ヤマセ吹き荒れるせたな漁港

7/9(日)
前夜の酒が効いたのか、やや寝坊して午前3時前。
長万部から今金を抜け、せたなへ。この道はほとんど信号がないが、
悪天候になりやすい。
この日も今金だけ雨が降っていた。
太平洋から日本海に数十分で到着というのは全国に誇れます。

さて、せたな港。すごい強風、アンド釣り人が一人もいない(!)。
まずい、この規模の港で釣り人がいないという状態は釣りをすべきでないことを意味している。
ヤマセが常時吹いているとは聞いていたが、想像以上。
行きたかった北外防波堤は情報どおり防壁がなく、吹きさらし、
足場はタモが届くか微妙な高さ。ウム、これはキツイ。が、今後もここには来ることになる。調査も兼ねて竿は出さねば。セオリー通り船揚場でやってみる他ないか。。

自分的最凶パイロットルアー、パルスワームでヘチを平行引き。
ピックアップ直前でアブラコが見えた。魚がいない訳ではない、でも結局食わせられず。
ちょっと移動して、なんだかアヤシイ場所を発見。

ここにいるかな~と探ってみると、アタリがある。再度投入してみると、ヒット!
こ、この引きはーー・・・・・・




う、うぐぅぅ・・・。

他の穴も探るが、ウグモリ君のオンパレード。しかも彼らヤル気ありすぎ。アワセてないのにのってしまう。これはこれで珍しい。フックは1/0。ここでせたな港を断念、せたな漁協前での待ち合わせまでまだ2時間ある。車を北に走らせるが、土地勘なし。
あまり離れるのも困るので虻羅漁港という漁港でエイヤッと車を降りる。
相変わらず強風で、風裏にはなっていない。港によさげな磯が隣接している。


港内はクリアブルー、日は完全に昇っている。
とりあえずヘチを探ると、

ワーム並みのミニソイ。こんなのが数匹続く。
こりゃあかんでぇ~、ということで港内船道あたりをキャストしてみると、
やっと!魚らしい魚がヒット。

豊満だが38cm、40に届かず。でもなんだか納得のアブラコ。

この後、せたな漁港に戻り、T氏に物資を渡して任務完了。ソイの水揚げは残念ながらまだまだ先の時間になりそうだとのこと。漁協見学は次回にお預け。
虻羅漁港のハナシをしたら、もう少し先に風裏になる漁港があったのに、とのこと。情報は大事だ。。

長万部に戻り、4軒ほど顔をだすことに。というか主目的。
そのうちの、いわゆる「本家」の牛舎を見学。聞けば200頭以上乳牛を所有しているとのこと。

↑漁協見学が畜産見学にすり替わった図。でも牛はかわいい。

本家の若旦那、聞けば釣りキチで、釣り新聞、雑誌記事も書いたことがあるという。ジャンルは専門外の世界、ウミアメだそうで、そっちの世界では名のある方かもしれない。ウミアメダービーは
今後も私はいかなそうだなぁ~、寒いもん。

シメは「かなや」で昼食。ドライブインと駅前に2店舗あり、当然調理師も違う(駅前のほうがいいかな)。カニ飯を誰も頼まないのがサスガ。食べ慣れてますから。。
長万部町、いいマチですよ。道央はもちろん、道外の方にもおすすめです。
 



関連記事
スポンサーサイト

コメント

なにかいいですね♪  

景色とかこちらでは見られない雰囲気ですよ。
根魚いっぱい釣れて楽しそうですよ♪

2006/07/12 (Wed) 01:02 | FAT JUN #79D/WHSg | URL | 編集
Re:なにかいいですね♪(07/11)  

FAT JUNさん
>景色とかこちらでは見られない雰囲気ですよ。
>根魚いっぱい釣れて楽しそうですよ♪
-----
いっぱいは釣れてないですが、根魚は濃いのでしょうね。
いつもコメントありがとです!


2006/07/12 (Wed) 22:13 | やっちゃん76 #79D/WHSg | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する