ナマズ用トップに電気ウキミライトをつける

DSCF2250.jpg
どうにも休みとなると条件のよろしくない日が続く6月、太平洋でマズメ短時間ヒラメ狙いも当然のように撃沈。
マンベ嫁宅に孫を連れていくという錦の御旗をかざしつつ、これから1か月くらいは毎週往復かな。
といっても血眼になってやるようなことはせず、当たればラッキーくらいの心構えです。

隙を見てナマズもいくことになろうかと、ルアーをいじってました。
釣具は模型製作に流用できるものが多い、けどその逆はこれまであまりなかったところ、模型に使っていたミライトがでんぐりガエル鯰SPにぴったり。外すのにはプライヤー使います。
まぁこれ釣具だからやっと本懐か。


p074.jpg 
過去プラモ記事の写真から。
メガ粒子砲として活用していたミライトがけっこう余っていたのでした。

コンクリ護岸にあたるような場所だと壊れそうだけど、そういうのでなければスイッチで消灯しつつ使えば1回こっきりのケミホタルより便利かな。光量かなり強いのでみやすいけど、スレ場ではそもそもケミホも使わなかったりするんだけどね。

うーん、ナマズは最優先ではないから、ホントいつ行くことになるやら、自分でもさっぱり見当がつかない。

関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ: 釣具

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する