小アジ・小サバ・カタクチイワシ・マイワシの竜田揚げレシピ(寄稿)

小アジ・小サバ・カタクチイワシ・マイワシの竜田揚げレシピ

1 小アジの下ごしらえは、頭、内臓、ウロコ、ゼイゴ(尾びれ付近から腹部の側線の骨のように硬い部分)を取り除き、水洗いをします。10cm以上の小アジは2枚に開き、それ未満のサイズは開かず隠し包丁を入れます。

2 漬けダレは、醤油1:日本酒1の割合。これにみりんと卸し生姜を適当に。ちなみに醤油は昆布醤油を使っています。

なお、某調味料メーカーのレシピでは、醤油1:みりん1:日本酒1/2となっています。(みりんを売りたいからかな。自分は酒好きだから日本酒1の方が口に合うのだけれど)

また、卸し生姜をそのまま入れるのではなく、絞り汁を入れるのが王道です。

3 漬けダレに下ごしらえした小アジを20~30分寝かせます。その際、漬けダレは、魚がひたひたになる程度の量にします。

4 漬け込んだ小アジの汁気をキッチンペーパー等で取り、片栗粉をまぶします。

5 180℃の油で揚げます。

6 少々硬いですが中骨も食べれます。子どもが食べるや硬いのが嫌なら、軽く2度揚げした方がベター。

7 付け合せにタマネギやピーマン(緑、赤、黄)などを素揚げして、盛り合わせるときれいだし、タマネギの甘さが口直しにちょうど良い。

 

<参考>

1 小サバも同じ要領です。

2 カタクチイワシの場合は、ウロコと内臓だけ取り除くだけです。尾頭付きで隠し包丁も入れません。

※ 結構、撒き餌が胃袋に溜まっているので、内臓は取り除いています。ウロコも魚体の割りに大きく歯ざわり悪いので、めんどうでも取りましょう。

3 マイワシは、頭、内臓、ウロコを取り除き、2枚に開きます。

4 秋刀魚や肉類でもできます。

5 応用編ですが、アジ・マイワシを2枚に開き中骨を取り除き、このタレに30分程漬け込んだ後、白ゴマを軽くまぶし、一昼夜、天日干しにします。これを炙って食べても非常に美味しい。なお、マイワシは手開きにして中骨をはずすと腹の部分の骨も一緒に取れます。ただし鮮度が良くないと身が崩れるし、若干慣れが必要です。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する