FC2ブログ

黄金ボート連戦

やっちゃん

-
なんだか週末となると荒れ予報だった記憶のうちに終わってしまった6月。

乗りたかった遊漁船は満員。岩内はピーク過ぎてそうで留萌沖堤いこうかと思ったら中旬以降、今シーズンいっぱい工事で渡船無理、と予報を睨みつつ決まったのは前回と同じ黄金ボート。
早上がりになりそうだな~まあいいでしょ、と前回とほとんど同一の形で出航してきました。

20190628 (1)
予報がかなり悪いためか、他のお客さんはこれまで見た中で最少でした。

20190628 (2)
この釣りは船長にすべてを委ねます。

二週前にやったので、すこし勝手がわかって、進む方面も目星がつき、順調に釣り開始するも、開始時点で干潮潮止まりのためか無反応。

今回は前回あった網がだいぶんとなくなっていました。移動ラクチンそうな船長。
帰りがけに聞いたら7月1日からのホタテ漁の関係とのことで。

20190628 (3)
反応が薄かったのでガルプ使っていたのですが、ギスばかり。
フォールから底近辺で鋭いアタリ、これは平ものだろう~と、あがってきたらマガレイでした!
これはお持ち帰り。


20190628 (5)
ロック用のかなり堅いロッドですがカレイも釣れなくはない(釣りやすいとはいわない)。


20190628 (6)
周りの船でも釣れていそうなのはカレイ釣りの人くらいで、移動しようかと着いた現場でもカレイ。


20190628 (7)
カレイ釣りまったくしないのですが、スナガレイで35cmはでかい部類とのことで。
リリース。


20190628 (8)
カレイもそうですが、今回は兎に角アブラコが釣れた。
ルアーでヒラメ狙いやると避けて通れない感もありますが、ボートロックだと思えば非常に楽しい数が釣れました。
喫水が低い船なので水面で暴れるのも楽しい。


20190628 (9)
カレイがワームで釣れてくるのも変わらず、ついにイシモチも登場。
マツカワならよかったのにねえ。展開的に一番きそうなソウハチは意外にこなかったですね。


2019062810.jpg
途中から風が強くなり、うねりが強くなりだしてから船長のバケが炸裂しやっとヒラメの顔。
後半に腹のスレがかりでもう一尾追加していました。50cmありそうでいかずの2尾。

その後、自分に今日一度限りだったと思われるヒラメバイトがあるも、口バレしてワーム真っ二つ噛み跡のこされジエンド。

展開としては、風がなく、波/ウネリが弱い環境だとルアーが強く、風が出て波/ウネリが出てくるとバケ、という基本通りになりました。
荒れ始めた後半は、それまでさんざん掛かっていたアブやギスなども、ガルプでも極端に反応が悪くなりました。動きの面で限られたアピールになってしまうんでしょうかね。


関連記事
スポンサーサイト
Posted byやっちゃん