プラモ作成 タミヤ1/35チャーチルMk.7

この冬、ガンプラ2体をつくったところで、戦車を作ってみました。
このジャンルはAFV(Armored Fighting Vehicle=戦闘装甲車両)、だそうで、SUVみたいなもの?

SANY0006_20160305105843e5b.jpg
イギリスのWWⅡ戦車としては最も有名なチャーチルの後期バージョン、Mk.7です。

SANY0029_20160305105846b8c.jpg
タミヤの古いキットだけど、タミヤだし容易に組める・・と思っていたら、砲塔のパーツが全然合わず、パテで合わせ目消しと隙間を埋めました。

SANY0032_201603051058495f4.jpg
SANY0033_20160305105919025.jpg
グレーのサーフェイサーで下塗り。これでもサマになる気も。

SANY0035.jpg
カラーは最初はシャーマンでよく使うオリーブドラブ2で缶スプレーしました。

SANY0036.jpg
が、ちょっと色が明るすぎると思い、指定色のダークグリーンを缶スプレーで上塗り。

SANY0038_201603051059238d8.jpg
懐かしの水転写デカールに苦戦。

このモデルはとある需要があり、最近結構売れています。
このアニメの影響です↓
image01.jpg
公式HPより)
わたしも御多分に漏れず、ガールズアンドパンツァー劇場版を4DXで観てきましたよ。
一回り年下の後輩2人と行きましたが、スモークやシャボン玉はともかく、水しぶきがかなりの量でズブ濡れでした。
シートの揺れは心地よかったですね。

この仕様で作るか迷いましたが、汚し塗装をしたかったので、通常の作りにしました。

SANY0041.jpg
戦車プラモは全体塗装するまでで50%、あとの50%は砂、錆、オイル、剥げ、などを加える作業という感覚です。

SANY0068_20160319105319424.jpg
全長22cm。

SANY0059_20160319105320c7b.jpg
SANY0060_20160319105321c1e.jpg
SANY0057_201603191053235f0.jpg
SANY0058_20160319105324800.jpg
エナメルのブラウンの墨入れでサビ感、クレヨンで泥、粉でハゲや立体感を出してみました。
もっともっと汚してもいいのでしょうが、今回はこのくらいで完成にしました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する