FC2ブログ

荒れる前の黄金ボート 

やっちゃん

-

荒れるちょっと前、滑り込みでひさびさに黄金ボートに乗りました。
自分はベイトとスピニング2本のルアーオンリー。
つきあいの長い船長はバケ1本、カレイ竿2本にオオナゴ、イソメ。

DSC_0278-crop.jpg
免許取ってもう何年?の船長の操船で、沖へ沖へ。
網がこわい。
通いなれているわけでもないので、他の船があつまっていく方向に自然に舵を取る。

開始後すぐに潮止まりでなんらアタリもない時間の後、潮が効きだしたかな~というところで、バケで立て続けに2枚。


こちらジグからワームに変えたものの、隣でエサが揺れているとやはり分が悪いのかな~

っと、ガツリと食い込み、ドラグ鳴らしながらやっと1枚。
パルスワーム食いちぎられてました。
DSC_0279-crop.jpg




DSC_0286.jpg
このスタイルでの釣りははじめてでしたがスカリを外付けするのが一般的なんですね。
まわりの船もそうしてました。上げ忘れて投入したまま走ったことも数度・・。

予報通り風が強まり、波もザブザブになってきて、周りの船もいつのまにか減っていました。
1人フローターとかいたもんな。
ま、わかっていた展開です。


てことで前浜方面へと退避していきます。
バケ1つロストした船長、カレイ釣りをスタート、早々にナイスマガレイを釣ります。
貸してもらえたのですが、無理くりブラーを使いガチガチベイトロッドでカレイ釣りをしてみます。
ソウハチやギスは釣れましたが、やはりのりにくいですね。
スナ、イシなども混じりつつも、カレイ釣りはいまいちのようでした。



最後は浅いところも流してみるかいとのことで、1人でしゃしゃっと投げると。

DSC_0282-crop.jpg
あららサックリと釣れました。
船長はどうせアブラコだろうと思っていたとのことでしたが、抑え込み系のやりとりだったのでヒラメ確信でした。


DSC_0287.jpg
ちょい早上がりで母港に帰投。

DSC_0290-crop.jpg

ヒラメは1人2尾ずつの結果、サイズはバラツキなく平均46cmというところでした。
コンディションがよければ枚数も伸びそうでしたが、いまは大荒れなので今後こちら方面どうなるのでしょうね。
一昔前に虻田の船でやったときは濁りが残りがちでけっこう厳しかった記憶です。

ヒラメは下の子の100日お祝い会にちょうどいいお土産になりました。

関連記事
スポンサーサイト