続いて噴火湾ヒラメ!

我が家に知人の車で来ていた義母が帰る。
すみやかに予報をチェックすると、風があるようだが天候は回復傾向。

任務発生、これは送迎ミッションである!
てなわけで日曜夜にマンベ入り、けっこう風があり、雨もときおりで止んではいない。


月曜朝マズメ。

まぁ言うまでもなく釣り馬鹿さんなんで、ヒラメ狙いに繰り出しますよ。

変則勤務になってからわかったけど、平日でも人出はあるものですね。
港で投げとルアーのちゃんぽんの若めの方と雑談。

状況はというと、風はあるものの、想像より濁りが取れていて、悪くはない雰囲気。
ジグを中心に、ワームも混ぜて幅広くランガンしていきます。

潮も動いていて期待だけは高まっていきます、


が、なにも起きず、平和な時間が過ぎていく。
海藻は先週よりは拾いません。
ホタテ関係の盛期で、早朝から活気一杯、船も続々と出入りがあります。
虫の大群もおります。どえらい数なんですよね。
チャリで来た上下白迷彩でバシッと決めた初老の方が目を引く。ミノー投げているのだけど、きっと地元じゃ有名なんじゃないだろうか。
しかし自分も月曜朝から釣りなんて贅沢だなあ・・・、

などなど観察したり感慨に耽っているうちにタイムアップ。アブもなく丸ぼんず。


さいしょに雑談していた若い方は、良い型のマガレイをあげてました!


月曜夕マズメ。

パッと見、朝と変わらず良さそうな雰囲気です。
先行者がいたことと朝無反応だったのでジグは早期にやめてワームをローテしていきます。
先行の方と雑談、情報交換します。いまのところ、ヒラメはどこもイマイチという話。

またも周囲の誰にも何も起こらない時間が過ぎていきます。
前回も釣れたけど結局一尾以外なんもなかったものなあ。


達観しつつ、いつもどおり、ワームを投げ、底取り、リフトし、巻いて、止めて、また巻いて。
足元10m以内のところまで回収スイミング中、ついにアタリが!!

ゴツッ系のバイトです、
グイグイと暴れる、
下にも刺さる。。。


これアブサンか?

と思いつつもいい加減お古もいいところの初代セルテートのドラグが鳴る、

ヤバイッ!

思わず素で声をだしていた。。

ら、隣の方がすぐタモ入れに来てくれました、ありがたや・・!
釣り場で隣り合ったら、やっぱりほんの一言でもお話ししたほうがいいですよね。
もしもの事故でも助けあいですし。


20160627.jpg

一発でタモ入れしてくださり、無事にヒラメちゃんと御対面です。


201606273.jpg
今は売っているのかも調べてませんが、メガバスのカウンターグラブ5インチの赤でした。
テールが大きく、水中では15cmくらいになります。ボトムでほっとくとテールが浮くタイプです。
先週に続き、グラブが調子いいな・・。

201606272.jpg
48cmでした。
まだ2尾だけですが、去年より型がいいです。
(先週ある方も界隈で50cmクラスをあげてたり)
遅れ気味といわれるこちらのヒラメシーズンの序盤だからか、はたまた去年のソゲ祭りで見た彼らの順当な成長か。
わかりませんが、後者だったらいいな。

今回は朝と晩で、やっぱりヒラメ一尾のみという結果。
この釣りは近所で通える人が圧倒的有利、ということを再確認です。

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト