

夕方まだ明るい時間帯、ヘチ狙いの方が開始早々からアブラコを釣っている。こちら2人組で渡ったが、ゆっくりと準備をしつつキャストしていく。
いつものことだが流れが川のように早い、重めのブラスシンカーとデカめのワームのテキサスリグでボトム意識して操作していると、ズシッと押さえつけるようなバイトと共にフッキングする。

魚は防波堤側、つまり足元側マイナス方向に突っ込んでくる、防波堤の下側がえぐれているのでそこに逃げ込もうという動き。
潜られないようにバットパワーを使って浮かせる。ファーストフィッシュは良型クロソイ

SAN1.jpg

実寸40cm、頭の大きいクロソイ
同行者や他の方から40オーバーの声がかかるも、何度測っても40cmジャスト。

SAN2.jpg
ロッドはメガバスの礁楽の一番パワーのあるもの。
このサイズくらいまでなら余裕で魚を浮き上がらせる力がありタモ要らず。
ワームはゲーリーヤマモトの6インチグラブの黒。
幸先よかったので今回はガルプ、パルスワーム無しで挑むことを決めた。


アブラコは出せず、暗くなりいよいよソイ釣りに専念。
群れで入ってくる感じはなく、広範囲に探す。ガヤうるさいが、ときおりゴツッと重いバイトがある。
SAN3.jpg
SAN4.jpg
ベイトブレスのバイズクロー・チャートリュースで32cmのクロソイ。今回は色々ワームを使ったので種類を記載してみる。


同行T氏は投げ釣りとワームのチャンポンで、これがまた相当なテンポでなにかしら釣っている。
シマゾイが釣れたというので撮影。シマゾイは室蘭ならではの魚で色合いが好きな魚のひとつ。T氏は基本的に魚を撮らない。
SAN5.jpg


ガヤはとにかく無限にアタリがあり、ときおり力強いバイトなのでついつい掛けてしまう。サイズが大きければ面白いのだがすべて20cm前後だった。
SAN6.jpg
ワームはゲーリーヤマモトの6インチグラブのゴールドパール。ファットイカで味をしめて以来、太平洋方面で多用していたカラー。ガヤは結局アタリをとらないようにしたが一晩で20匹はかかった。


SAN7.jpg
そうこうしてるうちに自前のシマゾイが釣れる。
水深が深く、流れも速いために、魚の引きはどれもパワフルで非常に楽しい。
室蘭市の魚はクロソイだが、釣れる魚の希少度合はシマゾイのほうが高い。ハチガラもいたはずだがこれらは放流の成果と思われる。

SAN8.jpg
夜は更けていき、白鳥大橋と工場群が美しい。
高校まで登別・室蘭在住だった身としては、センチな気持ちになる夜景だ。



渡ったのは南、一番長い赤防波堤。川の流れのように潮が速く、移動しないで魚が回ってくるのを待ってもいいのだが、やはり飽きるのでランガンしていく。盆前というのに肌寒い。
潮目にキャストしていると、またゴツッと重いアタリ!
とにかく浮かせてしまえばなんとでもなる、頭を振らないのでソイだとわかる。
SAN9.jpg
SAN10.jpg
SAN11.jpg
実測34cmのシマゾイ!
メガバスのTKツイスターの白。竿もメガバスなので気分がいい。
この日はシャッドではあまり反応がなく、早巻きもあまりよくなかった。
ボトムバンプが効いていた。


後続が続かなくなり、休憩しつついつのまにか就寝。いつものパターンである。ここで徹夜すると毎回長時間寝てしまう。このブログには3回ほど書いた気がするので後で見てみよう。確かサラリーマンZさんと行ったこともあったはず。

風がいよいよ強くなり、ときおり起きてキャストする。
いつもは数時間釣れないことがある(ガヤ除く)が今回は本当にコンスタントに魚が出る。
SAN13.jpg
SAN14.jpg
ゲリヤマ6グラブでクロソイ34cm
撮影して即リリース。
今回はソイ2尾を持ち帰りした。

8月は道央圏では一般に夏枯れ時期ともいわれるが、室蘭はソイ釣りが堪能できる。
正直、このタイミングとしては予想以上に活性の高いソイが釣れて驚いた。


SAN16.jpg
今回の寝床。

”いま俺は人生のホームレスをしております”

人生の上級者向け、ブルーシート。
T氏は厚さのあるレジャーシートを使っていたが当然そっちの方が快適。

SAN17.jpg
今回は数年ぶりのエサ、エラコも買った。投げ釣り併用のT氏はアブラコをダブルで掛けるなど活用していたが、ブラーで使うと一撃必中でガヤが釣れてしまい型が選べなすぎるので、自分としては意味がなかった、残念。

夜が明けてからは私は満足してしまっており、リグも変えず。まさかのアブラコは出せずでフィニッシュ。釣ろうと思っていなかったが釣れないと寂しい。
T氏はアブラコ中型~大型を計8本、他の方達も40後半~50cmクラスを出していたので釣れないわけではない。ほぼヤル気の問題。他、投げでカレイも釣っていた。

接近している台風、朝方にかけて風は強くなってくる予報で実際そうなった、早めのあがりとなったがこれがベストタイミング。帰りの船では港内すでに荒れていて、あがってしばし後、豪雨となった。台風絡まなければさらに釣果があったのかもしれない。

SAN19.jpg

そういや、「つりぶねや」さん、いつの間にか代変わりしていた。電話では親父さんと話していたつもりが実際は息子さんだった。

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ
にほんブログ村

というわけで、ナマズ釣り記事続きの中、ひさびさロングランの根魚釣行でした。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する