地元常連組に完敗


週末、2週連続で噴火湾に行ってきました。
第2実家のマンベも連続で寄り、シャワー、メシ、寝る、などなど。
嫁の実家に嫁無しで遊びのために寄るという高等技術を駆使しました。
急に連荘で行ったので義母もビックリしたでしょう。

まず夕まずめに先週1枚釣った港へ。
先週も居た、地元のタラシ釣りの初老の方がまたやってます。

ここは結果ノーバイト。移動します。
対岸の人が一尾釣れてたのが見えました。かなり小型。

帰りにタラシ釣りの方がタモ入れをしているので寄ると、バカデカいクロガシラを揚げてます。
測らせてもらうと、53cmありました。
タカノハみたいな身厚で、チョンチョン釣りでコレがかかるとは驚きでした。

場所を変えると、数人のヒラメ狙いのアングラーがいました。
あまり動きもない時間が過ぎましたが、その中の1人が35cm前後のヒラメを2枚。
いつも通っている人で、今年は数十枚釣っているとのこと。
タモ無しでワームのスタイルが合理的なんだとか。
逆にいうと、ソゲ以上はそうそう出ないということだなあ、と結構がっかりです。





仮眠して翌朝、いけどもいけども人、人、人。
小場所に朝4時で8台ほど車があるポイントもあり、萎えます。
釣り新聞は私も買いましたが一週間でここまで増えるとは。

ためしにサーフに出てみますが、飛距離的にもムリがあり、当然何も起こりません。
ここでも隣の人が、20cm前後のヒラメを釣ってました。よく当たりがわかるなと妙に感心。
港と違ってハエも目線の高さには居ないし、サーフは振ってるだけでも気持ちいい釣りですね。



最後にまた別の港に行くも、ノーバイト。
先端でやってましたが、外海テトラで無反応だった人達がどんどんにじり寄ってきてすし詰め状態に。
ああ、結局これか・・。
うち1人だけ、40cmあるか?な1枚を釣ってました。





てなわけで丸ボーズです。
行った全ての場所で誰か1人はヒラメを釣っていましたが、釣り人の数には及ばず。
また、全てのヒラメが小型でした。
一方、垂らし釣りのクロガシラはもう本当に見事なマッチョで、今回釣り場で見たベストフィッシュ。


先週1枚釣った状況と、今週の混雑ぶりと釣果期待度を秤にかけ、秤ごと脳内でミキサーにかけてみると、直近での噴火湾ショアヒラメ釣り、私の中の優先度はかなり下がりました。
もう少し空けば、ね。
淡水は今年はもっと後に通う予定でもあり、次の釣行は熟考中です。


にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する