FC2ブログ

ワンモアバイト 2019鯰

やっちゃん

-
いつでも探しているよ 

どっかにきみのすがたを

向かいのくぼみ

ボサ裏の溝

こんなとこにいるはずもないのに






魚釣りって恋愛に似ている部分があると思う。



酷暑を合図に鯰ゲームに興じようと、晩飯、フロ、子寝かしつけ後に出発、現地に22時前に到着。

鏡面で無風、若干、ムアッとした湿度、これはいいだろうと思いキャストしていく。



・・・と、思いのほか、各所に釣り人が点在している。

この時期はもうあまり来てないと思ったが、逆に一部のポイントに密集しているのかもしれない。

ナマズは石狩川水系ならどんな小さい水路でも釣れる可能性があるが、人為的要素が強く、序盤は田んぼに水を引き込む、その後水が抜かれ、その結果、減水した用水路まわりはやりにくくなる。

その止水系でも流れ込みのあるところに移動し1ガボを得るがそれだけ。惨敗。







翌日、リベンジで釣り具センターにイン。

上の子おすすめカラー(はらぺこあおむし)の「キャタピーソフト」を購入。

鉄板中の鉄板、キャタピークリッカーより一回り大きく、重さもある。

固めのスポンジのような素材だ。



晩飯後、今日は早めに到着。人も居ないところに陣取れた。

今日も鏡面、風がすこし水面にあたり、蒸し暑さはない。

すこしでもライトを使うとひどく虫がいる。



キャタピーソフトで開始後、ぽつらぽつらバイトがあるがのらない。

鏡面、時期、警戒心が強そうだ。

キャタピーソフトだが、アピールは強くなく感じた。

柔いので水押しが弱いが、ゆっくり引くと魅惑的な様子でバイトも得られた。



ランガンの終点でキャタピークリッカーに換装していくと、釣り人が他にもいるのがわかった。

やはり毎日たたかれているのかな。





この釣りの醍醐味は、ヒットした瞬間に集約される。



なにを好んで不気味な闇夜に虫いっぱいの水際に居んのか・・





とか考えているときに、







おもむろにトップルアーが魚に飲まれる!

ドキッと心臓に響く、静と動のギャップが堪らない。



20190728 (4)
去年は雷魚のみだったので2年ぶりのご対面。



20190728 (2)-crop
ストックはあるがサイズはないポイントで50cmに足りないがレギュラーサイズ。

この時期からやるなら結局藪漕ぎ開拓せず、定番ポイントを回るだけで終わってしまうのでした。





ワンモアタイム 記憶に足を取られて

ワンモアチャンス 次の場所を選べない

D.C.

関連記事
スポンサーサイト