釣魚のアラ汁レシピ (寄稿)

アラ汁のレシピ

1 魚のアラ(頭、内臓、骨、鰭周辺、ハラス部分など)を水洗いします。また、できるだけきれいに血合い等を取り除きます。

2 鍋にきれいに拭いた昆布を入れ、20~30分おいた後、火にかけます。沸騰する直前に昆布を取り出します。

3 ありあわせの野菜を食べやすい大きさに切りそろえ、生姜を細切りにします。コンニャクまたはシラタキは適当な大きさに切り、湯通しします。

4 魚のアラを湯通しします。(竹等で編んだざるにアラをのせ、熱湯をかけます。ざるがない場合は、ボールを使い、少し湯を滞留させる感じで湯通しします。)

5 沸騰した鍋に、野菜、コンニャク(シラタキ)を入れ一煮立ちしたら、生姜の細切り、日本酒を適当に加えます。好みにより細かく輪切りしたタカノツメも少量加えます。

6 湯通ししたアラを入れ、アクをこまめに取り除きます。

7 ソイ類・サバの場合は塩を、カレイ類・ホッケ・アブラコ・カジカは味噌を入れ、味を調えます。

8 椀に盛り、小口切りした万能ネギを散らします。

 

<参考>

1 ワカメ、岩ノリを入れれば、より風味が増します。

2 身が硬くなるので、アラを湯通しし過ぎないよう注意します。

3 内臓以外の部分を軽く炙って使うとより風味が増します。この場合、内臓だけを湯通しします。

4 使う内臓は肝が主ですが、大型魚の場合、心臓、胃、腸なども入れます。胃と腸は開いてきれいに内側を水洗いします。

5 風味を損ない、えぐ味が出るので、血合いやアクはていねいに取り除きます。

6 ホッケは醤油味の吸い物風にしても美味しいのですが、小骨等が底に溜まるので見栄えが良くありません。

7 隠し味として、塩味にする場合はほんの少し醤油を、味噌味の場合は酒粕を加えるとより一層美味しくなります。

8 だしを取った昆布は、醤油、日本酒、みりん、砂糖とタカノツメで甘辛く煮付けるか、細切りにしてアラ汁に入れます。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

Re:釣魚のアラ汁レシピ (寄稿)(10/02)  

カジカの味噌汁が好きでした。
道南でも多い当別カジカがとくに美味しかったです。
あら汁とは違いますが、黒鯛の潮汁(うしおじる)も美味しかったです。
脂のある魚だと楽しめました。

2006/10/03 (Tue) 13:13 | 大政家 #79D/WHSg | URL | 編集
Re[1]:釣魚のアラ汁レシピ (寄稿)(10/02)  

>大政家さん
>カジカの味噌汁が好きでした。
>道南でも多い当別カジカがとくに美味しかったです。

カジカは味噌汁以外は私も食べたこと無いです。
刺身をいけるとか?

>あら汁とは違いますが、黒鯛の潮汁(うしおじる)も美味しかったです。
>脂のある魚だと楽しめました。
クロダイですかぁ~~、釣って食べるのはいつの日か?美味しいでしょうねぇ!

2006/10/03 (Tue) 19:32 | やっちゃん76 #79D/WHSg | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する