八月の夜釣り1


釣り新聞を見てたら、今年上半期の釣り事故の集計が載ってました。
あいかわらずテトラからの転落が非常に多いですね。
ライフジャケット着用推奨、と、もちろんそうですが、インフレータブル型では、開くまでクッション性が無いこと、擦れに弱いことから、きれいに(?)落水した場合以外、意味をなさないケースも多いと思います。

わたしはよくテトラから魚かけてる前提で話されることがあるのですが、もう数年ほどテトラ上で釣りしてません。
やったほうが釣れるのはもちろん承知の上で、よく足首を捻挫することもあって、リスクに見合わないと判断しており、今後もよほど安定感のあるテトラ以外、乗らないつもりです。
これまで様々な人と釣りしてみた実感として、おおよそ外の現場の仕事経験ある方は、テトラでやってるの見てても安定感あるし、乗って当然の感覚でOKなんだと思います。特に鳶の方や警察の方は流石だった記憶です。


人様がやってるから自分も大丈夫とは思わず、自身に合った方法で趣味を楽しむ。
年とともに仕事も家族も責任が増してきている中、肝に銘じることにします。

実際、まわりで釣りをしなくなった人たちの理由1位はもちろん「多忙」ですが、次に来るのが「危ないから」、なんですよね。



さて8月。去年は嫁臨月で、以降今年5月末まで数度しか釣りはしてませんでした。


予想はしていたものの、波はやや高く、浮遊ゴミや濁りがきつい海況。
そして人が全然いない。時間帯は19時過ぎ。8月になると途端にガラガラになるんですね。

7~28gのジグヘッドを換装しつつ、幅広くキャストしていきます。

DSC_0036_1.jpg


ビビッとクロソイ




時間が空いて、吸い込み系のアタリがあり、激しい抵抗。
おっ、なかなか期待できるソイかな?



DSC_0038_3.jpg
寄せると、ナゼ?のこやつでした。
ジグヘッド21gのフックにしっかりかかってました・・。ジグならよくかかるけどさ。

たぶんいままで釣ったウグイのなかで最大だったので、敬意を表してイイ魚っぽく撮影。
その後すこし小雨も混じり、なんら予感を感じず、納竿しました。

関連記事
スポンサーサイト