ガヤを釣る

3/5(土)
元日以降、釣行への腰が重くなっていたのですが、ハイシーズンに向けた調査も兼ねて噴火湾へガヤ釣りにいってきました。
外道ではなく本命がガヤという釣りは、冬期にたまに企図する程度でわたしとしてはレアです。


597.jpg
今回は助手席ポジションで現地入り、日が沈む頃から開始としました。

3g程度のジグヘッドに3インチ程度のスミスやらゲリヤマのグラブやらをセット。
全く無反応すぎてブランクか魚が居ないのかわからないほど、開始から何も起きない時間が過ぎます。
というのもはじめたのが干潮潮どまり、マズメタイムより干潮の影響が強かったのかな。
アタリは極小のついばむようなのが数度あったのみ。
なお釣り人はけっこう来ます。

一旦軽食タイムにして再開。
ガヤ釣りにしてボウズも一瞬頭をよぎったためガルプを使うと、さっきとは打って変わってすぐアタリが出ます。

599.jpg
かなり食いこませないとのらない状態ですが、まず一匹。
もう釣れないかもしれないのですぐ写真をとります(あるある)。

600.jpg
するともうここから一投一尾が続いていく。
釣りってそういうものだよね。

601_2016030920072563d.jpg
同行者とのダブルヒットも続く。

数釣りを満喫できたので、さらに水深がありそうな場所に行きます。

602_20160309200727d72.jpg
シマゾイ狙いかつガヤ回避で、ワンナップシャッドの4~5インチを投げますが、それでもガヤが釣れる。
結局ガヤ20尾前後をオートリリースしつつしたところで、復帰戦のためか芯からの寒さを感じて納竿。
同行者も似たような釣果で、2尾ほどキープしていました。
煮つけにしたところ、抱卵していたとのこと。

614.jpg613.jpg
帰宅後、自分で釣った魚ではなく、奥尻の親戚から届いたサクラマスをいただきました。
(もちろんうまい!)ほか、ゴッコのブツ切りもいただいてますがこちらは本日も手つかず。。



にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する