がまかつチヌストリンガー

長年使っていたプカプカスカリ
持ち帰り数と頻度から釣り友さんに預けてましたが、
結局、引き取ってもらうことになりました。

小型のスカリを新調しようかとも検討しましたが、
ストリンガーの方が携行性、機動力的に合っているのではないかと思い、
はじめてストリンガーを買うことに。

どうもストリンガーは「魚逃げた!」の話を聞くことが多くて、
避けていた面がありました。
しかし、このテのブツが話題になることはほぼトラブル時しかないわけで、
まあ大丈夫だろうと。

既製品では、ロープがオレンジの、ベルモントのストリンガーや、
フロート付のTAKA産業のストリンガーあたりが、
比較的どこでも売っていて売れ筋ではないかと思います。

今回は、ピン及びロープの強度や中間ビーズがあることから、
「がまかつチヌストリンガー大型GM-1555」にしました。
そのうち樹脂タイプのピンを増設併用することも考えてます。
4534910611071-crop.jpg


実釣で使ってみたところ、
バッグに着けたままの釣り、杭に巻きつけた状態、
いずれも不安はなかったです。
まだ凪のときしか使ってないので、
波が高い場所での安定感はどうなるものか。

いまのところ、魚の下顎を貫通させて口から通してますが、
それなりに魚は弱りますね。

これからしばらく淡水が増えると思うので真価を発揮する場は秋になる予定です。

・・・

もしも、これにナマズを何尾もぶら下げている釣り人と出会ったら・・・


恐怖!

でしょうね!


にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ: 釣具

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する