プラモ作成 新旧ゾゴック

初代ガンダム~逆襲のシャアあたりは小学生で、最初のガンプラブーム時には子供ながら申し訳程度に色を塗ってました。

おもちゃ屋(個人系の店は本当に激減したな~)で、アニメに出てこない妙なプラモはいつも余っていたのを覚えてます。
なんとか型ザク、アッグ、ジュアッグ、ゾゴック・・。
まさか平成28年になって、こいつを買うことがあるとは。


SANY0073_201606102245002d3.jpg

SANY0074_201606102245014ac.jpg
320円、ランナーは一色で、ポリキャップやシールなし。
バリや変形も多く、整形しないと組めもしない一品。まさにプラモデル。

こいつをUC版ゾゴックと並行で「全筆塗り」で作ってみました。


SANY0076.jpg

SANY0077_20160610224506fbe.jpg

SANY0079.jpg

117_20160610224544e6e.jpg

下地にマホガニーのサーフェイサーで透けを防ぎます。チョコレート色。
2色目にあずき色。ズゴックだとこれでいい塩梅。
3色目に、オレンジがかった赤を調色。
一部はマスキングしましたが、平筆でガンガン塗りました。


SANY0087.jpg
目玉は忍びなくてクリアパーツに交換。

なんだかゲッターロボにでてきそう。機械獣?的。

箱には「自由に可動します」なぞ書いてて笑えます。
実際はバンザイポーズ。

SANY0084.jpg

UC版も同じ色で作成、かなりマッシブで、妙なカタマリ感がでました。
手が武器なだけにデカいです。
目玉はミライトに換装。これは非常に簡単で、元にもすぐ戻せます。


SANY0089.jpg

SANY0088_20160610224518134.jpg

並べると、意外に違和感がない、気もしてくる。
でも旧キットはもう手が出せないかな~

003_20160610224543de1.jpg


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する