瀬棚沖防波堤 アレがない

これまで一度も実現しなかった瀬棚沖防渡しがついに現実に。

南風があるとのことですが、別の日程に変えるのも難しいので決行、1年ぶりの沖防泊り。N君と2人で準備万端荷物満載で渡ります。


なお貸切状態です。


明るいうちは風も弱く快適・・だが生体反応がない。
コレ大丈夫か?な時間のまま日は沈みます。
話には聞いてたけど流れが川のように早い。

ベイトでブラスシンカーをブン回してるとやっと1匹目。
ワンシャ5インチです。
SANY0005.jpg

SANY0004_201505302044222bd.jpg
35cmのスタートです。ロッドはmegabassの礁楽ですが、もうこの竿使ってる人もそんな見なくなりましたな。
この型でもあっけなく寄るし躊躇なく抜けますが、釣り味には欠ける面も。

SANY0006_201505302044235ec.jpg
スピニング使って格闘しつつ寄せていたN君からタモ要請があり、この1尾。40cm、小型のタモ枠からハミ出ます。
たしかBTSを使っていたと思います。なおN君はあまり測りません。

SANY0007_20150530204425db8.jpg
スピニングの方が面白そうだし軽めのシンカーでも食わせられるのを見たので自分もスピニングに変更し、30cm。

SANY0008.jpg
レギュラーも出て、次はサイズ、できればのっこみ、平たいの・・、など邪念が脳ミソを支配。

SANY0009.jpg
ここまでのパターンはフォール中にモヤッとしたあたりからのズシッ!でしたが、着底後からの早巻き時にガツンと一発。
おお、この食い方を待っていたよ!自力でタモ入れ。

SANY0010.jpg
40cm、のっこみではなかった。
ラークシューターというパームスから最近でたロッドで、横方向に強いという触れ込みのロッドで初の本懐。

SANY0012.jpg
このあたりから沖堤真正面から強風が止まなくなり、キャスト範囲が狭くなりはじめます。
投げ竿でタラシしていたN君の竿にアタリ、小型のマゾイでした。ヘチは小型のもいるようです。
撮りませんでしたがN君はタラシで何尾か釣っていました。

SANY0013.jpg
ゲリヤマのワームがかなり好きな自分、ロングなグラブにスカートを付けて加工したワームでのヒット。さきほどの40cmもコレでした。
hulaskirt.jpg
安価にスカート付リグを作れるのでお勧め。

SANY0014.jpg
この日は30cmがワームでの下限で、ポコポコと数釣りできるサイズでした。

SANY0015.jpg
反応が薄くなり風もさらに強くなったところでメシタイム。
N君の携帯バーナーでカップ麺を食す・・・

SANY0016.jpg
あああああああああああ!
ここまでセットしておいて2人してハシをもってきていねーじゃあねーか!(素)

私の場合、コンビニで買わずにスーパーで買ったのを忘れていてハシが袋に入っているものと思い込んでいた。
コンビニって偉大だな。

さて、N君から「手持ちの代わりのもんで喰おう」の提案が。


もしかして・・・・




すでにソイ臭い「フィッシュキャッチャー」ですか?



NO!NO!NO!NO!NO!NO!NO!NO!NO!




では、針はずしで使用済みの、「プライヤー」ですか?



NO!NO!NO!NO!NO!NO!NO!NO!NO!




もしかして・・「イソメ挟み」ですかーッ?



YES!YES!YES!YES!(oh no)



伝え聞くところによると、釣り餌を普通の冷蔵庫と一緒に入れて二流、イソメ汁がついた手でおにぎりを食べて一流、というが・・!(知らんがな)









images.jpg
すまない盛りすぎた。
N君のインスタントコーヒーのマドラー5本により、なんとか完食に成功しました。


SANY0018.jpg
再開後はどうにもしぶい、巻き上げ直前でガツガツあたっていたのでヘチを探り、尺ガヤ。
ワームはボートヒラメのときに多用していたmegabassのでかいグラブ。


SANY0019.jpg
ビッグを願いデカワームに軽めシンカーでフォール時間増加を狙うもレギュラー。

SANY0021.jpg
まあいつも低リスクand数釣りな自分としては30アップでも十分楽しいのですが!


SANY0023.jpg
ワンシャ4の赤で似たようなサイズ連発。

SANY0022.jpg
ワンシャってフォール中の反応がとてもいいですよね。
顎の真上にフッキング。
接写だとソイの目がキラキラして美しい。



フル装備のため寒さはないが、釣果に変化もなく潮どまりを迎えるところで就寝。
持参寝袋はかなり快適だったけど、突風で荷物が飛ばされないか心配になるほどの暴風状態もありました。

SANY0027.jpg
日が昇っても風はさして変わらず。沖堤から見た三本杉です。
人は日々入っている沖堤、捨てられたワームも散見します。けっこうちっちゃいワームや1.8g位のシンカーも捨てられてました。個人的に、ですが、デカイワームでも小さいのも掛かるし必要性は感じないかなあ。


SANY0024.jpg
朝マズメもソイヒラメを期待するも、影すら見えず、小型~中型のアブラコが釣れ始めます。N君のアブラコ。

いや、ヒラメの影は見えていた。
N君、弱ったヒラメがタモで掬える範囲の足元まで来ていて、救おうとしていましたが敢え無く失敗!

SANY0028.jpg
自前のチビラコ。

SANY0029.jpg
N君の投げ竿は音なし・・・と不意にあげるとホッケダブル。
型は良くなくリリースしてました。

SANY0030.jpg
ワンシャ4黒金でノーマルなホッケが釣れます。
けっこう浮いていて、追ってくるのがサイトで見える状態です。
もはや疲れていて写真もテキトーです。(文章も)

SANY0032.jpg
風はやまず、朝渡しで沖堤に来る人も来ず、最後はいつのまにか寝てました。
海上に生コン車が並んで運ばれてくるという謎の光景。工事関係の船舶は非常に多かったです。

SANY0001_201505302045454a7.jpg
今回渡しは寿喜丸さんにお願いしました。(アップされてはいないですよ)
帰船時一緒になった船ヒラメの方も、今日は苦戦したと聞きました、それでも抱卵マゾイが釣れていたり。
初の瀬棚沖堤、遠方ということで、泊りでいくには日程と良い状況が合うか難しい面がありますが、状況悪くてもそれなりに楽しめるのではないかと思います。

帰りは第二実家に寄り、N君は長万部温泉丸金旅館のアツアツ湯船(45度)で汗を流し、少し休んで中山峠経由での帰札としました。

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する