FC2ブログ

2019年!

やっちゃん

-
いやーあっという間に成人式も終わって年度末までまっしぐらですな。

この冬も、釣り、プラモなんかの趣味から遠ざかる生活です。
おまけにスマホやSNSもあんまりしていなかったですが、これは理由もあり。

201901021.jpg

年始に長万部界隈に形だけでもと竿はじめはしてきましたよ。
やってる店もたいしてないからというのもあるけども。
他に2人くらい釣り人はいました。


201901022.jpg
今年は雪がややあったけども、天候には恵まれて気持ちのいい日々でした。
軽いジグヘッドに3インチのワームつけてささっと港奥を散策。
何年か前にもおなじだったけども、小ギスがぺろっとかかる程度でした。
アブちゃんかかるまで粘れずに帰投。


冬になってからの休日は、自己投資に使っています。
そう気張ったものではないけれども。
11月中旬、家族の歯医者の送迎で自分も受診したら、長年放置してきた虫歯がいっぱいで、今日時点で都合6回。
幼児OKの歯医者ということで、麻酔も綿にしみこませた後に注射麻酔と、いたせりつくせりです。
嫁娘の通院はアッサリ終わってしまい、自分のみ子供向け歯医者さんに行く日々ですが、この冬の間に完了させる所存。


2019年はこの後控えている要素を考えると、もしかしたら釣行く回数は数回程度になるかも。
逆に実家行く回数増加で意外に行くのかも・・?
ま、いずれにせよ、趣味は自分にとってはサードプレイス的な位置づけなので、お気楽に息抜き。

釣り記事は、魚自体ややりとりよりも、その過程とか、空気感が出るような文にしたいと思ってます。
これはずっと前から思っていることです。

好きな作家は開高健なんですが、オーパ!やフィッシュオンなどの釣行エッセイって、魚釣ったそのものよりも、そこに至る諸々、雨が続いて待機が続いたとか、合間にこんな小トラブルがあったとか、現地の人とこんな話をしたとか、御叱呼をどうした、とか、そういう部分自体がおもしろいんですよね。
それがあって、魚の写真1枚にリアリティが乗ってくる。
開高作品でいきなりすんなり本命を釣ってることって少ない。で、そういう回は筆も乗らないのか読んでて決まってつまらない回なんです。

こういう感覚は、読書慣れてる人や文章を書いたりする人にはわかるかなと。
時間かけたくないときは文を書いたりしないかもしれませんが、心がけとしては以上のような面持ちでいようと思います。


関連記事
スポンサーサイト
Posted byやっちゃん