白老沖防波堤オール

すっかり日にちが経過してしまいました、
9月中旬のことですが、白老沖防波堤で一泊してきました。

フライマスターM氏の企画に急遽便乗した形です。
子供連れて登別にいたので、白老まではあっという間。


DSCF2086-001.jpg

DSCF2087-002.jpg
白老沖防波堤は初上陸です。
このブログ初期の頃にボート流しをやってますが、それ以来。
そして夕暮れから早朝4時までとナイトというのも初です。

今回は計6名、わたし以外は何度も来ている方でした。
白老は拡張すすんでますが、沖堤に昔はなかった赤灯台ができており、そこをベースにしてました。
乗った時点で波かぶりしてたので私はその先端ではやらず長い防波堤を釣り歩き。

DSCF2089-003.jpg

DSCF2090-004.jpg

DSCF2092-005.jpg

DSCF2093-006.jpg

DSCF2094-007.jpg

DSCF2096-008.jpg

開始直後は全く無反応だったため、ガルプで居着きらしいマゾイではじまり、
ワンシャやダイワのやつでガヤやソイが釣れ始めます。

根魚はひさびさだったので、ポンポン釣れて、これは・・・超楽しい!
深いからかサイズに比べてヒキも強いんですよね。


DSCF2097-009.jpg
回遊にあたったようで、ドカン!というバイトがあったものの水面近くでラインブレイクしてしまい、
泡食いつつもリーダー太くしてリキャストするとほどなくまたビッグバイト、慎重にタモ入れしました。


DSCF2099-010.jpg
35cmの、太平洋方面特有のマッチョなクロソイが釣れました。


DSCF2101-011.jpg
この群れはすぐ回っていってしまい、
やや沈黙からの力強いヒキ・・・っと、尺ガヤいました。
ガヤはいっぱいいましたが、室蘭沖堤よりも平均サイズがいいんですね。

DSCF2106-012.jpg
マゾイはサイズ伸びず。

DSCF2109-014.jpg
全部撮ったわけではないですが、30UPのクロソイはぽつぽつ混じるくらいでした。
時期的にはこれから10月中旬が楽しみですね、といってもめちゃめちゃ気温条件違いますが。
今回は途中強風あったものの、総じて暖かめな日でした。



DSCF2110-015.jpg

DSCF2111-016.jpg

深夜に休憩いれましたが、帰りが朝4時ということで、ちょこちょこ再開しつつ過ごしました。
無反応な時間帯は少なく、型はでませんでしたが数釣りを楽しめました。
途中めんどくさくなってバス持ち続けていたら、ひさびさに親指が傷まみれ、風呂で強烈に沁みました・・。


DSCF2114-017.jpg
帰りはけっこう波が出て、かつ満潮だったため、先端組はみんなズブ濡れになってました、
わたしは離れた場所にいたので平穏でしたが、なかなかデンジャラスな状況でした。


DSCF2116-019.jpg

DSCF2117-020.jpg

DSCF2118-021.jpg

DSCF2119-022.jpg

帰ってから地元の鷲別界隈をお散歩、港がかなりでかくなったり変わった部分もあるけど、鉄道あたりは昔のまんま。
めいっぱい郷愁に浸ったのでした。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する