早い真夏日の夜に

5月というのに30度越えとは恐れ入りました。
涼みに、というわけではないけども、気温低めの実家方面にソイ釣りに行きました。
今年は事情により室蘭に帰ることが多くなるかも。長万部もだけど。


さて夕まずめ。
ベタ凪、無風。鏡面の海面で濁りあり。
なかなか反応が得られずガルプでフォール中のバイトを拾うのに集中してみるが、
結局、底に着いているようなマゾイがファーストフィッシュ。

20160520.jpg 
まだ明るい時間帯です。

201605201.jpg
その後も底でのあたりしかなく、いろいろとワームチェンジ。
ゲリヤマのファットイカがそこそこいい感じに。マゾイが多い。
どれも「コツ・・・」という弱いあたりばかり。

なお普通は逆につけてスカートにするこのワームだけど、自分的にはこれが好き。

201605202.jpg 
活性が上がってきて、回遊も回ってくる。
ワンシャの4インチでこんなのはポンポン続くが、どうも型がよくならない。

ランガンしてる最中、エサ釣りの人がでかそうなのを引き抜くか迷っている場面に遭遇、タモを持っていないようだったので、わたしがタモ入れのヘルプ。
45cmくらいの立派なクロソイじゃないですか。

俄然やる気を出して5インチのワンシャに換えて(なおカラーは同じ)ほどなく、
やっと手ごたえのある魚がのる!

201605203.jpg 
35cmのクロソイちゃん。いや~やっぱり細いラインとロッドでのこういう型はおもしろいですね。


この後30分程度全くあたりもなくなり、粘ればまだいけそうと思いつつも帰宅としました。いわゆる「釣る」人なら絶対帰らない日だったと思うんだけど、淡泊なわたしでした。









関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する