ホッケのしゃぶしゃぶレシピ(寄稿)

ホッケのシャブシャブ

1 ホッケの頭、内臓、ウロコを取り除き、水洗いをし、3枚に卸します。

2 腹骨と身に入っている骨をていねいに取り除き、皮を引きます。また、アラのうち内臓・エラ以外はきれいに水洗いし、血合い等を取り除きます。

3 キッチンペーパー等で水気を取り、やや大きめのそぎ切りにします。

4 ありあわせの野菜・きのこ類を食べやすい大きさに切りそろえ、生姜を細切りにします。コンニャク(またはシラタキ)は適当な大きさに切り、湯通しします。

5 水を入れた鍋にきれいに拭いた昆布を入れ、20~30分おいた後、火にかけます。沸騰する直前に昆布を取り出します。

6 沸騰したら日本酒を適量入れ、アラ(頭・胸びれ部分・中骨)と4の野菜等を入れます。

7 一煮立ちしたら、ホッケを入れます。白っぽくなったら、野菜とともにポン酢醤油で食べます。

8 最後は、うどんを入れて食べます。なお、鍋に余った汁は、後日、味噌汁や吸い物に使います。

 

<参考>

1 捌く前に十分に手を冷やしましょう。

2 ホッケは、新鮮で脂ののったものを使います。鮮度が落ちやすいので、釣ったらすぐに活き〆にし、氷付けにして持ち帰ります。身が柔らかいもの、内臓がしっかりしていないものは使わないこと。

3 こまめに鍋のアクを取り除きます。

4 ホッケは、身の部分に虫が入っていることがありますので、注意しましょう。

5 肉類のシャブシャブのように振ると身がちぎれるので、野菜等の上に置くようにします。

6 ソイ類・アブラコ・カジカでもできます。アブラコは骨切りにし薄めの平造りに、ソイ・カジカは薄造りにします。

7 アラのうち、中骨部分は2度揚げして骨せんべいに、頭と胸びれ部分は、だしを取った昆布とともに甘辛く煮付けて、おかずを増やす手もあります。特に11~12月は抱卵しているので、その卵を甘辛く煮付けます。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する