室蘭沖防波堤 シマゾイ、カジカ

10/17土曜夕方から翌朝まで、4名で室蘭沖防波堤に一泊してきました!
道中、雪虫が苫小牧越えたあたりから雨のように舞ってました。

出船は4時半で、通してほぼ夜釣りタイムの釣りです。
100.jpg

今回は過去にも経験ないくらいの好条件で、風なし、最低気温10度以上、鏡面の凪と人間にやさしい環境です。

準備して開始するころには薄暗くなっており、軽めのメタルジグからはじめましたがとにかくガヤがかかりまくります。
それ自体はいつもの事ですが、数が凄い。水面を照らすとヘチに限らずあたり一帯の海面全体、ガヤが浮いて湧いてました。
これだけ居ると避けるのも難しく、どんなルアーにも喰いついてくるので、とにかくガヤを釣りつつ他魚を拾う形です。

101.jpg

満潮潮どまりあたりから下げがはじまったあたりで、やっと他魚の反応が出はじめます。


102.jpg
名物といってもよいシマゾイ、アタリ自体はけっこう小さく、一瞬ガヤと思わせてから、底方向への突進をみせます。

103.jpg
32cmとまずまずです。
ここでのシマゾイは極端な小型はみたことないですね。

104.jpg
今回初同行のフライメインの方にトウベツカジカ、45cmくらい。
帰り際に撮った一枚。
わたし以外の3名にそれぞれ1~2尾、トウベツカジカが時合のように次々と釣れました。
時合は短かったようで、このタイミングを逃したわたしは結局カジカ無し。で、撮らせてもらいましたよ。

105.jpg
アブラコは夜、朝方に数尾釣れましたが、特大サイズはなく、画像は深夜にガルプを落としてたときにかかったこの一尾のみ。


106.jpg
すこしでもガヤを避けるため5インチのメガバスカウンターグラブで11gのジグヘッドに換えてみました。
ベイトの関係か、シャッドやピンテールよりホッグ、ホッグよりグラブな日でした。
ズッシリとしたシマゾイをゲットしたので作戦成功と言ってもよさそうです。

107.jpg
実測34cmで頭のでかい一尾でした。

108.jpg
この一尾の後ほどなく、肩を並べて釣っていた氏にも30UPシマゾイです、ニコパチを撮らせてもらいました。

長い北防波堤に渡りましたが、探り歩いていると、魚影が濃い一帯がやっぱりあって、そこで立て続けに釣れる感じです。
沈み根かとも思いましたが同行氏はちょっとした離岸流になってたかな、とのこと。

足で稼ぐのは必須な日でしたね。
先端に別の船で入ってきたウキ釣り師が灯台でウキ釣りしてましたが、ガヤもポツポツ程度のようでしたし。

109.jpg
ガヤは1人につき50~100尾は釣っていたはずですが、サイズがなかなか25cmも超えないんですよね。
わたしのマックスはこの26cmでした。

110.jpg
週初めは冷え込んでいたので、今回の徹夜は厳しいことを想定しテントを持ち込みました。
結果的には無くてもそうきつくはなかったですが、夜露がひどく、外気に晒されないので良いアイテムでした。
折りたたみ傘のような構造で、設営、撤収が非常にラク。
収納状態でもロッドケース1つ分荷物が増える程度です。

111.jpg
夜の楽しみ、カップラーメンを肩寄せ合ってすするの図。
一気に体が温まりました。最近バーナーを使う釣りにはいつも同じ氏にもってきてもらってるのですが、自前調達も必要かな~。

そういえば今回は防波堤がキレイでした。大会で清掃活動したのですかね?
前回はバーベキューの網やらでひどかったです。バーベキューすることを全否定するつもりはありませんが、する方は炭も含めてゴミは全部持ち帰ってください。


干潮潮どまりの11時過ぎには就寝、朝はみな思い思いの時間にはじめてました。
なおわたしは最遅の3:30再開。体力ないのです。


112.jpg
再開後もガヤは変わらず。
疲れてゲリヤマのスカート付けたジグヘッドにガルプ投入を続け、35cmシマゾイです。

113.jpg
メジャー裏側で撮ってしまった。

114.jpg
記事中なかなか出てこなかったクロソイですが、わたしは計5尾ほどで、全部20~25cm程度のものでした。

115.jpg
朝方、もうひとふんばりで5インチのグラブで釣りますが、ガヤの活性がマズメでもう一段階あがり、けっこう力強いバイトをしたりするもので結局フッキングしてしまう、の図。

116.jpg
4名中、わたしといつもはフライメインの方の2名分のお持ち帰り魚です。
そういえばこういう写真はなかなか撮らないな・・。


117.jpg
6時ころ、天候良くキレイな朝焼けが取れました。

帰りは初の女性船長のお出迎え。タンカーの往来ある中、交通ルール順守の安心操船でした。
社長さんは隣の港の現場に行っているとのことでした。先代さんはお店にいつも通りおりました。
帰りに赤で投げやウキ、ルアーのチャンポンされていた御一行さんとお話ししましたが、ハモをあげたとのこと。
特産魚種が時期通りに来る、平常運転の室蘭でした。


にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する