鵡川のシシャモを食すこと

071.jpg
好物のひとつ、シシャモを買いつつ、釣りをしに鵡川町へ。
実家にいたときは贈答のカンカンに干されたシシャモをストーブで焼き食べたものだが、いまでは自分から求めにいかねば食べられない。

ちょうどシシャモ漁の最盛期だが、今年のものを買おうとするとかなり高い。
この数年名産品として主流になった生干し真空パックの商品ではなく、かなり干された昨年産の雄のシシャモを購入。
シシャモはこのサイズの魚としては最高に濃厚で独特の風味がある。アユの塩焼きより好きだ。

居酒屋で定番になっている、子持ちキャペリン(カラフトシシャモ)をシシャモとして売るのはいつになったら改善されるのだろうか。まるで味が似てないのに。


室蘭や日高方面へは高速で行くが、景色が単調なので車のオーディオをチャカチャカいじることが多い。
今回聴いてたのはGamble Rumble(イニシャルD主題歌)、水樹奈々、中森明菜、ggrks(ボカロ)、miwa、相対性理論、と、めちゃくちゃなラインナップ。
中森明菜は全盛期はそんなに知らないけど最近出たアルバムがかなり売れているらしい。個人的には十戒とミ・アモーレあたりの時期が好き。
学生時代に札幌競馬場で警備員、といっても貴賓席のハンドスタンプ係をしていたのだが、かなり著名人を見る機会があった。とんねるず、東幹久、北島三郎、九重親方(当時まだ千代の富士だったか忘れた)などなど。中森明菜もトークショーで来ていて、今思えば事務所と揉めてドサ周りしていたのと思うが、ともかく、チラチラと見ることができた思い出がある。


035.jpg
さて、これだけ余談が多いというこうとは、で、さしたる釣果なし。

072.jpg
収穫はすくないが、変化といえば、ダイワの新しいホッグではじめて釣れたこと。
これはパラシュートをもいだ。浮力がついてフォールが長くとれる・・とのことだが、いまのところその効果は実感がない。旧タイプのツイスターホッグ(?)の方が人気があったようだがそれもなんとなく分かる。

073.jpg
釣りを休む前は日高方面でマゾイはあまり印象がなかったが、やはり稚魚放流しているせいと思う。
釣りをするにも、どこでなにを放流しているのか大きな影響がある。
タカノハやヒラメも年々釣果が上がっていると聞くが、放流のおこぼれにあずかって釣れる魚と言ってよさそうだ。
今後ますますヒトの関与がない魚は減っていくのだろう。


003_201410261330160d9.jpg
旬のひとつ、毛ガニも食す。長万部から送ってもらったもの。子供の頃は一番ポピュラーなカニで、バケツに入ったのを本当に頻繁に食べてた。高級カニだと知ったのは大人になってからだった。いまでもタラバガニとかはあまり好まない。難儀な舌だ・・。


秋の味覚を楽しみながらの夕食が続いているが、最近やっていたNHKの番組、北海道クローズアップで、北海道の海水温変化の番組をやっていた。
印象に残ったのは、ただ万遍なく海水が温暖化しているのではなく、1~6月は-2~3度とむしろ昔より低く、7~12月は+2度程度と、寒暖の波が大きくなっているのだという。釣り人にも受難が多い時代だが、釣りモノも変わっていくものと順応するしかないのだろうね。


にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する