非サケ釣り師の白老

道内荒天もあり、週末は釣り休みが無難なところ、やっぱり秋シーズンを開幕させたく、2人組で波風が弱そうな白老にいってきました。
白老港でまともに釣りをするのはめちゃくちゃ久しぶりです。数年空いているような。

天候を考慮して朝まずめのみ釣行、10/4早朝に白老着。
やっぱりサケ釣りの車がズラッと並んでます。これは昔から変わらないな~。

場所取りされている三脚を尻目に外防の先に進みます。
折れ曲がってるより先はほぼ無人、ウキ釣りのご夫婦が一組いただけでした。


予想と違って風もなく海面は鏡面です。

012.jpg

いろいろ投げてみるも全く反応ナシ。

014.jpg
ガルプに変えてやっと小型のクロソイです。
これもヘチ底にいたもので、ヘチ以外はなんらの感触もなし。

連れも小型のマゾイ、ガヤを釣ってましたが型はよくならず。


017_20151006000138452.jpg
朝方になっても状況は良化せず時間が過ぎていきましたが、キワでひったくるような食いがあり、良型アブラコヒットです。
タモが届くかどうかの高さのため、取り込みに久しぶりに苦労しました。

019.jpg
なかなかの太さの実測45cm、婚姻色のオスアブでした。


020.jpg
この後は同行者がテトラ周りで一尾かけるものの潜られてプツンしたくらいで、ワームをかじられまくるエリアがあった他は音なしでした。
外防対岸はたぶんサバ釣りでにぎわってました。
帰り際に釧路からきているというロックフィッシャーとちょっとお話ししましたが、防波堤はほぼ全員サケ釣り師でしたね。
30~40人くらいは来ていたんじゃないかと思います。

根魚もいい季節になりつつありますが、天気見ながらの秋シーズンが続きそうです。


015_20151006000149d9f.jpg
にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する