根釧の旅路 其の三


9月22日(火)

根室の朝。
車中泊を含め3泊4日目、ここまでくる機会もそうないと自分に言い聞かせ、AM4:30起床。
3576243307.jpg


ウサギアイナメを考えると太平洋側の花咲港に行ってみたいところだが、まだシケの影響がありそうなので、ホテルから車で5分の根室港に行ってみた。

3576243305.jpg


ざっと港内見てみると、釣り人がいるにはいるが、みな岸壁でサビキをしている。
他はおそらくカレイ狙いの投げ釣り師が2人程度いただろうか。
サケはいない。
サケ釣りが行われていない場所を選定しているので当たり前ではある。

朝まずめというのに、ルアーロッドを振っている人は誰もいない。
この時点で、「違うんだろうなー」とは思ったものの、割とライトなリグでやってみる。潮通しがよさそうなところは無反応。

岸壁に戻り地元のサビキ釣りの爺様が長方形のタライに魚を入れているのをのぞくと、小型のガヤ、クロソイがけっこうはいっている。
尺近いガヤもあった。しばし見てると、サビキの竿が大きくしなっている。
が、焦る様子もなく爺様はのんびりとした動作で竿をあげると、なんと!
ガヤがサビキ針に4尾ついている。「ガヤのぼり」ははじめてみた気がする。
おそらくこの爺様は食料として釣っているようだった。

3576243306.jpg
なんとなく意地でキャストによって釣ってみるも、やっぱり小ガヤだった。
その他にギスカジカを1尾釣ったが、どうもウサギアイナメは釣れそうもないので6:00頃に納竿した。

3576243378.jpg
ホテルねむろ海洋亭は素泊まりで予約をとったが、朝食の評判がよいので別途朝食券を買った。
花咲ガニの雑炊や勝手丼を中心にオーソドックスな朝食おかずが並び、一品一品の出来がいい。
根室の他のホテルはわからないが、ここが好評価なのは理解できた。



ホテルを出てすぐ、魚屋に入る。サンマを箱買いし、実家二軒と我が家に送るのだ。

3576243308.jpg
店内を見ていると、見慣れないソイがある。アオゾイだ。
黄色いがシマゾイとは明らかに違う。
かなり深場でしか釣れないため船釣りの魚ではあるが、希少なソイである。
思わず画像一番上の750円のアオゾイお買い上げ。

今日は帰宅の日で、特段大きなポイントは設定していなかったので、根室駅沿線を通過し、釧路方向に戻る。
背の高い樹木より草原が目立つ。車のCM撮影にいかにも映えそうだ。寂れた鉄道も風情がある。

915.jpg

防波堤造成工事中の落石港を見るなど、休憩を多めに挟みつつ11時頃に浜中町に入る。
このペースだと帰宅が帰省ラッシュとぶつかりそうだったため、港に寄ってみる。
2人で最初からガルプをつけて探ってみるが、海水が泥色で砂が相当はいっているのがわかり、日差しも強すぎたので数十分で何事もなく撤収した。
ここあたりはそれこそサケ釣りにいい場所と思う。思い返せば、どうせ竿を出すなら霧多布港のほうにしたほうがよかったかな。

釧路をまたぐ道中、わたしは完全に寝ていた。
嫁運転に全てを委ねるのはわたしにとっては珍しいが、早朝起きたのが効いた。
嫁曰く自業自得也。

3576243323.jpg
ぼやっとしていると、釧路湿原展望台に到着。
有料の展望台に上ってみるが、中身からすると、ちょっとお高かった。

3576243314.jpg
無料の遊歩道に気軽に入ってみるが、これがちょっとしたハイキング。

3576243316.jpg
2.3kmほどのアップダウンで、蚊も至るところにいて、最終日の内容としてはハード。

3576243319.jpg
快晴のため湿原全体を見渡せたのはよかった。

3576243321.jpg
さらに歩行後に食べるソフトクリームの強烈なスパイスになったのは結果的にはよかった。
でも一生いくことはない。

白糠の道の駅の混雑ぶりを尻目に、白糠港に寄って最後に一勝負と頭をよぎるが、
それをすると、自業自得と帰路の運転を代わってもらえなそうなので止む無くスルー。
白糠ICからしばらくは緩い渋滞で60km走行。
千歳から北広島の高速は混んでそうなので、追分ICで高速を降り長沼方面から帰宅した。

行程全体で長時間の渋滞や行列に巻き込まれず、割とゆったり動けた道東旅行だった。
ただ1人運転では途中で長時間の休憩を入れていたことは間違いない。


3576243324.jpg
3576243325.jpg

帰宅後、クーラーに入れておいたアオゾイと、早速届いたサンマを刺身でいただく。
トバや乾物シシャモも買い込んでいたので、当分は余韻に浸れそうだ。
完。

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する