昼下がりの噴火湾漁港

この3連休は第2の実家(過去記事には地名書いてます)で過ごしてきた。

11/1土曜日、札幌から中山峠を越えて噴火湾へ。うちの場合は瀬棚に行く場合も中山峠経由。
082.jpg
中山峠の道の駅、峠の茶屋は半焼したが以前より店舗らしくなっていて、ご当地料理も増えている。

噴火湾に出たあたりで予報通りすでに雨、港に着くと風雨厳しく、防波堤先端はうねりが入っている。
日が落ちてたのではっきりしなかったがおそらくかなり濁っており、港奥で釣り開始。
083.jpg
バークレイの今年発売のソルトウォーターミノー3インチで小ソイのみ。
ほぼ釣りにならず撤収。
帰宅してイクラ丼を食し、日曜も雨予報だし今回は釣りにならないだろうと思いつつ就寝。
なお、行くか迷った方面で、とある御方が、今日はダメだ~といいつつもしっかり良型ソイを釣っていたことを付け加えておく。

11/2日曜日

起きてエビフライを食べ外を眺めると、朝方雨は降ったようだが曇り模様。
折角来たのだし、で、さして期待もせず久々もいいところのアブラコ狙いで漁港へ。
荒天のためか漁船も活動しておらず、船溜まり周辺から開始。
時刻は午後2時というところか。

086.jpg
開始まもなく、ロッドを絞るアタリがある、あっさりとアブラコが釣れる。
ワンナップシャッドの3インチ。

093.jpg
このワームでとにかくアタリがあり、乗らないバイトも多数。汁物(ガルプ)は不要。
水面のピックアップ直前まで魚が追って来るのが分かる、魚のストックがとにかく多く感じた。
無理くりアワせて釣ると生まれたばかりの幼魚が釣れる。


087.jpg
真昼間というのにテンポよく釣れるが、サイズが出ない。
しかし小気味よく釣れる釣りもなかなかないので癒される。

089.jpg
ワームをmegabassのスピンドルワーム4インチ、エコギアのパワーシャッド4インチに変えるとアタリはあるが食い切らず、バークレイの非常に古い、9年前に買った余りのミノー(5インチ?)で濃い色の成魚が釣れた。40cm半ば。

このクラスだと「ズドン!」と引き込むアタリから、ロッドをのされそうになるので余裕もなくなってくる。ラインは6ポンド。

091.jpg
デカワームに反応がなくなり、またワームを戻すと、また違う色の魚が。

094.jpg
エリアを変えてみると、よくこのサイズで食って来るな、と思える幼魚。
アブラコの場合、成魚が幼魚を襲うこともあり、サイズにより定位置が違う。
幼魚が固まっているエリアを発見、何度ワームを通してもアタリがあった。

095.jpg
曇天のまま小雨がたまに降る程度で推移していったが、日暮れもかなり早く感じた日。
アブラコ場と思っていたところで小ソイ。

096.jpg
ワンナップシャッドの4インチで色気を出してみるも、元々ソイは型が出にくい場所でもあり、やはり小型しか釣れそうもないので、この日の釣りを切り上げた。

アブラコに関しては、一時期は船に乗って本命として釣る時期もあったが、もう数年は狙いに入れてなかった魚。
今回もソイ釣りがうまくいかない代替としての釣りだったが、港でのアブラコ釣り、これはこれで面白さはある。
アブラコ狙いから離れていた一番のキッカケは、虻田での浅場でのボートヒラメ釣りに何度か行ったこと。
船中、とにかくアブラコは無下に扱われる外道だった。
測る人なんて誰もいないし、写真を撮るのも奇人だった。
また、とにかく巨大なアブラコが釣れた。50cm後半も全く珍しくなかったし、それを気にする釣り人もいなかった。
釣り方も考えなくてもヒラメを狙えばいつのまにか針がかりしてしまうという具合。

今年は復帰年ということもあり、なるべくコンパクトな釣りをしようと思っていて、実際そうしているが、船釣りは慣れるとおかっぱりに戻れない魔力があることを、体が記憶していることも一因になっている。
こんなことを書いておいて、つらっと船釣りに行ったりするのも自分なのだが、とにかく船メインでは色々と持たない・戻れないのは自覚している次第。

月曜は中山峠も雪景色、冬の始まりと、長かった秋シーズンの終了を告げたのか否か。腰の重たくなる時期になってきたのは間違いない。

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

おばんです

けっこう釣って楽しかったのでは!!お疲れ様でした!
きっとボートや船釣りするとポイントがある意味 無限大で陸っぱりから投げるのが、、、ばからしく思えるのかも知れませんね!意外と単純かも
私は陸からどんだけ投げて釣る、、、に生きがいを感じてますが!笑
それではまた!!

2014/11/05 (Wed) 18:15 | 小樽のまさお #- | URL | 編集

まさおさんオバンです!
自分も昔は4色(100m)飛ばすのを楽しみとしていた投げ釣り時代がありました、その時代は船で沖に出たらなんぼでも釣れるものと勝手に思ってましたが、やってみるとやっぱり船でも時期と場所次第なんですよね~。また、釣り船も営利業なわけで、でそれなりに振り回されたりします。
おかっぱりはおかっぱりのロマンがありますよね^^b

2014/11/06 (Thu) 21:46 | やっちゃん76 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する